忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりにミートソースを仕込んでみます。

    bolonese.JPG玉ねぎ刻んでこんがり炒める。
    甘みと香りを引き出して、そこに牛の挽き肉入れる。
    よぉく炒めていくと脂が滲み出しなおもジックリ火を通す…、すると脂がすきとおってきて、甘い香りがやってくる。
    ワインを入れます。
    ひたひたになる程度注いでローリエ、それからほんの少しの塩を入れあとはコトコト、煮込んでく。
    ワイン臭さがどこかにいって、シットリとした挽き肉そぼろになってきたらばトマトの水煮。
    あとはひたすら煮込んでいくだけ。

    大きめに挽いてもらった肉がホツホツ。
    ソースの中で沸騰しながら細かく揺れて、ひと口食べるとクチャっと潰れて肉のうま味とトマトの甘みを舌に広げる。
    塩と胡椒で味ととのえて、そっと休ませパスタを茹でる。
    細めの麺のアルデンテ。
    茹で上がったら手鍋にとって、オリーブオイルをくわえつつソースをくわえてタプンタプンと混ぜていく。
    ソースにとろみがやってきて、パスタにうっすらトマトの色がついたらこれで出来上がり…、お皿にもってイタリアンパセリを散らしてチーズをパラリ。
    残ったソースにチーズをくわえ、クツクツあっためパスタの上から飾ってやるとボロニエーゼなパスタが一皿、できあがり。
    写真を撮ってる間もグーグー、本格的にお腹がなって空いてくる。

    Bologneseっていうキーワードで動画検索をしていたら興味深い動画がヒット。



    タイの料理研究家…、なんでしょう、この人。
    コレ以外にもいろんな動画をアップしていて、カジュアルな普段着に帽子をかぶったスタイルが「タイのケンタロウ」みたいな感じなんでしょうか。
    ギコチナサもあり、本当にコレでいいのか?って思いもするけど、まぁ、いい感じ。
    聞いてもわからぬ知らぬ言葉のところどころにパスタだとか、ソースだとかとわかる言葉が混じるのたのしく、多分、こんなコトを言ってるんだろうなぁ…、って推察しながら観るのもなんだかオモシロイ。

    ところで昨日の夜のコト…、立川で映画を見終わり、ライブをひとつやっつけたあとの気持ちでお茶を飲まなきゃ帰れない。

    9c7e8926.jpeg終わった時間が10時半で、ちょうど近所に明け方までやってるジョナサン発見します。
    もっと若けりゃ、ライブがはねたら一晩、みんなで語り合う。
    それで始発の電車に乗って…、とそんな時間の過ごし方をしてたんだろうけど、さすがにこの歳。
    小一時間を過ごすつもりでお店に入る。
    そしたらなんと。

    ドリンクバーに「コカコーラ・フリースタイル」のディスペンサーがあるではないの。

    タッチパネルに表示される、基本ドリンク+フレーバーで1000種類以上の飲み物を作り出すことができるという、まさにフリースタイルなディスペンサー。
    みんなであれこれ、混ぜてたのしめば時間もすぐにすぎるじゃないの…、と。
    ためしてみるも…。
    何をどんな風に加えて混ぜても、みんなおんなじ味になるのが不思議でなんだかオモシロイ。
    甘味料の味かなぁ…。
    あるいはフルーツシロップの基本の部分がみんなおんなじフレーバーでできてるようでそれが邪魔してみんなおんなじ香りになっちゃう。
    だから、何を混ぜてもなんとか飲めると前向きにとらえることもできるんだろうけど、一度、ためせば二度目はないかな?って思ってしまう。
    10b5b0e7.jpeg夜の小腹をあれこれみたす…、早目の夕食がバフェだったのに、それでもお腹がすくステキ(笑)。
    カレーうどんにパンケーキ、それからイカのフリッタたのんでわけあって。
    角張った、冷凍麺ならではのうどんが案外おいしくて、けれどずっとほったらかしておいても伸びない…、科学的にコシを作り出すために本来、むっちりとした麺の食感手放した麺。
    それがカレースープと一緒になるとむしろ美味しかったりするのが不思議。
    食べはじめると止まらぬイカのフリッタと、夜のデザート、パンケーキ。
    おしゃべりしてたらあっという間に終電まじかの時間になって、各駅停車で家に戻ったら夜の1時に届く時間でありました…、不良初老の夜のコト。
     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    忘年会 HOME ハンガリアン・ラプソディ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]