忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    日曜の朝を冷たいパスタを作ってはじめる…、まだまだ冷たいパスタLOVEな気持ちは続いています(笑)
    ただ、今日はちょっと迷った。
    実はおいしい明太子を手に入れたのです…、炒めパスタ用の太い麺も手元にあってだからそれで熱々の明太子スパゲティーを作ってやろうかと思いもした。
    けれどこのなめらかな魚卵の食感を活かして冷たいパスタにするのも悪くないんじゃないかと思って、それでチャレンジすることにした。

    asamentai.jpg麺は平打フェットチーネ。
    魚卵のからみが良くなるような気がしてそれで。
    ただ味を麺にからませるには油を乳化させるのが一番なんだとわかっちゃいけるど、明太子とオリーブオイルをあわせると苦味がでてくる。
    それでちょっと思案して、ピーナツオイル。
    香りにクセのない油だから多分邪魔をしないだろうと、それにイカの塩辛混ぜてうま味をフックラふくらませてやる。
    パプリカとズッキーニをフライパンの上を躍らせるようにして軽焼きし、冷やしたモノにとびうお卵。
    ほんのちょっとだけマヨネーズをいれ、その粘り気でパスタにネットリ魚卵をこびりつかせてやる所存。
    冷水で〆てしぼったフェットチーネに揉み込みながらまとわせて、お皿に盛ってできあがり。

    すべてが明太子の味や風味をひきたてるために最適化された仕上がりでした。
    エヘン!とかなり胸を張る(笑)。
    野菜がサクサクみずみずしくて、パリパリ奥歯で爆ぜるトビコがネットリとした明太子の粒の食感ひきたてる。
    最初はうま味が口に広がり、最後にビリッと辛子が味をひきしめる…、冷たいパスタでなのにお腹が燃えてくような、これはよく出来、オキニイリ。

    昼、野菜を食べたくサイゼリヤ。

    aa4343a4.jpeg一時期、熱狂したお店であります。
    ファミレスの姿を取りつつ、居酒屋使いもカフェ使いもできるという、間口が広くて懐深いここのコンセプトが面白くって、それで結構、よく来てた。
    けれど半年ほど、ぱったりこなくなっちゃった。
    メニューが変わらず、季節ごとにやってくる言い訳がなくなっちゃったから。
    しかも精密機械のごとき完成されたシステムが、お皿の上にまでにじみだしてくる。
    面白みのない料理の数々にちょっと飽きてしまったのです。
    人の気持は移り気で、ワガママなモノでございます。

    日曜の昼というコトで、お店の主役は小さな子供を連れたママたち。
    便利なお店なんでしょう。
    ランチタイムの終わり時で、忙しかったんでしょうネ。
    テーブルの上には食べて終わった食器の残骸。
    バッシングが追いつかなくって、お店の中は騒然とした雰囲気でした…、あぁ、やっぱりココはファミレスなんだと、夜には気づかなかった姿をみたような気持ちになった。
    まぁ、しょうがない。
    ボクのこの店への熱狂の理由のひとつであった料理。
    小エビのサラダをたのんで食べる、プニプニとした小さなゆでエビとレタスの食感あいかわらずにて、これは今でもオキニイリ。
    8ddf9366.jpegイカとアンチョビのピザをたのんで、今日のランチといたします。
    ピザというより薄く焼けたパンのようにフッカリしていて、これはこれで別の料理。
    熱々、出来立ての調理パンと思えば決して悪くない。
    粉末にした赤唐辛子がテーブルの上に置かれてて、タバスコの代わりにこれをかけてどうぞと提案してる…、アメリカのピザハウスにまぎれこんだみたいな感じがするのがなんだか笑っちゃう。
    ほどよくお腹を満たしてお店を、後にする。

    ところで本日。
    クリストファー・レイサム・ショールズ って人がはるか昔、150年ほど前の今日、タイプライターの特許を取得した日なんだそうであります。

    olivetti.jpgその特許の中には今のパソコンのキーボードの原型をなす「QWERTY配列」も含まれているというコト。
    キーを打鍵すると活字がポンッと飛び上がり紙にペトンと文字を打つ。
    文字入力が速く出来過ぎると活字がついたアングルが絡まり合って故障の原因になっちゃうからと、ワザワザ速く打てないように配列をした結果が「QWERTY」。
    メカニカルな構造を持たない今のキーボードには、そんな配慮は必要ないから別の配列でもいいんだろうけど、今でもこれがユニバーサル。
    合理的で効率的なコトばかりが便利とみなに受け入れられるコトじゃないんだ、というコトなんでしょう。

    ちなみにワタクシ。
    olivettiのValentineというタイプライターを持っておりました。
    1960年代を代表する巨匠mエットーレ・ソットサスの手になる作品。

    真っ赤なボディーに同じ色のハンドル付きのケースがついてて、持ち運びすることができるようになっていた。
    なによりフォントがうつくしくって、レターヘッドをこれで作ったりしてたことがあったほど。
    持ち運びができるからって、図書館に持っていって使ったらば、図書館では静かにめされよ…、って注意されてクシュンとしたことがございます。
    自己顕示欲過剰気味だった中学生のボクのコト(笑)。

    リロイ・アンダーソンのタイプライターの動画を一枚貼っておきます。



    YouTube上にいろんな動画があるんだけれど、どれもタイプライターを叩くおじさんがコミカルで、しかも小芝居混じりに登場しながら紙をセットしスタートするのネ。
    それも含めてこの作品?って思って笑う…、ミスター・ビーンのローワン・アトキンソン氏は何をやっていらっしゃるやら。
     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ニチヨウビノニ HOME 200キロカロリー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]