忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと朝寝坊気味の朝、ハートキャッチプリキュアを観ながらTwitterで実況中継、それから朝をチャチャッと作る。
    スパゲティーを作ります。

    c317bf45.jpeg麺が半人前ほどしかなくてまずそれ茹でる。
    冷蔵庫にはピーマンくらい、冷凍庫の中にはチョリソと作りおいたアラビアータのソースがあって、食材庫には玉ねぎがある。
    細切り、輪切り、串切りと形をなるべく揃えて切った。
    それらを炒め、ソースを溶かしてオリーブオイルと合わせてあえて、茹でたパスタを加えてタプンと熱を加える。
    茹で汁加えて、濃度をユルめ塩と胡椒で味ととのえる。

    つややかで、みずみずしくてなめらかに仕上がった麺。
    口に運ぶとパラッと麺が口でほぐれて、具材と一緒に騒ぎ出す。
    トマトの香りと、たっぷり仕込んだ唐辛子。
    甘み、辛味のバランスとれた良く出来パスタに口が喜ぶ。
    パスタの量が少なかった分、まるでパスタを含んだ野菜炒めのようになり、シャクシャクムッチリ、具材の食感味わった。

    足りぬ部分をパンで満たした。

    51f59796.jpeg昨日、サンドイッチに使って半分残ったライブレッド。
    極薄切りで一枚づつを食べたのでは、存在感がなくたよりない。
    やっぱりサンドイッチを作ってみます。
    まずはトースト。
    片面だけを焼いておく。
    余分な水分を飛ばしてやって、風味を引き出すための工夫。
    今日の主役はパンでござって、だからパンをおいしくしとく。

    具材はハム。
    マスタードを塗ったパンにペロンとのっけてトースターに再びもどし軽焼きにする。
    ハムの風味。
    ディジョンマスタードの香りを引き出し、マヨネーズ塗ったパンで蓋してザクッと切ります。
    今日は四つ切り。
    ティータイム用のイギリス風のサンドイッチの切り方で、ちょっとおしゃれに仕上げて並べる。
    縦にズラッと。
    薄くて立てると倒れそうに見えるけれども、互いに支えて倒れない。
    チームワークの良さが見事で、健気でキレイ。
    食べるとディジョンの酸味と香り。
    パンの甘みが引き立てあって、これはおいしい。
    スパゲティーの合間に食べると、口がキュッとひきしまり次の一口おいしくさせる。
    パンが主役のサンドイッチともくろんで、作ってみたら、ディジョンが主役のサンドイッチになっていた。
    それもたのしい、オゴチソウ。

    ところで日本の冬も大変ですが、世界中が今年の冬には震えるよう…。
    こんな画像が配信されてます。
    ニューヨークの郊外、クイーンズ区にあるアストリアという街…、閑静な住宅街でボクの友人が一家族、住んでる街でもありますが、そこに降った雪。
    そしてその雪とたのしく戦う人たちの様子を撮影したもので、これがとてもうつくしい。

    Idiot With A Tripod from Gothamist on Vimeo.


    実際、こうした場面の中にいると相当大変なコト。
    でもその大変に折れぬココロを持って、助けあってみんなでたのしく生きていく。
    ブルブルだってがんばっている…、ボクもちょっくらがんばろうってそんな気持ちになりました。

    そう言えば、ボクが20歳になったときの成人の日のコト。
    当時は毎年律儀に1月15日が成人の日でありましたらから、1980年の1月15日。
    ボクが住んでた逗子は大雪。
    その寒い日にそれまで飼ってたブルドッグ、「バロン」が逝った。
    ボクの横でね…、目を覚ましたら冷たくなってて、でもとても幸せそうな顔でまるで寝ているようにじっといた。
    辛い時をボクら家族と一緒に過ごしたまるでパートナーみたいな彼が、ボクの成人の日に逝ったコトが当時はつらく、けれどまるで「これからは一人でボクの分まで楽しんで」って言われたみたいでガンバル気持ちをもらった出来事。
    そして明日は成人の日…、なんだか、ふっと思い出す。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    新春ことほぐ昼と夜 HOME しあわせの雨傘
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]