忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼をスパゲティー。

    pasta.jpgまずは厚切りベーコンを拍子木に切り、それを油でジックリ炒める。
    ベーコンの脂がとけて、ボロッと崩れるくらいまで炒めてそこに玉ねぎいれて、軽く熱を通してお皿にうつしておく。
    お鍋を二つ。
    両方共にお湯を沸かして沸騰させて、ひとつはパスタ。
    もう片方にはブロッコリいれグツグツと。
    太めのパスタは12分。
    ブロッコリは6分ほども茹でるとかなりやわらかになる。
    フライパンに刻んだニンニクとオリーブオイルを入れて火にかけニンニクの匂いがしたらそこに茹でたブロッコリをバサッと入れる。
    パスタの茹で汁加えつつ、木べらで押すとぐずっとブロッコリが崩れて油と馴染んでいきます。
    まるで緑のミートソースのような感じになっていく、そこに炒めたベーコンオニオン。
    加えて軽く味ととのえて、そこにパスタを入れてガサガサ、鍋を揺すって具材を全部ひとつにあわせる。
    オリーブオイルを加えながら、タプンタプンとフライパンの中に適度なトロミをつけてお皿に盛ってできあがり。

    良く煮込んでグズグズになったブロッコリが、ベーコンの脂のうま味とオニオンの甘みを全部吸い込んで麺にからんで、口の中へとなだれ込んでくる。
    軸の部分がボクボクとした食感で、まるで芋のような感覚。
    形を残したベーコンがザックリ、歯ごたえたのしくて顎においしい昼のゴチソウ。
    ハフハフしながら食べあげた。

    今日は半日、箱根の駅伝に夢中になった。

    ekiden.jpgマラソンだとか、駅伝だとか。
    ただただ走り続けるだけのスポーツっていうのはするのも、見るのも好きじゃなかった。
    単純でしかも退屈な共感できぬスポーツ。
    ただ、ボクの母が長距離走るスポーツを見るのがとても好きな人。
    マラソンの、自分とひたすら闘う孤独な姿も好き。
    けれど、タスキを繋ぐただそのことに必死にもがき、前へ前へと走る駅伝の切ないさまを見るのがもっと好きな人。
    見知らぬ人の走る姿に平気で涙する母の気持ちがずっとわからずにいたのだけれど、今年はなんだかわかったような…。
    抜きつ抜かれつの接戦続きの見所のある試合内容という理由もあった。
    けれど他人のためにただただ己の気力と体力を限界にまで搾り出すというひとりひとりの気持ちのコトを考えただけで、なんだか不思議と涙がでるような気持ちになった。
    年をとると感じる気持ちが変わってくるのネ…、母の気持ちもわかる午後。

    ところで皆様、初詣にはおでかけになりましたでしょうか?
    東京のボクの家の周辺はどこの神社も驚くほどの人出でそれで、まだ初詣を成就していない状態でして、明日こそは…、と思う次第。
    祈りはなるべく時間をかけて、きっちりとと思うところでもありましてそれで日延とあいなった。
    ところで、こんな動画をひとつ発見…、貼っておきます。

    Hajj.. A journey of purity | الحج .. رحلة نقاء from KDMart on Vimeo.


    イスラムのメッカ巡礼の儀式の様子。
    巡礼を実行する手段と能力を持ったイスラム教徒は、少なくとも一生に1度はメッカを巡礼することが義務付けられているというコトで、毎年160ヶ国以上から300万人を越える人がその儀式に馳せ参じている、その様子。
    予行演習があるわけでなく、誰かが指示を出しているわけでなく、けれどこうして粛々と見事な規則性を発揮しながら、みながひとつ方向に流れを作って動いていく…、これが祈りの姿なんだなぁって思ったりした。
    正月三日も今日で終わって、明日からユックリ、いつもの生活リズムに戻る。
    気持ちあらたに、おごそかに。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    箱根駅伝の偶然★
    当方サカキさんと同い年・・・と思います。私も今まで箱根駅伝興味なしの人間でしたが、今年は訳あってマジで見てました。するとあ~~らどうでしょう。思わずずーっと見てしまい、レースが終わる頃には「来年からは正月は箱根だな」と心決めてしまいました。今まで全く興味がなかったのに。。。不思議です。年とともに感じる部分が変わっていくということに自分でも驚いてます(笑)。
    みはじさん / 2011/01/04(Tue) /
    ステキな偶然
    > みはじさん
    今年は格別だったのかもしれませんね…、駅伝。
    なんだか人生をみているような、そんな気がして本当にずっと見続けてしまいました。
    こんな気持ちになるのははじめて。
    これは年始の恒例行事になっちゃいそうだなぁ…、って思いました。
    不思議でステキな偶然。
    あけましておめでとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/04(Tue) /
    無題
    私は昨日初めて、日比谷まで駅伝の応援に行きました!
    東京農大の大根おどりを見たり、
    同行者の出身校の方が固まっているあたりに混じって、
    選手を応援したりしてとっても楽しかったです。

    各校の応援団の子たちは、もう叫びすぎて声なんか出てなくて、
    手は叩きすぎではれ上がって、ちょっと血が出てたりして。
    一生懸命走る子たちにも応援する子たちにも、
    ちょっとウルウル・・・年のせいですかね~(笑)。

    丸の内か銀座で昼食とって、VIRONでヴァンショーか、
    スタバで温かい飲み物を買って応援、
    すんだら丸の内のバーゲンへゴー!みたいなコース、
    来年はいかがでしょうか。
    tonamiさん / 2011/01/04(Tue) /
    観戦
    > tonamiさん
    ゴール直前のあの小競り合い。
    まさに勝負って感じでしたね。
    実際、あの熱気を感じてみたいとも思いました。
    お正月の大手町。
    わるくないですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/04(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    初・外・ご飯 HOME 三日目の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]