忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼間に渋谷でご飯を食べます…、「亜寿加」という店。
    asuka.jpg渋谷の街の南側に、歩道橋を使っていきます。
    渋谷という街。
    246という大きな道路で、街が南北に分断されてる…、駅からそっちに行くときはいつもゼーハー、息あげながら上がって降りてとしなくちゃいけない。
    都市計画を失敗した街。
    この東京には沢山あるけど、ココほど悲惨な街は少ない。
    今日もゼーハー…、上がって降りて汗かいて、それでやっと辿り着く。

    6175be90.jpeg坦々麺や排骨麺がおいしいというので有名な店。
    歩道橋のたもとという、あまり目立たぬ場所にある。
    しかも「らーめん」と大きく書かれた看板はある。
    けれど店名は近づき目を凝らさないとみつからぬほど、目立たぬところにあってだから初めてくるとちょっとたじろぐ。
    どんなお店なんだろう…、って。

    しかしながらの繁盛店。
    今日もほぼほぼ満席で、ちょっと待ってそれから入る。
    カウンターだけ。
    カウンターの中には大きな厨房があり、おじさん3人。
    綾戸智恵さんにそっくりなおばさん1人がテキパキと。
    おねぇさんが外でサービスしているという、エネルギッシュでイキイキした店。
    そのイキイキを見ているうちに、どんどんお腹がすいてくる。

    夏はなるべく熱いものを食べて体をあっためないと、夏バテしちゃう。
    だから熱い坦々麺が本当はいい…、ってわかっちゃいるけど、今日の暑さは異常な暑さ。
    異常事態にはやっぱり冷たいモノを体に入れて熱をとらなくちゃ…、と。
    「冷やし坦々排骨麺」をたのんで食べる。
    シャキッと冷えたちょっと太めのちぢれ麺。
    冷やし中華のスキッと酸っぱいタレと排骨、それからキュウリ。
    それだけみれば冷やし排骨麺でそこに、坦々ソースがタランとかかる。

    f943954e.jpegまずは坦々ソースがかかってない場所の麺をタグってツルンと食べる。
    ちょっとタレの味が強いかな?
    醤油の辛味と、お酢の酸味がストレートにドシンと舌にのっかってくる。
    麺の水切れが悪かったらば、水気でタレが薄まってちょうど塩梅よくなりそうで、けれどココの麺がシャキッと入念に水気を切られてタレの味わいがハッキリ感じる。
    ムチムチとした麺。
    プルンと唇なでまわしてく、その感触はなかなかなモノ。
    キュウリと一緒に食べるとほどよく、タレが薄まりおいしくなってく。

    坦々ソースはきっぱりしてる。
    ハフっと辛く、赤唐辛子の辛さが口の中で広がる。
    爆発系の辛さじゃなくて、後から後からどんどん舌に染みこんで濃度が高くなっていく。
    ジンワリとした辛さで汗が噴きだしてくる。
    せっかく冷たい麺を注文したのに汗が…、でもそれこそがお腹に元気を出させることって思って食べた。
    薄目の豚バラ、カリッと揚げた排骨もかなりしっかりした味わい。
    醤油ベースのタレにとっぷり浸け込まれ、カタクリつけて揚げてバリッと乾いた歯ごたえ気持ちいい。
    炒めた高菜が用意されてて、サービスでつくご飯にのっけて口のリセット試みる。
    けれど高菜がまた辛い。
    マッタリ舌でのたうちまわるような坦々ソースと違い、パキッと食べた瞬間に尖った辛味が脳天突き抜け爆発していく。
    そんな辛味に、口がヒーハー…、辛い昼。



    関連ランキング:担々麺 | 渋谷駅神泉駅



    それにしても繁盛店でボクが食べてる間も次々、お客様がやってきて気づけば行列。
    10人くらいがずっと待ってた状態ですか。
    しかも並んでいる人たちは近所のオフィスのサラリーおじさん。
    行列系のラーメン屋さんに並んでいがちな、ラーヲタくんがひとりもいない。
    ラーメン好きじゃなくて、おいしいモノが好きな人達が集まるお店でこうして麺をズルズルたぐる…、なんてシアワセ、オゴチソウ。

    asukadoto.jpgお腹の中は冷たくて、けれど頭の芯が辛子でちと辛い。
    それで冷たいモノでリセット。
    先のお店の近所にあったドトールコーヒー。
    ヨーグルンがあるかなぁ…、と。

    やってきたらば、ありました!
    一部店舗のその一部の方がすんなり見つかり気分はラッキー。
    しかもヨーグルンのバリエーションが変わってた。
    今まではブルーベリーとハニーレモンが用意されてた。
    ブルーベリーはそのまま残って、ハニーレモンが終わってしまった。
    代わりにあたらなバリエーション。
    去年もあったパッションオレンジとキウイフレーバーが増えていて全部で3種。
    何にしようかとちと迷いつつ、けれどココは一発、ニューカマーを試してみなくちゃネ…、とそれでキウイをたのんで試す。
    なかなかおいしい。
    キウイのスキッとさわやかな酸味と香り、ほのかな甘みがやさしくとてもフルーティー。
    しかもプチプチ、種がはじけるて、飲んだ後口にキウイの渋みが喉をイガイガ、ちょっと刺激的でオモシロイ。
    ヨーグルンの本体をなすフローズンヨーグルトの乳のコクをひきたてて、ゴクゴクのみたくなる軽い出来栄え。
    けれどゴクゴク飲むとカチンと頭が痛くなっちゃうのです…、だからユックリ。
    お腹と頭を冷ましつつ、次の仕事に備える休憩、さてさて移動をいたします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    近くても遠い渋谷の街
    このお店のすぐ近くでイタリアンビストロの開業をお手伝いしたことがあって、お店の存在は知ってました
    明日、渋谷の新南口近くへ出掛ける用事があるので立寄ってみたくもあるのですが、ぐるっとと遠回り
    またにしようかな
    koutagawaさん / 2011/07/13(Wed) / URL
    そのお店
    > koutagawaさん
    そのビストロ。
    とっても興味がありまして、行ってみようと思うのだけどやっぱりこのエリアは近くて遠い。
    なやましいです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/14(Thu) /
    クリクリギンダコユーエフオー HOME グッドモーニング!千駄ヶ谷
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]