忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は仕事で御茶ノ水。

    131.jpgいつもは歩くひと駅分を、さすがに今朝は地下鉄に乗る。
    天気予報が言うコトには、昨日に比べればこれでも随分、暖かいのだという。
    日差しも確かで、風も無い。
    けれどどうしたことか、体があたたかくない。
    まだ風邪なんだなぁ…。
    でも仕事。
    お腹の中に何かを入れて燃やしてあげて、体をシッカリ温めなくちゃ!

    四ツ谷三丁目から電車に乗ってひと駅先の四谷で降りる。
    中央線に乗り換えるため。
    表にでると空は青空。
    乾燥しているからなのでしょうネ…、日差しがクッキリ。
    明るいところと暗いところのコントラストが強くって、駅前広場に立っている彫像の上にクッキリ、まるでキリコの絵のような影がさしてる。
    寒い日陰から飛び出して明るいところに逃げているようなそんな景色にニッコリとなる。
    ボクも急いでテクテク歩く。
    ちょっと歩いて、おむす人。
    おむすびを買い、そのままちょっと歩いて駅の上にあるスープストックで朝にする。

    sstokyo.jpg体に染み入るゴチソウが、朝から食べたくてしょうがなく。
    それでスープストックの大定番。
    オマール海老のビスクを、今日のスープに選んで食べた。

    野菜のピュレの舌触り。
    見た目はただのトマト色したクリームスープで、具材の存在は見て取れない。
    タマネギだとかニンジンだとかが、みじん切りにされよく煮こまれた、プツプツとした食感が舌に残ってとてもたのしい。
    海老の味わい。
    トマトの風味。
    ハーブの香りにエネルギッシュなニンニクの匂い。
    それらが一度に舌にのり、じんわり広がり体の中に染みこんでいく。
    滋養に満ちた海の味わい。
    体がユックリ、温かになる。

    今日のおむすびはツナマヨ昆布。
    ツナの魚臭さが佃煮昆布の焦げた醤油の香りで見事に中和され、うま味に変わるオモシロイ味。
    シットリとした海苔。
    フックラご飯。
    噛むと口でパラッとほぐれるそのやさしさにウットリします…、体が中からあったまる。

    nabeyaki.jpg仕事をテキパキ、手早くこなす。
    体の具合が悪いとなるべく早く仕事をすませよう…、となぜだかいつも以上に頭が回転するのがオモシロくもあり、たのしくもあり。
    一段落して、打ち合わせのため外に出る。

    きた道を再び戻って四ツ谷で降りる。
    駅からちょっと歩いたところにある弁天庵で鍋焼きうどん。

    蕎麦が売り物の専門店。
    なのに、やっぱり今日はみんなにとって寒い日なのでしょう。
    鍋焼きうどんの注文がかなり多くて、商品提供のカウンターの上には鍋用鍋敷きがズラッと並んで、熱々の鍋を待っている。
    次に人気があるのが、カレー南蛮そばやうどん。
    蕎麦と丼がセットになったランチ商品を選ぶ人も、今日はかけでね…、って注文してる。
    鍋焼きうどんは冬の蕎麦屋の花形料理。
    特にココの鍋焼きうどんは、コストパフォーマンスがとっても高い。
    ドッシリとしたしもぶくれの鍋。
    たっぷりのうどん。
    そこにシイタケ、かまぼこ、お麩に鶏肉、ネギ、玉子。
    具材タップリで餅まではいり、それに小エビのかき揚げまでもがつくというモノ。
    海老の天ぷらが入るお店は良くあるけれど、それも最初から鍋に放りこまれているのが通常。
    ところがココのはサクサクとした揚げたてかき揚げが別ぞえで来る。
    別にこれだけ食べてもいい。
    サクサクしたのを台無しにせぬよう、食べる分だけうどんにのっけて食べてもよし。

    4e5c441c.jpegけれど鍋焼きうどんのときは、そのままドサッと鍋に放りこんで食べるのが好き。
    かき揚げの揚げた油がうどんの出汁ににじみだし旨味が増して体が余計にあったまる。
    海老のプリプリ。
    イカがクニュクニュ。
    天ぷら衣が出汁を吸い、シットリなってうどんにからむ。
    ココのかき揚げにはタマネギタップリ。
    それが甘くて、出汁にも味が入ってく。
    お願いしないと、玉子はあとのせ。
    白身に熱が入らないのが、好きではないので「先入れ玉子」でお願いしますと。
    だから白身にキッチリ熱が通ってて、黄身はトロンと見事な半熟。
    半分に割り、しばらくうどんの上においておくとユックリ黄身も固まって、ネットリとしたなめらか玉子になっていく。
    七味をタップリ加えてホットにして食べて、昼もまたまた体がじんわり、温かになる。

    家に帰る途中でよったファミリーマート。
    そこでみつけた、今、話題だっていうコンビニスイーツ、「俺のエクレア」っていうのを見つけて、買って帰った。

    oreeku.jpgかつて世の中で一番好きな食べ物といえば、シュークリーム、あるいはエクレアと公言していたコトがあるほどの好物なのです。
    なかでもチョコのかかったガッシリとした食感の小ぶりのエクレア。
    中にはネチッと奥歯にまとわりつくようなほどに濃厚なキャラメルクリームを仕込んだエクレアは、あると聞けば飛んでいって食べたくなるほどの大好物。
    ここのこのエクレアは、売り切れのコトがおおいんだよ…、という噂を聞いて買ってはみたけど、ボクが好きなのとはまるで違ったエクレアだった。

    食べるのに難儀するほどの大きさで、フンワリ生地にフンワリクリーム。
    チョコがゴリゴリ、ちょっと固めで歯ざわりたのしい、これはこれでおいしいのだけど、食べるとこれとは違ったエクレアを無性に食べたくなっちゃう味で、いささか少々、なやましい。
    ミルクをあっため一緒に飲んだ。
    ホットミルクのやさしい甘さは、なんとステキなオゴチソウ。
    家でしばらく仕事をします…、晩ご飯はさてさて何にいたしましょう、と思いながらもお腹は落ち着き食欲は無し、一月最後の夜のコト。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無理なさらずに…
    お体まだまだ本調子じゃなさそうですね(>_<)

    食欲がないときは消化の力も全体の回復力にまわそうと体が決めてるときでしょうし
    無理なさらないでくださいまし~。
    setsunaさん / 2011/01/31(Mon) /
    食べなくても
    > setsunaさん
    たしかに一食や二食抜いたくらいでへこたれないだけの栄養を蓄えておりますから(笑)。
    今日はのんびり、食べることを考えず、夜を過ごそうと思いました。
    ご心配ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/31(Mon) /
    横に
    なるほど。では横にはコージーコーナーのエクレアを置いて食べてみようかしら!
    チンプイさん / 2011/02/01(Tue) /
    コージーコーナー
    > チンプイさん
    コージーコーナーのエクレア。
    銀座ウェストのシュークリーム。
    サダハルアオキのエクレアと、いろんなのを集めてズラッと並べ、食べ比べ。
    天国でしょうね!
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/01(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    はまのやの朝 HOME 風邪の日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]