忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜ちと手前。
    小腹がすいて何にしようか?
    食べたいだけ食べ、ごちそうさんってスッと席を立てる店。
    回転寿司を選んでつまむ。

    kaiten.jpg寿司という料理。
    一個では絶対お腹いっぱいにならないものをワザワザ作り、一個単位で値段をつけて一個単位で注文させる。
    人の胃袋は人それぞれ。
    人の食欲はそのときどきで変わるワケで、人それぞれのお腹にあわせた食べ方できるようになっているやさしい料理。
    けれどそのやさしさを満喫できるタチのすし屋があまりない。
    カウンターに座って、2、3貫だけつまんで嫌な顔をされないすし屋があったら行くんだけどなぁ…。
    回転寿司ならそこは結構おおらかで、だから重宝。
    今日は5皿でサッと出る。
    回転寿司で一番好きなネタはホタテと、それからカッパ。
    生のホタテ貝のぐにゃっとした食感はあまり好きではないのだけれど、人肌ほどに温かなシャリと一緒に口に入ると生っぽさが帳消しになり、おいしく感じる。
    みずみずしくてパキッと固いキュウリが芯のカッパも旨い。
    いい感じ。

    部屋に帰って、パスタを作る。

    wapasta.jpg瓶詰めになった焼き鮭のほぐし身が中途半端に残ってて、それを味のメインにしよう。
    手鍋で軽く煎りつけて、お酒を加えて風味をつけとく。
    フライパンにタマネギ、それからキャベツ。
    油で軽くジャジャッと炒めて、余熱でしんなりさせておく。
    パスタを軽くひとつまみ。
    沸騰させて塩を溶かしたお湯でブクブク茹でていきます…、8分少々。
    すくっと伸びた乾いた麺が、クルンと鍋にそってまるまり、膨れてやんわり茹で上がってく。
    細かな泡が麺を包んで踊るように仕上がってく。
    あと1分…、という頃合いで、具材を炒めたフライパンを火にかけかつお節をふた掴みほど。
    具材の旨みを吸い込ませ、麺にからめてやろうと思った。
    麺を引き上げフライパンに放り込み、醤油で少々風味をつける。
    ちょっと酸味が欲しいかも…、って梅干しちぎって投入し、パスタを茹でたゆで汁ジャジャッとかけまわしつつ、シットリさせてちぎった三つ葉で風味を添えて、お皿に盛ったらできあがり。
    鮭の旨みに梅の酸味。
    野菜の風味をかつお節がシカッと吸い取り、ひとつにさせて麺にビッチリこびりつく。
    日本のパスタ!って言う感じ。
    企み通りのおいしさに、思わずウットリ。
    自分パスタがなんだか一番おいしく感じる、そんな最近、それも良し。

    ところで、2月に発表されていたソニーの新しいフォーマットのデジカメ
    「ミラーレスα」がこんな感じになる…、っていうイメージ動画が発表された。



    どんなフォルムかはボンヤリしてて、かろうじて片手で軽々もてるサイズというのがわかる程度のティーザー。
    強調されているのはコンデジっぽいユーザーインターフェイス。
    一眼レフ系デジカメに手を出しづらかったマーケットにアピールしたいのかなぁ…、って思う。
    撮影している人もされてる人も女性ですしね。
    「女流一眼」や「宮崎あおいカメラ」がライバルだからってコトもあるのでしょうけれど最近のソニーって「女子的やさしさ」にばかりかまけて「オトコの子的冒険心」をおざなりにしてるよな…、って思ったりもする。
    とはいえ久しぶりにちょっとワクワクする予感。
    カメラ屋さんのカメラにない、エレクトロニクスのカタマリになるとするなら興味津々。
    正式発表は5月11になる予定?

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    strong agree
    > 自分パスタがなんだか一番おいしく感じる

    おかげで、外食でパスタを食べる機会がすっかり減りました(笑)
    簡単に手に入らないリガトーニとかあれば外食でも食べるかもですが…

    外食でパスタを美味しく食べさせてくれる店って少ないと感じてしまいます。
    小麦の香り、舌がお手玉するほどの出来たてアツアツ、などなど。
    素人が作るおうちパスタが勝ってしまう理由ってなんでしょね?
    めるばさん / 2010/04/27(Tue) /
    スパゲティーの専門店
    > めるばさん
    イタリアンレストランのスパゲティーってなぜだかおいしく感じないですよね。
    中国料理屋さんのラーメンがおいしくないのと同じかなぁ…。
    あくまでコース料理の一部分。
    だからこの一品で食べる人を満足させ切ってやろう、という情熱が足りないのかもしれないなぁ…、って思います。
    本当の意味でのスパゲティーの専門店ができればまた違うのでしょうけど。
    とはいえ、本場のイタリアでもおいしいパスタはマンマのパスタ。
    だからおうちのパスタが一番おいしくて当然なのかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/27(Tue) /
    ところで!
    近々、東京に勉強?しにまいります。どこか 楽しいビュッフェありませんか?
    最近、やや頭打ちな状況です。
    本店は絶好調なんですが…。
    肴蔵さん / 2010/04/28(Wed) / URL
    オススメのバフェ
    > 肴蔵さん
    バフェレストランで一番のオススメは「あけびの実」。
    http://r.gnavi.co.jp/g662000/
    とてもよく考えられたバフェで、朝昼夜とフルタイム。
    中でも夜は近所のビジネスマンがお酒を飲んでいる姿をよく目にします。
    ランチに限ってのバフェで最高に良くできているのが「メラグラーナドーロ」。
    http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13033003/
    イタリアンのバフェなのですがサービス、クオリティともにほぼ完璧です。
    ご上京のおりはご連絡下さいネ。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/28(Wed) /
    ホタテって
    ホタテのお寿司、好きなんですね
    ワタシは火を通したホタテは大好きなのですが、生はイマイチなんです
    koutagawaさん / 2010/04/28(Wed) / URL
    生のホタテ
    > koutagawaさん
    ホタテを生で食べたいと思うのは、にぎり寿司にしたときだけなんです。
    刺身のホタテはあまり好きじゃない。
    小さい頃から食べ慣れていないのが理由だろうって思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/28(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    珈琲舎「BUN(バン)」で雨の朝 HOME 会議弁当のちスタバ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]