忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに近所の小さなチャイナタウン「南昌飯店」で夜にする。

    52f5085f.jpegここの元気なおかぁさん。
    中国からきた陽気なおばさんでお店の中を元気にたのしく取り仕切る。
    オススメ上手で有名で、オナジミさんはみんなそれを知ってるのでしょう。
    彼女が何を薦めるのかって、半ばたのしみに、半ば戦々恐々と待っているのが伝わってくる。
    ビールはいかが?飲めないのなら烏龍茶?って、次々オススメメニューが飛び出してくるのがおもしろくって、それ下さいって薦めに乗るとほんとにうれしい表情をして、「ありがとう」って元気に答え厨房の方に飛んでいく。
    今日はいいやと断ると、じゃぁ、次に来たときにネって、それ以上は深追いしない。
    日本語がそれほど上手でない彼女にとってこれはコミュニケーションの手段のひとつなんだろう…、って、そんなふうに思ったりする。
    今日はワールドカップの最終強化試合の最中。
    おかぁさんはお店の外で、「うちならサッカー見ながら食事ができますよ」って。
    情熱的なるコト、はなはだしく、見てるこっちも元気になっちゃう。

    紹興酒をカラフェでもらい、氷をタップリ。
    オンザロックでカランカランとジンワリたのしむ。

    bd961c72.jpegつまみをひとつ。
    豚肉の辛味唐揚げっていうのがオススメメニューにあって、それを試した。
    中華料理店でよく作られる、薄切りバラ肉を揚げたモノかと思っていたら、なんと使った肉は分厚いロース。
    分厚いまんま一口大に切って粉つけカリッと揚げてる。
    豚肉そのものに中国醤油とスープの下味ついていて、かなり濃厚。
    しかも油の中で揚げたモノを、赤唐辛子の辛味を移した油をかけつつ中華鍋にて炒めて仕上げる。
    最後に辛子の粉をふり、辛味に辛味をかさねた味わい。
    ドッシリとした辛味が肉のうま味と混じり、そこにビリッととがった辛味がのっかっている。
    クチャッと奥歯で潰れる肉のムッチリとした食感も、かなり上出来。
    酒の肴にピタッとハマる。

    酸っぱい料理が食べたいんです…、っていってすすめてくれたのが「白身魚の甘酢あんかけ」。
    ポッテリとした衣を付けて揚げた魚の天ぷらを、酢豚よろしく甘酢でまとめる。
    フンワリとした魚の食感。
    それをサクッと分厚い衣が包み込み、そのフックラが際立つおいしさ。
    しかも衣が徐々に甘酢を吸い込んでプルンとまるで、ジェリーのようなハリあるなめらかを手に入れる。
    食べた体までトロンとなるよな、たのしいおいしさ。
    気に入った。

    fb1c0170.jpegココのお店でひそかに好きなオキニイリがコレ。
    海鮮堅焼きあんかけそば…、という、中華料理店らしからぬ、まさに典型的なる長崎皿うどん。
    オキニイリなのが、具だくさんにも程あるほどの具だくさんなとこ。
    エビ、イカ、キクラゲ、椎茸に、モヤシにキャベツにニンジン、ナルト。
    豆苗、ピーマンそれにアサリがタップリはいる。
    味は塩味。
    チキンスープのうま味がベースで、具材それぞれのうま味と味がそこに混じってなんともおいしい。
    パリパリとした揚がった細麺。
    最初はそれが香ばしく、時間が経つとあんをタップリ吸い込んで、プルンでトロンでシットリになる。
    中華料理の揚げ物類って、こうした食感の変化をたのしむ料理でもある。
    その典型が堅焼き系のそばだなぁ…、って思ったりする、かなり好き。
    海鮮炒めのようでもある。
    野菜炒めのようでもあって、これをたのめば酒も飲めるし野菜不足も補える。
    しかも〆でもあるような便利な料理。
    ほぼ適量の夜になる。

    オゴチソウサマってレジ前に立つ。
    おかぁさんがやってきて、今日もワザワザありがとう。
    いいお客様…、また来てねってビール無料券を二枚ももらう。
    またこなくっちゃ、また来ます…、雨が振りそで、降らぬ夜。

    Japan.jpgあと一週間でワールドカップ。
    日本代表はどんな戦いをするんでしょう?
    今晩、おこなわれたコートジボワールとの最終強化試合の結果も芳しいモノではなかった。
    自分の手元(っていうか足下ですか…)にボールが飛んできた途端、動きが悪くなっちゃうんだもの…。
    前へ前へとせめてこそ。
    だけどなんだか攻めるのを怖がってるようなそんな気がしてなんだか苛々してしまう。
    とは言え今更、どんな準備ができるんだろうって思うと切ない、なやましい。

    因みに左のこの画像。
    アメリカのスポーツ専門チャンネル「ESPN」がワールドカップを盛り上げようと、アメリカの各都市の街角に貼り出したポスターなのです。
    参加各国一枚ずつのポスターシリーズ。

    このHPに他のポスターも掲載されてる。
    日本のポスターデザインは、一目で日本とわかる出来栄え。
    決して悪くはないんだけれど、他の国のポスターには誰もがわかる有名選手がデザインされてる。
    あるいは監督。
    人がメインのデザインなのに、日本のこれは仮面をかぶったいわば匿名。
    スターがいない地味なチームよ…、って言われているようでこれまたかなしい。
    日本の国って一事が万事、そうなのかもネ。
    組織のためにいまだに人が己を殺す…、それが武士道ってコトならば、そろそろ考えかえなくちゃ…、って思ったりする、どうだろう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    いいお店!
    南昌飯店さんのおかあさんの言葉を読んでいて、香港で行きつけだった 今はもう無い小さなレストランのおかあさんのことを思い出しました。
    安心して入れるお店、居心地がいいお店、お店の人とのやりとりが楽しいお店・・・いいなあって思います。
    それにしてもお料理の美味しそうなこと!白身魚の甘酢あんかけに心踊っちゃいました。

    ワールドカップ。
    アメリカでありますからして、当然のことながら全然盛り上がっていません。
    盛り上がっているのはメキシコ系や中南米からの移民の人々だけじゃないか、って思います。
    監督から選手まで、カリスマも大スターもいない・・・さみしいですね。
    オシムさんが監督だったらどうだったんだろう、って思ってしまいます。
    いい試合が観られるといいですね。
    そうなることを願っています。
    ねえねえさん / 2010/06/05(Sat) /
    たしかに
    > ねえねえさん
    このお店は正しく香港的なような気がします。
    とてもにぎやかで、元気があって、なのに不思議と騒々しくない。
    行くたび、元気がもらえます。
    ワールドカップ。
    さてさて、どうなりますやら…、って感じですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/05(Sat) /
    無題
    こういうお店に行くと元気ももらえそうでいいですね!白身魚の甘酢あんかけもおいしそう!
    ああ、中華食べたい・・・。
    あっくんさん / 2010/06/05(Sat) /
    中国料理
    > あっくんさん
    中国料理って不思議と元気がもらえる料理。
    ゴキゲンなお店の人たちがいるお店だと、ますますですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/05(Sat) /
    ポスター
    口さがない掲示板では
    「人じゃなくユニフォームを刺しているのは試合後のユニフォーム交換で手に入れたって事だろう。」
    「予選分の3着しかないのね」
    なんて事いわれてますね。
    れきさん / 2010/06/06(Sun) /
    それもそうかも…。
    > れきさん
    あぁ、なんて的確な(笑)指摘。
    海外の人から日本人とか日本の国とかが、正体不明の恐ろしいモノとしてとらえられているのかもしれない、って思ったりもします。
    ちょっと哀しいかも…。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/06(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    アサンドZOKU HOME ととやなランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]