忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    田舎の母からおかずがとどく。

    e4eda8fa.jpeg発泡スチロールのケースの中に保冷剤がギッシリはいって、荷物の一番上にうやうやしく、そっとおかれていたのが、釜上げしらす。
    瀬戸内のしらすは甘塩。
    自分の塩分だけの味しかついておらず、蒸して仕上げたデリケートなモノ。
    夏には送れないのよ…、と但し書きまでついていて、ありがたいことこの上なくて。
    ガラスの鉢に盛って一口。
    口の中でホロリとほぐれて、海の香りで満たしてく。
    不思議なほどにやさしい味で、小魚がもつエグ味や苦味がまるでない。
    そのまま食べてもおいしくて、柚子を搾るとキリッとうま味がひきしまる。
    ご飯を炊いて、タップリのせて、ハフハフしながらかきこんだ。
    実はここ数日、しらすが食べたい…、と思ってた。
    そしたらこうして食べたいものが届くシアワセ。
    気持ちがどこかでつながっている。

    440fafb1.jpegそれからコロンとしたハンバーグ。
    オールビーフ。
    売ってるひき肉じゃなくって、塊肉を包丁で叩いて刻んでそれをまとめて作ったモノ。
    ちょっと小さめ。
    手のひらの「平」の部分よりちょっと小さいサイズのパテ。
    母の手のひらの大きさですね…。
    シッカリまとめてカチッと焼いた。
    だからかなり手応えの、ガッシリとしたまるでステーキ。
    歯ごたえ頑丈。
    噛むとクチュっと肉汁でてきて、うま味がジュワッと広がっていく。
    肉を食べてる…、ってそんな感覚。
    うちのハンバーグは昔から、こうしたガツンと男ぶりのいい仕上がりのモノ。
    なつかしい。
    野菜の煮物や焼き平貝を一緒に食べながら、ご飯モリモリ、お替りタップリ、腹一杯。

    ところでスペインでこんなイベントが行われていた…、のだそうであります。
    「シエスタ・チャンピョンシップ」
    お昼寝コンテストとでもいいますか…、さすがお昼寝の国。
    まず参加者は簡単なランチを食べて、体にセンサーをつけてカウチに寝っ転がって20分ほどのお昼寝をする。
    その、寝入りっぷりを採点するというモノで、いびきをかくと追加点がもらえるらしい。
    優勝者には賞金がでる。
    動画があります、笑っちゃうほど真剣です。



    CNNのレポーターが、「このショッピングセンターのお店って、昼間も営業しているでしょう…、お客様も集まってるし、シエスタの伝統がココにはないんです」って嘆いているのがお国柄。
    かつて昼食は家に帰ってタップリ1時間ほど時間をかけてたのしんで、その後、最低でも1時間は昼寝をするのがスペインという国の当たり前。
    でもそれじゃぁ、国際的な競争に勝てないから…、ってその習慣を捨ててしまった人たちがあまりに多くて、それでいいのか?って、注意喚起するイベントだというコト。
    今の日本にこそ、シエスタタイムが必要かもネって、そんなコトを思ったりした、あら、眠い。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    瀬戸内の味覚
    定期的にお母様から故郷の味覚が送られてくるなんて、凄い贅沢ですよね☆瀬戸内の美味…羨ましいことこの上ないです。私にも瀬戸内地方に親戚がいますが、こんな頻繁には送ってくれないですよ!?というか、ポンジュース以外送ってきた試しがないし。もっと送ってきて欲しいな~と思っても、そこまで親しくない関係なんで…(爆)やはり「家族愛」ですね~。幸せ者ですねっ☆
    りりこりあさん / 2010/12/06(Mon) /
    ありがたいこと
    > りりこりあさん
    本当にありがたい…って思います。
    自分が育ったところの食材って、やっぱり体に合うんですよね。
    おいしい、おいしくないってことじゃなくて、体にあう。
    とてもうれしいことだと思います。
    しかもボクという人間を作ってくれた母の料理。
    これほどの贅沢はなかなかないと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/06(Mon) /
    お母さんの手の平
    私の母は手がおっきいので、
    コロッケもハンバーグもそれに比例していました。
    懐かしいなあ。

    さて、図々しいのですが、
    沢山の国の沢山の美味しいものを知っているサカキさんに、
    相談がありまする。
    今度義父と義妹が東京に遊びに来てくれるのですが、
    おもてなしに相応しい料理が決まりません。
    あれもこれも、と欲張ってしまうのです。
    ぜひ信頼できるサカキさんに助言して頂きたいのですが…。

    お願いいたします…。
    ぷりさん / 2010/12/06(Mon) /
    東京のおもてなし
    > ぶりさん
    東京らしいおもてなし。
    しかも地方の方をおもてなしするのに良い場所というと、沢山あってちょっと悩みます。
    「東京のお料理でもてなす」。
    「東京という街でもてなす」。
    それだけでかなり趣向が変わってきます。

    東京の料理でもてなすのであれば、僕はすき焼きのような「昔ながらの肉料理」をお勧めします。
    気軽な雰囲気がお好きであれば浅草の「米久」さんの牛鍋がぴか一。
    http://asakusa-ryoin.jp/yonekyu/
    江戸情緒に浸っていただけること間違いなしです。
    他にもうなぎや寿司の手軽でたのしい老舗が結構ありますが、これらの料理は地方地方においしいモノがあるので好き嫌いがあろうかとも思います。

    東京という街でもてなすというのであれば、丸の内や銀座のお店。
    ダイナミックな夜景や街の雰囲気が感じられる例えば中国料理のお店なんかが候補に挙がろうかと思います。

    もし可能であればちょっとヒントをいただけませんか?
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/06(Mon) /
    言葉足りませんでした!
    すみません!
    手料理のおもてなしです!
    因みに二人ともこてこての愛知県民です。
    ぷりさん / 2010/12/06(Mon) /
    なるほど
    > ぶりさん
    手料理ですか。
    ボクの早とちりでした。

    ボクも誰かを手料理でもてなしましょう…、っていうと張り切り過ぎちゃって、ずっと台所に立ちっ放しでおもてなしどころじゃなくなるコトがよくありました。
    おうちご飯で身近な人をもてなすって、「テーブルの上でおもてなしする」コトじゃないかと思います。
    今の季節だったら鍋でしょうか?

    鍋なんて手抜き料理でしょう…、なんて言うコトなかれ。
    例えば今の時期。
    穴子を軽く炙ったモノを鍋でクツクツして食べるとか、大根や蕪をすりおろしたモノを出汁と合わせて雪見鍋のようにすれば、ちょっとしたおもてなし料理になると思います。
    それに、薬味やタレをいくつも用意して、それぞれの味で楽しめるようにすればきっと会話の花もさきましょう。
    もし鍋はどうしても…、ということであればテーブルの上で切り分けるコトができるモノ。
    みんなでひとつのモノを分け合う食卓って、ステキなんじゃないかと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/06(Mon) /
    わあ~。
    薬味にタレを選べるなら楽しいですね!
    かなり胸高まります♪

    サカキさんに相談して良かった!正しかった!

    丁寧なアドバイス、有難うございました!感謝です!
    ぷりさん / 2010/12/06(Mon) /
    よかった
    > ぷりさん
    よかったです。
    柚子胡椒や食べるラー油。
    モノによっては粉チーズなんていうのも、鍋の薬味に以外にあったりします。
    後は〆をたのしく演出すれば、お腹も一杯になりますしね。
    ステキなおもてなしが出来ますように!
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/06(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    師走に走る、ハッピーアベニュー HOME 空腹を目覚まし時計にして起きる朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]