忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日はちょっと気合いを入れて家ご飯…、マッシュルームを油で煮ます。

    2d66c6cd.jpgブラウンマッシュルームを生のまま、水でキレイに洗って水気をとります。
    それをフライパンにギッシリ並べる。
    なるべく隙間をあけぬようキレイに並べてそこにトクトク、オリーブオイル。
    マッシュルームが浸かるくらいに注いで、バシッと潰したニンニク、鷹の爪。
    油の底に沈めてパチッと火をつける。
    弱火でユックリ、油の温度をあげていく。

    しばらくすると、マッシュルームの周りから水の泡がプツプツ出てきます。
    余分な水気を吐き出して、体の中にうま味をギュギュッと凝縮させてるおいしい合図。
    底に沈めたニンニクが、こんがりきつね色になり油に香りがついたところで、それは取り出し、なおもジックリ火を通してく。
    コトコト、お鍋の底でマッシュルームが足踏するように揺れてくる。
    そろそろ仕上がる合図です。

    一個試しに串に指し、味見をすればホクホクおいしい。
    油から出し、キッチンタオルで軽く油をぬぐい取り、お皿にのっけて塩をパラッ。
    ハフッと食べる。
    ムチュンとキノコ独特の粘り気のある繊維が旨い。
    マッシュルームの森の香りと、オリーブオイルの緑の風味。
    簡単なのに、なんておいしい…、白いワインを抜きたくなった。

    レタスとアサリを蒸し煮にします。

    f362192f.jpg砂を吐かせた殻付きあさり。
    殻と殻をこすりつけつつキレイに磨き、フライパンにまず放りこむ。
    日本酒少々、刻んだ生姜にニンニクいれて、火をつけ蓋して酒蒸しにする。
    バチバチ、殻が爆ぜる音がしてしばらくすると貝独特の磯の香りがただよってくる。
    蓋を取る。
    するとたちまち湯気があがって、あさりは殻をパクッと開けてる。
    そこにちぎったレタスをドサッ。
    お湯で溶いたチキンストックをほんの少々加えて蓋して、軽くゆすって出来上がり。
    お皿にうつして胡椒をカリカリ。
    しんなりとしたレタスがシャキシャキ、大きめレタスの半玉分がビックリするほどかさが減り、お腹にすんなり入るシアワセ。
    あさりの味がレタスの葉っぱに入って、レタスそのものの甘さと一緒になっておいしい。
    これですませておけば健康的な夜なのに、なんだかちょっと物足りない。
    冷凍庫の中をがさがさ、探してみたらば…「あった!」。

    c7e820f7.jpg一ヶ月ほど前に、調理器具の説明会に参加して業務用の超高級なプロセッサーで試作をしたのネ。
    何でも好みの大きさに切り刻め、好みの硬さに練ることだってできるというモノ。
    例えばひき肉にしてもハンバーグ用の粗いモノから、肉団子用のなめらかなのまで自由自在になるというので、ボクはトロトロ、なめらかなひき肉にして団子に丸め、それをこれまた誰でも上手に揚げられるフライヤーで揚げてもらった。

    遠赤外線の効果でフックラ。
    しかもこれで揚げると冷凍しても食感がそんなに変わらないんですよ…、と。
    調子にのってつくりすぎたのを、凍らせそれで持って帰って、今日のコレ。
    電子レンジでチンしたモノを、油を薄く沸かした鍋で転がしながら焦げた香りを再びつけて甘酢あんかけでまとめて食べる。
    さすがに団子はフカフカで、驚くほどにみずみずしくて、けれど甘酢が甘かった。
    デザートみたいとおもいつつ、黒酢をかけて味を修復しながら食べる…、白いご飯がおいしくなって、これはこれにてオゴチソウ。

    ところでYouTubeにオモシロいチャンネルがありました。
    絶滅しつつあるモノ…、特に電子ガジェットや家電製品系のモノを紹介しましょうという趣向のとても洒落た映像。
    中でもボクが一番好きなインスタントカメラを紹介したのを一枚貼っておきます。



    1923年に発明され、およそ2008前後に姿を消した。
    シャッターを押すと被写体をうつしたフィルムが出てきて、そのまま現像されるというモノ。
    出てきたフィルムを別に振らなくてもいいんですけどネ…、とお茶目なコメント、それにレトロフューチャリスティックな音楽、いい感じ。
    たしかに今、このポラロイドのSX-70タイプのカメラを見せて、これなんだ?って聞いてカメラとわかる世代ははてさて何歳以上なんだろう?って。
    わからぬ人にはこの動画…、ボクらと違った見方をするのでありましょう。
    そう考えるとなんだかちょっと切なくたのしい…、オキニイリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ぼや~ん
    と像があらわれてくる

    あの不思議

    モノクロの

    プリントを

    暗室の現像液のなかに

    浮き上がってくる感覚と

    おなじで

    ウキウキドキドキ

    いまでも有志が

    こんなことして

    頑張ってるみたいです

    ttp://www.d1.dion.ne.jp/~kudar/Polaroid_Forever/

    ネコスタさん / 2011/09/19(Mon) /
    ポラロイド
    > ネコスタさん
    iPhoneでポラロイドカメラ風の画像処理をしてくれるアプリがあったりもしますけど、バシャッとシャッターが落ちる音がして、ジジジーッってフィルムが吐き出される。
    それからぼんやり、画像が乳白色のフィルムの中から浮きだしてくる独特の時間。
    あのたのしみはやはりオリジナルじゃなくちゃって思いますよね。
    家にも確かSX君が一台あったはず。
    なんだか使ってみたくなりました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/19(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    スモークサーモン炒り卵 HOME 瀬戸内的なおばさまランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]