忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    フレッシュネスで朝にする。
    「今だけ商品」がスタートしてて、それをめざしてやってきた。

    bc6b8d4a.jpeg注文をしてお金を払い、お持ちしますからと番号札を手渡され、2階に上がってテーブルにつく。
    今日は静かで、ボクの他には2組だけ。
    ボンヤリ煙草をふかすサラリーマンと、朝からホットなニコヤカカップル。
    離れた席にポツンと座ってお水を飲んで料理を待ちます。

    氷をタップリ注いだグラス。
    ピッチャーの中に用意されてるココの水。
    氷が流れ出さないように、水の出口を櫛形に切れ目の入った蓋で押さえたピッチャーに用意されているのだけれど、その蓋とって、横に倒して氷と一緒にサラサラ注ぐ。
    半分溶けて小さくなった、氷がユラユラ、水の上を蓋するグラス。
    飲むと唇、ヒヤッと撫でる。
    氷がなめらか、スベスベしてる。
    アメリカのレストランでお水をもらうと、同じようにピッチャーの注ぎ口からじゃなく横に倒して氷と一緒に注いでくれるコトがよくある。
    薄く削いだみたいな良く溶ける、シャリシャリ氷と一緒に注がれ、水が本当に冷たくなっておいしく感じる。
    そんなシアワセなぞって注ぐ。
    氷を飲むよな冷たさに、朝の頭がスキッと冷める。

    そしてコレがやってくる。

    84b61c41.jpegシュリンプバーガー。

    元祖シュリンプバーガーと言えば、ロッテリア。
    彼らが作るパテは細かく刻んだエビをまとめて衣を付けて揚げるモノ。
    つまり肉のかわりに、エビを使ったメンチカツ。
    マクドナルドもモスバーガーも、エビ系サンドイッチと言えばそうしたレシピで作るのが当たり前。
    けれどココのは、ポップコーンシュリンプを挟んで作るオリジナル。

    一口大にエビをまとめて衣を付ける。
    ポップコーン状に丸めて揚げて、だから手づかみでポンポン口にはいってくる。
    アメリカのレストランの定番おつまみだったりもして、食べはじめるとヤメラレナイトマラナイ。
    お酒がすすんでしょうがない。
    そんなアメリカ的をバンズで挟んでどうぞ…、という趣向。
    とは言え、そのアレンジはアジア的。
    衣自体にニュクマム味をちょっとのせ、シュリンプフライだけを食べても充分おいしい。
    タルタルソースは全部の素材の味をひとつにまとめるために。
    スイートチリソースで酸味と甘味を足して、レタスでみずみずしさをくわえてくれる。
    やわらかすぎず固すぎず、甘み、塩みもほのかなバンズが控え目。
    自分をあまり主張せず、シュリンプフライを引き立てる。
    良く出来てます。
    これを片手に、フローズンマルガリータを飲んだりしたら、フロリダ気分にとんできそうなオゴチソウ。

    ff0af538.jpegパッションフルーツマンゴーフレーバーのレモネードを朝のお供にします。
    普通バージョンでも、レモン三分の一個ほどをスライスしたのを使ってくれる、ゴージャス感のあるレモネード。
    そこにパッションフルーツの色鮮やかな酸味と香り。
    マンゴピュレのエキゾチックな香りと甘味。
    それがレモンの酸味と渋味を味方につけて、かなりのおいしさ。
    お腹がスッキリ、口サッパリのオキニイリ。

    ところでココのストローが、首折れ型から、短くストレートなストローに変わってしまった。
    これも経費削減かなぁ…、って思っていたらめでたく元に戻ってた。
    一時的なモノだったのか。
    それともたのむ飲み物で、二つのストローを使い分けているのかも。
    いつもは使わぬストローを、マドラーがわりにグルグルさせて、底に沈んだシロップをまぜサラサラ飲みます。
    これまた氷が前歯を触る。
    レモンスライスが、唇キスして香りと酸味を残してく。
    さて金曜日、ひと頑張りとまいりましょう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    エビらしさ
    ロッテリアで初めてエビバーガーを食べたときに
    「海老はどこ?」と小首をかしげていたことを思い出しました。
    海老がまるごと入ってると思ってたんですよね…(^_^;)
    (もちろん、おいしいし好きなんですけど)

    このバーガーだったら、ぷりっとした海老らしさを感じて昔の自分も納得しそう(笑)

    なくなっちゃわないうちに食べにいきます!
    setsunaさん / 2010/08/23(Mon) /
    エビフライ
    > setsunaさん
    エビカツじゃなくて、エビフライ。
    エビの食感をそのまま味わうことができて、ステキですよ。
    是非。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/23(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    コンビニランチに新林檎 HOME 外で夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]