忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝からスキッと晴れ上がる夏の終わりの日曜の朝を、和風に作る。
    e6324775.jpeg昨日、うちの近所の魚久さんで首尾よく魚の粕漬けの切り落としを手に入れて、それをメインにしようとそれで和仕立て。
    パックを開けて中を確認。
    奉仕品ゆえ何が中に入っているかは、あけてみなくてはわからない。
    まぁ、そのワクワク感もこの商品のよいトコロ…、というコトなのでありましょう。
    入っていたのは、銀ダラ二切れ、サワラが一枚。
    鮭のヒレの周りの切り身が2枚にハラス、それからイカゲソ。
    形も大きさも不ぞろいの切り身ではあるけれど、どれも身厚でシッカリしてる。

    00f3a8ae.jpeg表面の粕を洗って焼く準備。
    この粕がおいしさの秘密なんだよねぇ…、って思いながらもでも注意書きには粕はキレイに洗い流すこと…、って書いてある。
    涙を飲んでキレイサッパリ洗いながして、グリラーに入れジックリ焼きます。
    直火の遠火。
    中までキチッと火が通るよう熱の加減をこまめにし、コンガリ焼きます。
    最初は甘い粕の香り。
    それが徐々に、焦げた香りに側ってユックリ、キッチンの中を満たしてきます。
    鼻をくすぐる朝のゴチソウ。

    ツヤツヤとした焼けた魚のうつくしいコト。
    お皿に並べて、さぁ、いただきます。
    粕の風味や味がたしかに魚に入っているけど、魚そのものの味がミッチリ凝縮されてる。
    身もギュッとひきしまり、表面なめらか、歯ごたえたのしい一味違った味わいになる。
    味噌や粕、麹に漬け込み魚をおいしくさせるという、こうした工夫。
    最初は長持ちさせようと、ただそれだけで試行錯誤をしたのだろうけど、気づけばただ保存するだけじゃない魚を別の食材にする調理法にまで辿りついたっていうコトなんでしょう。
    魚の国の人ならではの、情熱味わう…、そんな朝。

    540dccc1.jpegキャベツをザクッと粗目に切って、キレイに洗う。
    水気を切らず、そのままそれをジップロックに一つかみ。
    そこにおいしい塩と山椒の粉を入れ、ギュッギュッと揉んでもう一つかみ。
    またまた塩を山椒をくわえギュギュッと揉んでを繰り返し、ジップロックを軽く満たしたらパチッと封して、冷蔵庫の中で休ませた。

    塩でもんだときについた傷。
    そこから塩が滲んでいって、かわりにキャベツの水気がでてくる。
    水気に塩とキャベツの旨みが混じってそれが漬け汁がわりになってやさしく漬かってく。
    自分で自分をおいしくさせる、簡単浅漬け。
    付いてしまった傷が深み、旨みになるという、まるで人生とおんなじじゃない…、ってそんなコトを思ったりする。
    しばらく休ませ中に味が入ったところで、ギュギュッと絞る。
    そこに薄切りキューリをまぜてもみ、醤油を少々。
    キャベツがキュッキュと、歯が痒くなる食感がシャキッと頭をスッキリさせる。

    fea28ee5.jpegおかずを他に二つ作ります。
    ひとつは豆腐。
    パックに入った豆腐を一丁、そのままとりだしちょっと水気を搾っておきます。
    それを丸ごとお皿にのっけ、ネギをお鍋で軽く煎る。
    醤油をくわえて香りをだして、そこにトクトク、ごま油。
    強火で油を沸騰させたら、ジャジャッと豆腐の上に注ぎます。
    ネギの甘みと香りと風味。
    それが胡麻の油に溶け込んで、豆腐のうま味を引き立てる。
    そのまま食べてもおいしいし、軽く崩してネギと一緒にタレをすくってご飯にのせて食べると旨い。

    それからフックラ玉子焼き。
    白出汁入れて旨みをくわえ、甘み多めのおこちゃま味。
    玉子焼きは甘く仕上げたのがなぜだかボクのデフォルトで、たまに砂糖を入れぬ玉子焼きを食べるとビックリ。
    違った料理を口にいれたように感じる。
    今日は朝からお腹いっぱい。
    なんだかぼんやり、ニドネしそうになっちゃった。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    毎日…。
    暑いですね~。私は熱中症予防に梅干しを食べています。そしてお茶も。水分&塩分補給を心がけています。

     さて。最近は節約も心がけていまして。実は先日、某家電量販店にてiPhoneやらiPadやらを見に行ったのですが…。そのまま帰宅しました(爆)買ったら買ったで利用出来なくはなさそうで、それなりに使い道、思い浮かぶんですが、どうしても「無駄遣いしそう」との思いが抜けません…。何だかんだで贅沢品だったりしますしね。まぁ、我慢し過ぎは体に毒とも言いますが、金銭感覚の勉強だと思えば済む話…だったりして!?
    りりこりあさん / 2010/08/22(Sun) /
    節約
    > りりこりあさん
    節約のことばかり考えるのって寂しいですけれど、賢いお金の使い方に感心を持つのって、ステキだなぁ…、って思います。
    iPad、iPhone4ともにしばらくはボクも見送りです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/22(Sun) /
    無題
    こんにちは。わたしは池袋某デパートで魚久さんの粕漬切り落とし行列にときたま参加しています。これさえ買えば、あとは白いご飯だけ、あとはな~んにもいりません(笑)同じく粕をぜんぶ落としてしまうときにもったいない星人がささやきますが、しっかり洗ってグリルへ。いつもは強火でガンガンですが、このときだけはゆっくりと、ですね。
    nabekaさん / 2010/08/23(Mon) /
    本当に重宝
    > nabekaさん
    本当にこれ、重宝しますよね。
    袋を開けて粕を洗い流しはじめると、まるで自分が奈良漬け屋さんになったみたいな気持ちがして、ニッコリなっちゃいます。
    いつもよりもタップリご飯を炊いとかないと、すぐにご飯がなくなっちゃいますね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/23(Mon) /
    サブリミナル感化にちがいない
    銀座を歩いて、ふと横を見れば
    魚久が…。
    ご飯おかわりしましたとも。

    お味噌汁やお菜はもちろん、添えてあるはじかみまで、
    濃厚な粕漬けを美味しくいただくために
    構成されてあるなあ、と思いました。シャーワセ。
    たばきちさん / 2010/08/23(Mon) /
    ああぁ、お腹がすいた
    > たばきちさん
    魚久の近所を歩くと、お腹がすきます。
    今朝、四谷三丁目の交差点を歩きながら、あぁ、ココは魚久がある交差点なんだと思ったら、もうお腹がすいていました。
    危険な罠です…、粕漬け銀ダラ。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/23(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    肉を焼く昼 HOME 神田と四ツ谷の夜の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]