忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼のお腹を蕎麦で軽く満たしましょうか…、と永坂更科布屋太兵衛にやってくる。
    蕎麦屋らしきひなびた風情のある店で、お客様もしっとり熟した落ち着いた雰囲気があるのがステキなお店であります。
    そこに混じって決して浮き上がらない、ボクも熟した男になったというコトでしょう(笑)。「えび梅おろし」をたのんだ。



    漆の鉢に更科そば。ココの一番の自慢の蕎麦で、キチッと角の立った麺線凛々しい一品。キリッとひえて、ツヤツヤとても色っぽい。
    周りにズラリと具材があれこれ。
    カニのかまぼこ。キュウリの千切り。甘辛煮付けのしいたけに、削ったばかりのかつお節。その中央にこんもり大根おろしを盛って、梅干し、それからエビの天ぷら…、にぎにぎしくてめでたくて、何よりキレイでうつくしい。
    蕎麦は体によき食材で、けれど蕎麦だけ食べるとそのパワーを最大限に発揮することはできないという…、野菜や油分やタンパク質と一緒に食べてはじめて体によきものになる。
    だからこういう料理はウレシイ…、さていただきます、ちと、悩む。



    それというのもこの料理…、タレが別添、それから蕎麦猪口、ワサビにネギの薬味がついてくるのです。
    タレを全部にかけまわしぶっかけスタイルで食べるのもよし。
    具沢山のせいろのように、タレに浸しつつ食べるのもよし…、それで最初はまずせいろ的にタレにトプっとつけて味わう。
    蕎麦の風味が直接的に口から鼻に抜けていくのがうれしい食べ方。
    甘めのタレにポトンと梅干しを入れて酸味と風味をくわえて味わって、具材があらかたなくなったらば残りのタレをかけまわしグルングルンと混ぜてズルリと、キレイに食べる。
    そば湯を最後にゴクリと飲んで、満腹以上の満足を得る…、オキニイリ。

    午後から出張…、羽田空港を出発する旅。
    残念ながら今日は伊勢丹のカフェがないターミナルからの出発で、フライトまでの時間をどうやって潰してやろうとちと思案。
    出発フロアのメザニンみたいになってるエリア…、椅子が沢山置かれているとこに「あの子はそこにまだいるんだろうか?」って思って覗く。



    いました、いました。
    コルビジェの椅子…、普通は黒革シートにクローム仕上げのフレームという組み合わせなんだけど、ここのは独特。
    チョコレート色の革張りシートにワインレッドのフレームという、ちょっと大人でエッチな感じの組み合わせ。実はこれと同じモノと、もひとつキュラメル色のシートにライトグリーンのフレームというのを発注しようとしたことがあり、けれどそのとき住んでた部屋が、ちょっと雰囲気あわなく思ってやめちゃった。
    今となっては、作っておけばよかったなぁ…、と。
    いつか本当に発注する日がきますようにと、思って羽田の青いターミナルに来る度みてみる…、ちょっと気持ちが盛り上がる。



    ゲートをくぐって搭乗口を調べてみたら、左右に長いターミナルビルのなんと真ん中。これじゃぁ、スタバに行くのが遠いじゃござんせんか…、と。
    思いながらも運動かねてテクリテクリとターミナルビルの北の外れのスタバまで行く…、氷多めのアイスショートラテ、ヘイゼルナッツしロプをワンショットだけ入れてもらって、それで350円。
    搭乗口のあるところまで、手首をグルングルンと回して歩き、カップの中をよく混ぜ合わす。ちょっと薄めになったところを、ススッと飲んでやさしい味に頭と体のコリをほぐして、ちょっと仕事を20分。

    もしiWatchがこんな感じだったら買うなぁ…。





    今売りだされてるスマートウォッチって、スマフォ画面をそのまま小さくしたモノで、あんなの正直いらないもの。
    ナイキのFuelbandを進化させたようなコレ。
    LEDのドットで構成されたFuelBandのディスプレイの代わりに、高解像度のカーブしたタッチパネルのディスプレイを搭載してて、そういえばたしかAppleはこういうデバイスの特許を獲得していたはず…。
    いいなぁ…。ほしぃなぁ…。
    ちなみに画像をクリックするとGIF画像が動きます。
    時計や音楽プレイヤーだけじゃなく、メールやNike+Running・iMessageとかカレンダーなどのアイコンが次々現れるというこのステキ。
    ウットリします…、やばいです。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おとな
    サカキサンはステキな大人デスネ
    ゚+。(*′∇`)。+゚

    わたしも早く大人になりたいなぁ~


    ステキなイスですネ~
    どうしてえっちな組み合わせなのカナ?
    つんつんさん / 2013/10/23(Wed) /
    気持ちの問題
    > つんつんさん
    子供には座らせたくないッて言う意味で、ちょっとエッチな大人な感じ。
    勉強してください。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/23(Wed) /
    腕時計型万能メカ
    子供のころに思っていた未来を、
    現実は超えちゃってますね。
    数年前まで出張の新幹線で手持ちの活字を読みつくしちゃうと
    退屈で仕方なくて、
    「新幹線のワゴンでもっと雑誌を売ればいいのに!」
    「ていうか新幹線の中に漫画喫茶があればいいのに!」
    などと考えておりましたが、
    今や電子書籍やタブレットでその夢も叶ってしまいました。

    お蕎麦屋さん、いいなぁ。
    こちら北国は、美味しいお蕎麦屋さんがわりと多いのですが、
    「わざわざ(車で)でかける」
    立地が多いのですね。
    ふらり寄ってちょっと飲んで、みたいなお店と、
    ちょっと使い勝手が違います。
    新しい楽しみ方を模索中です。
    tonamiさん / 2013/10/23(Wed) /
    ありがとう
    サカキサン
    教えて下さり
    ありがとうございます

    大人にはいろいろな
    表現の仕方があるんですネ

    勉強がんばります
    ( 〃▽〃)エヘヘ
    つんつんさん / 2013/10/23(Wed) /
    手の上の未来
    > tonamiさん
    手のひらにのっかるiPhoneのようなモノ。
    ボクの小さな頃には、ここまでの未来がやってくるとは思ってなかった。
    それに比べて、空をとぶ車もタイムマシンも、手のひらの上に乗らない未来はなかなかやってこないような気がします。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/24(Thu) /
    コルビジェのソファ
    レザーやファブリックが選べるのは知っていたのですが、フレームの色も選べるんですね!
    何桁もあるお値段を見て遠い目になりつつ、きれいなカタチを楽しみたくて、よくカッシーナやB&Bに通ってました。
    スタルクのプラスチックのスツールくらいまでしか買えませんが、また椅子を鑑賞しに生きたくなっちゃいました。
    もにくらさん / 2013/10/24(Thu) /
    B&B
    > もにくらさん
    この椅子の代わりに買ったのがB&Bのソファ。
    すわり心地もよく長持ちしていいのですが、引っ越した先が小さな部屋で、いささか日本の一般家屋にはよそよそしすぎるなぁ…、と思っております。
    日本の家にもやさしいデザイン。
    そこがコルビジェのこの椅子のいいところなんでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/24(Thu) /
    富山 HOME オムスビゴンベ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]