忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、玉子を焼いた。

    e62839c1.jpeg冷蔵庫から玉子を取り出し、ボールに向かってココンと割る。
    プチョンと中身が落ちてぶつかり、それでも黄身が壊れぬ頑丈たしかめて、割りほぐしつつ味を加える。塩に砂糖をひとつまみ。
    タプタプ、コシが切れなめらかにしてパセリを少々。
    玉子と一緒に焼き上げる具材を準備。
    スモークサーモンの切り落としたところ安く手に入れて、さぁ、下ごしらえとパックを開ける。
    軟骨や小骨を掃除しなくっちゃ…、と思っていたらそれらもキレイに掃除されてた、ありがたい。
    それから新玉。
    本当は普通の玉ねぎが欲しかったけど、今の売り場は色白新玉ばっかで困る。
    炒めてしまうと水気ばっかり吐き出して、甘さが壊れる。
    でもしょうがない。
    フライパンで軽くソテして、サーモンも入れ程よく火を通したらば玉子を注ぐ。
    ユッタリ、ザックリ、やさしく混ぜて具材をくるんでオムレツにする。
    パセリをパラっと。
    サッパリ味のスモークサーモン、甘みの薄い新玉の味を補うためにプチュッとケチャップ使う。
    グリルソーセージをサイドに添えて、朝のメインの出来上がり。

    ab39b7a2.jpegパンを焼きます。
    いつもは買わぬ厚切り食パンを、軽くトースト。
    なにもつけずにそのまま齧ると、小麦の香りがやさしく香る。
    明治屋さんの角食は、甘み控え目。
    ザックリ空気をタップリ含んだ焼き上がりにて、分厚く焼いても中まで焼ける。
    ネッチリ、前歯に貼り付くようなコトもなく、とてもほど良い。
    バターをタップリ含ませながら、焼いたオムレツのっけるとジュワッと染み出る脂を受け止め、パンまでしたたかしっとりとなる。
    シャキッと焼けた新タマネギの食感と、サーモン特有の脂の風味が上等感を盛り上げる。
    外は青空、日曜日。

    ところで父が荷物を持って上京をする。
    荷物をもらいに浜松町へ。

    03e50aa7.jpeg明日、お客さまのご子息の結婚披露宴にお呼ばれしてて、それに合わせて状況の儀。
    折角だったらおかずを一緒に届けておやんなさいな…、って母から司令が飛んだのだという。
    空飛ぶ弁当配達人。
    あるいは「愛の運び屋」だぜ…、とかって笑いながら高松空港から電話があった。
    かなり大きな荷物だからと、浜松町のモノレール駅の下まで行って、待ってる間をセガフレードの冷たいラッテ。
    ここでは大抵、温かいのかグラニータ。
    ラテはとってもひさしぶり。
    ガラスのロンググラスに入ってやってくる。
    下に比重の重い牛乳。
    上にエスプレッソ混じりの氷が浮いた、見た目も涼しい上等な様。
    プラスティックのカップをグルグル、スナップきかせた手首で回して均等にするスタバスタイルは応用できず、ストローもらってグルンと混ぜる。
    一気にチュチュっと吸い込むと、勢いよく喉の奥までやって来て香り、はじける。
    いつもはグラスに口をつけ、そっとやさしく流し込むラテもこうしてチュチュっと飲むと一味違っておもしろい。
    間もなく電話がなるはずの、タイミングにて改札口にあがっとく。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    厚いのも美味しいですね。
    どもです。
    元々、英国の朝食に出てくるような、薄切りサックリ・トーストが好きで、
    貴殿ブログを参考に、6枚切りを半分にスライスしてトーストして食べておりました。
    しかし、卵が美味しく焼けたときには6枚切りの厚さのまま、フッカリ・トーストをいただきます。
    卵のトロトロを受け止めるには厚切りの方が、個人的には好きです。
    一方で、カリッと焼けたベーコンにベイクドトマトなどのには薄切りのカリカリで、と気分によって変えてます。

    実は来月、トンボ帰りですが渡英の予定です。向こうのサクサク・トーストを食べることと、愛する方のステージを観るのを楽しみにガンバリます!
    CIANさん / 2010/05/16(Sun) /
    うらやましい
    > CIANさん
    今、まさにこの時期のロンドンは大好きな場所なんです。
    町中が、若葉と芝生の新芽の匂いにつつまれている、さわやかな季節。
    飛んでいきたくなっちゃいます。
    サクサクトーストにバターとベリープリザーブをのせるようにして食べる。
    ミルクタップリの紅茶に分厚くガリッと焼けたベーコン。
    そうそう、グリルトマトも忘れちゃいけませんなぁ…。
    世界最高の朝食をぜひ、たのしまれて下さいね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/16(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    頂上麺でミズイラズ HOME アリスの世界
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]