忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして夜を丸亀製麺。

    a0e688d3.jpegちょっと時間がせわしなく、家に帰る途中のお店。
    本当はここの近所にある「志な乃」って言う蕎麦とうどんの旨いお店で食べようと、思っていたけど時間が少々、間に合わずクローズしてた。
    それで代わりに丸亀製麺。

    チェーン店ではあるけれど、決してひどいワケじゃない。
    讃岐うどんらしい味わい。
    品揃え。
    セルフサービスのうどんのチェーンとしてはおそらく日本一の規模。
    その業界を代表する大きなチェーンが、そのおいしさで大きくなってる。
    それが本当は当たり前。
    だけど世の中、なかなかそのようにはならないモノ。
    牛丼だったり、ハンバーガーは「おいしいコトより安いコト」。
    「店舗の実力よりも会社の力」で大きな会社ができてく。
    経済原理としては当然かもしれないけど、飲食店はそうした原理でしゃしゃり出ないようにしてもらいたい…、ってそう思う。

    冷たいぶっかけ、並サイズ。
    自分でネギや生姜の薬味を自由にのせられて、だからタップリ。
    ネギ山盛りで、生姜もタップリ、胡麻をカリカリすってちらして、さぁ、いただきます!といただきました。

    dd5caa8b.jpegグルングルンとかき混ぜて、タレとからめてまずズルン。
    タレは甘めで、けれどスッキリした味わい。
    特にここのひやかけダレは、讃岐の味にかなり似ている。
    かつおと昆布のうま味がしっかりしていて味の基本は塩味。
    醤油の香りがしゃしゃり出ない、本当はこれにいりこのエグ味が入ればもっと讃岐風。
    けれど万人受けを狙うには、エグ味を引いて食べやすいようにするのがいいと言うことなのでありましょう。
    麺はヌルンとなめらかで、キリッと冷えてひきしまってる。
    ここが展開はじめた頃に比べてちょっと角ばった。
    コシもかなり強くなり、讃岐のうどんのぬめらかな喉越しよりも、噛んでたのしい歯ごたえよりに麺の感じが変わってきている。
    ズルンとたぐりこむのじゃなくて、モグモグ噛んで味わう方が今の食べ方。
    …、かもしれません。
    それもまたよし、お腹にドッシリたまる感じも悪くない。

    天ぷら2つ…、竹輪と玉子。

    deac4741.jpegイカとかキスとかエビだとか、10種類ほどのバリエーションがあったけど、うどんのあてにはやっぱり竹輪。
    海苔をちらして磯辺揚げになっていれば、なお良しだったのだけれどプレーン。
    それはそれ。

    玉子は半熟。
    どのくらいの半熟具合か、たしかめるためお箸で割ったらトロリととろけてこぼれだす。
    当然白身はカッチリ硬くて、それに天ぷら衣がかぶさりサクサク、プチュンと食べてたのしい食感がいい。
    昔だったらこの黄身のとろけ具合は駄目だったけど、最近、なんとかこの半熟が食べられるようになってきた。
    甘くてネットリ、うどんにからんでこれはこれにてオゴチソウ。

    来るたびテーブルの上に置かれた調味料の種類がにぎやかになっていってる。
    天ぷらソースというのがあって、ラベルにこんな但し書き。
    「揚げたての天ぷらにかけるとおいしくなりますよ」…、と。
    試してみようと思いもしたけど、残念ながらココの天ぷらは揚げたてじゃない。
    だから使わず…、だって揚げたてじゃない天ぷらがこれでおいしくなる保証なし(笑)。
    最近、ココでは白いご飯を売り始めていて、それと合わせて天丼のタレも置かれるようになっている。
    ご飯にうどん用の天ぷらのっけてどうぞ…、というコトなんだろうと思うのだけど、うどん用のバリバリ硬い衣とご飯の相性は果たしていいのか?
    お店の人に、天丼にして食べる人っています?って聞いたら、いえ、あんまり…って。
    アイディアばかりじゃお客様は付いてこないということなのかもしれません…、これも勉強、また明日。

    ちょっと涼しい動画を一本。

    Snow on Cuba Mall in central Wellington (HD) from Ro Tierney on Vimeo.


    ところで昨日のニュージーランド…、50年に一度という大雪が降り国全体の機能が麻痺するほどだったという。
    そういえば赤道挟んで反対側のニュージーランドは今が冬。

    いいなぁ…、これ。
    みんなウットリしながら空から雪が降ってくるのをながめてる。
    生活のコトを考えると、これからいろんな面倒がある…、けれど一時、みんなで空を見上げるシアワセ。
    今の東京に雪がふることはないけれど、空を見上げて星を見ましょう…、そう思う。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ちくわてんぷら
    うずらフライと
    竹輪天ぷらの
    揚げ物界のハリウッドスターではないけれど,
    ブルース・リーとジャッキー・チェンのような
    この世界では俺らが一番的美味しさってなんなのでしょうね

    磯辺揚げ食べたいなぁ
    佐藤Rさん / 2011/08/17(Wed) /
    お惣菜揚げ物
    > 佐藤Rさん
    天ぷらの専門店では決して揚げてくれないチクワの磯辺揚げ。
    そういえば給食のときに磯辺揚げがでてくると、もう一日、シアワセな気持ちになったものであります。
    しかもこれ。
    上等なチクワで作るより、普通のチクワで作ったほうがおいしくなるというステキ。
    ブルース・リーですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/17(Wed) /
    幸せな重さ
    ここの釜揚げうどんを運ぶとき、みんな笑顔になってます。
    私もです。

    他のメニューの時は、こぼさないよう下見て歩いてしまうのに、なんでだろう。
    mioさん / 2011/08/17(Wed) /
    揚げたて
    先日夕方、サカキさんが行ったのと同じと思われる丸亀に行きました。私も最後の一つだった大好きな竹輪を、同じく磯辺揚げだともっと良かったなぁ、と思いながら取りました。
    そしてレジに着くと、おじちゃんの揚がったよ!との声と共に私のトレーから竹輪が奪われ、ラッキーなことに揚げたてと交換。レジのおばちゃんに揚げたてじゃないほうも食べる?と聞かれたのですが、竹輪二本は多いので遠慮しました。でもあの竹輪、捨てられちゃうんですかねぇ。無理してももらって食べれば良かったかなぁ、と、しばらくもやもや。うれしいんだけど悩ましい。
    ちなみにあのソース、ちょっとかけてみましたが、揚げたてはそれだけでおいしいので、やっぱり必要ないかな、と思います(笑)
    すんきちさん / 2011/08/17(Wed) /
    笑顔
    > mioさん
    タップンタップン、お湯を揺するようにして釜揚げうどんを運ぶシアワセ。
    格別ですよね。
    ヌルンとなめらかな麺の食感も格別で、あぁ、今度は釜揚げうどんって思いました。
    お腹がすきます!
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/17(Wed) /
    なんてステキな
    > すんきちさん
    このお店。
    アットホームな感じがするのが、ステキですよね。
    特に、うどんを茹でるところにたってるおじちゃんの気配りがなかなか立派。
    それにしても、とてもステキなエピソード。
    揚げ立て天ぷらには、たしかに何も必要じゃないってそう思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/17(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ホントに最後の壁の穴 HOME カフェマメヒコでとんかつ食べる、夏の午後
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]