忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿西口の半地下部分…、ワタクシ的にかなりオキニイリの更科で蕎麦。

    00a9f993.jpeg新宿のこの界隈だけでも星の数ほどある蕎麦の店。
    店それぞれにいろんな流儀の蕎麦がある。
    長い歴史と、多様なお店。
    おいしい蕎麦しか生き残れないのが、東京というこの街のコト。
    だからどこもそれぞれおいしく、良い、悪いじゃなく、好き、嫌いで選ばれるべき、それがお江戸の蕎麦であります。

    タレがおいしい店がある。
    麺の儚い食感を味わうための店もある。
    とにかく天ぷらがおいしいお店もあったりもして、気持ちに応じて店を選んで食べるのがまたたのしくてやめられない。
    今日は昼に肉をタップリお腹に収めて、それでちょっとサッパリとしたモノで夜のお腹をなだめたい。
    それで蕎麦。
    とは言え、食べ応えのあるモノを食べたく…。
    しかも仕事を新宿の西で終えた今日。
    そしたらココにくるしかないよね…、と、ココに来た。

    890e0eda.jpeg生粉打ちそば。
    「きこうちそば」と読むのです…、これ。
    大昔、はじめてここのお店に来て、当時は前払いのシステムで食感売ってるカウンターで「なまこうちそばをください」っていったコトがある。
    そのとき、レジに立っていた凛とした姿のおばぁさま。
    小さな声で「きこうちそばというのですよ」と。
    顔から火が出るほど恥ずかしくって、けれど「そうおっしゃる方も結構、いらっしゃるんですよ」となだめてくれた。
    ボクがまだ20代のはじめの頃のしょっぱい思い出。

    そば粉と水だけで作った蕎麦。
    それを生粉打とよぶって、かなり後になって教わった。
    当時、ウィキペディアなんて便利なモノはなかったから、何かを調べて学ぶというのもかなり手間のかかること。
    なんだかちょっとなつかしい。
    太くてムッチリしている麺で、水をタップリ含んでとてもみずみずしい。
    蕎麦は水をたぐるお料理。
    中でもこうした太くてムッチリしたそばは、まるで水を飲んでるみたいな気持ちになる。
    辛口ダレにとぷんと浸して、ズルズルツルンと味わった。

    62f40a45.jpegボクの隣で御前そばを、さぁ、食べようというご婦人がカバンの中から手ぬぐい出し、胸元にそれをそっと広げてそれから、ズルンとそれこそ目がさめるような音を立てたて食べ始めます。
    先日、静かに食べるご婦人方に関する日記を書いた。
    そしたら服が汚れぬように食べる方もいらっしゃるのではないですか?って、コメントもらった。
    たしかに、たしかに。
    ボクもかつてネクタイを、蕎麦食べるたび台無しにしていたコトがありましたです。
    今日はポロシャツ着て出てきたから、心置きなくズルンと食べる。

    そば湯でタレを割って飲みます。
    極太蕎麦の風味をそのまま味わいたくて、ネギもワサビも使わず食べた。
    だからタレの素直な味がそのまま口にやってくる。
    不思議なコトにそば湯で割ると、かつおの香りがポワンと強く鼻から抜ける。
    かえしの香りに隠れてた、出汁のうま味が花開く…、そんな感じにウットリしました、軽い夜。

    ところでこんな「とんでも料理」の紹介動画を発見しました…、見てくださいませ、ビックリです。



    アメリカで数年前から流行り始めている屋台フーズ…、というのですけど、なんと名前が「ディープ・フライド・バター」であります。
    バターのフライ。
    その名の通り、バターの固まりにシナモンとハチミツ混ぜたパンケーキ風の生地をたっぷりまとわせて油に投入。
    当然、バターはほぼ溶けて生地にタップリ吸い込まれていく。
    それだけでもかなりのカロリーなんだろうけど、そこに砂糖を溶かしたソースをトロンとかけて食べるという、悲鳴が出そうなほどの状況。
    形はアメリカンドッグみたいだけど、アメリカンドッグのハイカロリーがかわいく感じてしまうほど…、味はシナモンロールのようだって、いたいけな男の子が動画で喋る。
    アメリカ人ってまったくもう…、って呆れてしまう。
    ちなみに4ドル程の値段だそうで、まったくもう…、ってやっぱりしたたか呆れちゃう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    恐ろしい…
    「ディープ・フライド・バター」、
    ボクもネットニュースで読みました。
    カロリー測定するのが怖いくらいの代物ですよね(苦笑)
    まりおさん / 2011/08/18(Thu) /
    大抵は
    ハイカロリーだったりしますよね(笑)、アメリカ発の食べ物は・・・。あと、原色に近い色使いの食べ物もあったりして(しかも超カラフル)。まぁ、慣れればどうってこともないのでしょうけども(汗)外国の方から見ると、日本の特に加工食品は、かなり良く「味ができている」「どんな味でもそれらしくでき、本物だと勘違いするほど」だと、良く聞きますよね。

    で、それだけ「ハイカロリー大国」なのに、スラッとしたスタイル抜群なアメリカ人の方、いらっしゃいますよね!?アレは何故なんでしょうか!?ただ(ハイカロリー食品を)食べるのを控えているだけ?それとも体質?だとしたらかな〜り、羨ましいですよね!!
    りりこりあさん / 2011/08/19(Fri) /
    測定不能
    > まりおさん
    おそらく測定不能分のカロリーが含まれていると感じます。
    それにしてもバターを丸ごと!
    かつての城戸崎愛さんならば、「これ、あり!」と認定をされるのではないかと懐かしく思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/19(Fri) /
    ローカロリー王国
    > りりこりあさん
    アメリカに行くと、よくもこれだけ脳天気に太れるなぁ…、と思う人がいる一方で、こんなモノを食べていて本当に生きていけるのかしらって心配になっちゃうほどにローカロリーなモノばかり食べる人がいたりします。
    栄養失調寸前のストイックな食生活。
    日本にはまず無い食文化があったりするのですよね。
    何事にも極端。
    アメリカってやつ!って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/19(Fri) /
    ぎゃあああ!
    久々に、食べ物系動画で悲鳴を上げてしまいましたw。
    足し算文化のお国とは云え、イヤハヤ凄いものを考えますね…

    更科さんのメニューでは、竹輪天そばがお気に入りです。
    サクッと香ばしい衣と、むっちりした竹輪のコントラストが堪りません。
    タカハシケムヂさん / 2011/08/19(Fri) /
    立ち食い更科
    > タカハシケムヂさん
    このお店の横に立ち食いコーナーがあるんですよね…。
    そこがおいしい。
    ボクは春菊の天ぷらが結構オキニイリ。
    まるでハーブ蕎麦みたいな感じになるのがたまりません。

    たしかにこの動画。
    悲鳴が出ます。
    悲鳴がでると同時に、あきれ返ってしまう…、さすがアメリカです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/19(Fri) /
    リクエスト
    怖いものみたさで

    ゴキゲン娘さまに

    つくってみてみて

    おねがいおねがいって

    たのんでみました

    実現したらレポートさせて

    いただきまする
    ネコスタさん / 2011/08/21(Sun) /
    ぜひぜひ
    > ネコスタさん
    ボクの部屋でつくってみようかと思いもしつつ、けれどやっぱりコレは「民家」で料理するものではないに違いない、と踏みとどまっております。
    ぜひ、レポートを。
    怖い物みたさでお待ち申し上げます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/21(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    フレッシュネス HOME 秋葉原にて肉喰らう昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]