忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そしてクリスピークリームドーナツにて一休み…、コーヒーを飲む。

    e611d919.jpeg今のクリスピークリームって、ちょっと元気がなく見える。
    新宿に日本一号店ができたときには1時間待ちなんて当たり前…、けれど今ではいろんなところにお店ができて、だから並ぶコトなくすぐに買える。
    座れる。
    長居もできる。
    ドーナツがならぶショーケースの中も、バリエーションが少なくて、ちょっとさみしげ。
    時期が時期だからしょうがない。

    ロースト深めのビターなコーヒー。
    それもヨーロッパ的でなく、アメリカのホテルで飲める上等なコーヒーの味がする。
    しかもココはミルクがポットに入って用意されてる。
    だからタップリ、使えるのです。
    カップに入れてくれた直後は熱々で、それをぬるくできもする。
    フーフーしながらゴクンとまずはブラックで飲み、容器のあいた部分をミルクで埋める。
    そしてのんびり…、おやつどき。
    たこ焼き食べます…、銀だこのたこ焼き。

    618e88d7.jpeg四ツ谷三丁目の交差点にあるお店で買って、テクリと歩いて家まで帰る。
    そこの店には客席がなく、店頭においてある縁台のような場所でときおり家族連れがそこで食べてる。
    みんなでワイワイ食べてる分には、縁日的でほほえましいけど、ヒゲで坊主のオジサンがそんなところでたこ焼き、無心に頬張っていては営業妨害にもなるのでは…、と。
    それで遠慮し家に帰って食べることにした。

    ここのたこ焼き。
    かなり熱々。
    だから買ってすぐに食べると、必ず口をやけどする。
    ちょっと歩いて持ち帰るだけの時間が、むしろこれを食べ頃にする…、かもしれないって思いつつ。

    それにしてもこのお店。
    2階にギンダコハイボール酒場ってお店があって、夜はそこでたこ焼きつまみにハイボールが飲めるようになっている。
    だったら昼も2階を開放すればいいのにと思うのだけど、大人の事情があるのでしょう。

    ここのお店でテイクアウトをするとプラスティックのパッケージで、まるで二枚貝の殻を重ねるように包んで渡してくれる。
    自分が吐き出す蒸気でちょっとむらされて、表面、フックラするのもいいかも。
    外はカリカリ…、揚がったようで中はトロトロ。
    だから「たこ焼き」というよりも「たこ揚げ」みたいに感じるモノが、ほどよく「たこ焼き」風になる。
    もしかしたらばお持ち帰り用に知らずに最適化された商品なのかもなぁ…、って、思ったりする、それもよし。

    今日は珍しく、ちょっと早く家に帰る。
    それでDVDを観ることにした…、「謎の円盤UFO」。
    f61e6d0a.jpeg1970年に日本テレビ系列で放映されていたSFモノのテレビドラマで、地球に侵略してくる異星人から地球を救う戦いを描いたドラマ…、とそんな荒っぽい記憶しかない。
    けれどたしか「カッコイイ物語だった」というコトだけは覚えてる。
    ひさしぶりにみてみると、記憶以上にカッコよく何よりストーリーが良く出来ていた。

    世界を欺くために、秘密基地はどこかの地下奥深くに作られていた…、ってコトは覚えていたんだけれど、映画会社のスタジオ地下であったというのは記憶になかった。
    「沈着冷静なるストレイカー司令官」と、毎回毎回、オープニングで言われてて、司令官は沈着冷静な人だったんだなぁ…、と記憶してはいたけれど、実際見返すと予想以上に沈着冷静。
    かなり重たい判断も沈着冷静に行い、ときに哀しい結果に帰結したりする…、骨太ドラマで子供のボクがいろんなコトを覚えてないのも当然かなぁ…、と思いもしました、動画を一本貼っときます。



    時代設定が1980年代。
    その近未来的コスチュームとか風俗とかが、そのあと確かに80年代のファッションっぽかったりするのにちょっとビックリ。
    サンダーバードの実写版って、そう言えなくもないけれどスタイリッシュで大人っぽくて今、観直してもカッコイイ。
    地球防衛組織の名前がシャドー。
    「Supreme Headquarters Alien Defense Organisation」を略してシャドー。
    頭文字をつないで何かの名前にするって、こののち広告代理店のプレゼンテーションの常套手段になったやり口が、こんなところにシッカリあった。
    なんだかちょっと笑ってしまう…、全26話のシリーズ物はまだまだはじまったばかりでござる、覚悟を決めてハマります。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    220円でセット買う朝 HOME 渋谷の亜寿加で冷たい排骨坦々麺
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]