忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝も自宅、昼も自宅でご飯を食べて、気づいてみれば一歩も外に出ていなかった。
    こりゃいかんなぁ…、とそれで外で夜とする。
    とは言えちょっと仕事を残して、それで近場で軽くすませる。
    ひさしぶりに「なか卯」に来ます。

    bb806dfc.jpegまずはカツ丼。
    玉子に良く火を通してくださいね…、って言いながら食券わたしてしばらく待った。
    今日は随分、忙しかったようでして、カツをこれから揚げますから5分ほどお待ちくださいと。
    ありがたいコトに、揚がったばかりのカツを使ったカツ丼。
    脂をほとんど含まぬ肉が、フッカリしててなかなかおいしい。
    なによりウレシク思うのが、自分で作る料理と違った味がするコト。
    どんな料理も自分で作ると全部自分の味になる。
    調味料やレシピを変えても、不思議と自分の味になるのがオモシロク、でもその自分味の料理ばかりを食べてると、それとは違った味の料理を食べたくなっちゃう。
    今日、お外ご飯にした理由のひとつもそれ。
    容赦なく甘辛くできたここのこうした味はやっぱりお店の味…、って思ったりした。
    とは言えココの卵とじ用の溶いた玉子にあらかじめ、粘り気を出すための何かを混ぜているために、煮込んだ玉子がツルツルヌルヌルしてるのに違和感感じる。
    ちと、嫌い。

    nu.jpg一緒におうどん。
    きつねうどんをとってこれを汁代わり。
    もともとココはうどんが旨いファストフードのお店だった。
    特にきつねうどんや肉うどん。
    関西出身というコトもあり、出汁もキレイでシッカリしてた。
    なのにここ一年ほど、どんどん出汁の味が薄くなってきているような…。
    関西の出汁。
    色は薄いが味は濃い。
    出汁の旨みがシッカリしてて、だから醤油やかえしの風味や味にたよらなくても味がピタッと決まるように出来ている。
    なのにココの出汁はちょっと薄めで、強い味付けのカツ丼と一緒に食べると水っぽさすら感じてしまう。
    かなり残念。
    上にのっかるお揚げも冷たいモノがそのままのっててちょっとガッカリ。
    まぁ、しょうがない。

    唐揚げとって、うどんの出汁にトプッと漬ける。
    そのまま食べると塩辛く、けれど出汁に浸して食べるとやさしい味に変わってくれる。
    うどんの出汁に油と塩味が混じっておいしくしてくれもする。
    七味をタップリ放り込み、夏の旨みを足してやる。

    それにしても今日のこの店。
    本当に忙しかったのでありましょう…。

    232ab790.jpegボクらがお店に来たときには、お店の中にはファミリー客が2組ほど。
    それ以外にも男性ひとりのお客様が何名かいて、なのにカウンターの中にはお店の人の姿が見えぬ。
    お店の人はみんな厨房の中で必死に料理を作る。
    これほど忙しくなるってコトを想定してはいなかったのでしょう。
    そのうち料理が一気にでてきて、お店の中も平成を取り戻しはしたのだけれど、大変だぁ…、って思ったりした。
    こうしたお店でファミリーが、日曜の夜の晩をとるってこんな風景。
    このコンセプトでは想定外。
    1人客とか2人客がポツリポツリとやってきて、その注文をこなすようにすべてのシステムが出来ているこうしたお店に、4人、5人と一度に人がやってくる。
    混乱するのもしょうがない。
    今の日本の外食シーンって、今までとは考えられないようなコトが起こってる。

    日曜の夜をのんびりこんな画像はいかが?

    海岸で大きなしゃぼん玉をただただ作っているという画像なんだけれど、ほのぼのとした気持ちになれます。
    うつくしくもある。
    はかなくもある。
    出来上がっていくところもステキだけれど、みるみる壊れていくところ。
    その瞬間、時間がとまってしまうようでウットリします。



    しかもコレ。
    キャノンのデジタル一眼で撮られた…、っていうのもまた興味ひくとこ。
    最近のデジカメのCMなんかみていても、動画が撮れますっていうのをアピールするのが多いですモノ。
    ボクのデジイチも動画が撮れるのを得意にしてる。
    使ってみようか…、って思ったりした、何、撮ろう?

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ポップコーンなシュリンプバーガー HOME 肉を焼く昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]