忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    山から海へススっと移動。富基という漁村に来る。



    昔は本当にひなびた漁村で、それが今ではこぎれいな建物の中に、鮮魚店が並ぶ構造。とはいえのどかで、売り子のおネェさんたちも明るく、ほがらか。
    魚といっても貝や甲殻類が中心で、特にエビや蟹の豊富なことに喉がなります。
    特筆すべきは市場が匂わないところ。鮮度がいいからなんでしょう…、あれこれおいしそうなのを選んで買ったら、それを近所のお店に持ち込み調理して食べる趣向でございます。



    ビチビチ跳ねるエビや蟹。伊勢海老くらいもありそうなシャコにアワビにカキにマテ貝と買ったものを袋に詰めて、それを専門のお運びさんがお店に運ぶ。
    日傘をさしてユッタリ、カートひきながら坂道上がる後をついてく。2分ほどでお店に到着。
    掘っ建て小屋と言うのは失礼。けれど店と言うのも他のお店に失礼なような小さな店で、けれどお店の中はかなりにぎやか。
    入り口脇には厨房があり、おじさん一人。火柱が出るほど強い火力の上で鍋を操り料理を作る。

    買った食材で料理ができるまでにまずはと、麺と炒飯。



    これをあんまり食べるとお腹が膨らんで、せっかくの料理がたべられなくなっちゃうんだよね…、って言いつつ食べるとこれがおいしくて、思わず手が出る。
    野菜の旨味を吸い込ませながらしっとり仕上げた焼きそばは、焼きちゃんぽんのような味わい。
    麺もムッチリ、ほどよき歯ごたえで噛むとパラリとちらかっていく。
    卵と野菜で作った炒飯のおいしさったら特筆モノで、米がパラパラ。ご飯が焼け切れて調味料や具材の旨味を吸い込んでいる。それをつまみにビールで乾杯。



    ほどなくしてエビの湯通しがやってくる。
    サイズの揃ったエビをただただスティームしただけなんだけど、どうにもこれがおいしくて、新鮮だから殻がするんとまず剥ける。
    頭の中の味噌をプチュンと味わって、足をムシャムシャ。それからむっちり頑丈な身をパクリ。
    調味料なんてなんにもいらない。仄かな塩味とドッシリとした旨味が口に広がって次の一尾に手が伸びる。食べ始めると喋ることすら忘れてただただひたすら食べてビールをグビリ!生き返る。



    それからカニ。ダンチネスのようで、けれど殻がとてもカラフル。あたたかいところで取れるマッドクラブのような蟹。
    頑丈な殻をバキッと歯で割り、スベスベとした身をパクリ。
    シャキッとハリのある食感でほのかな渋み。けれどそれもたちまち旨味に置き換わっていく。ジャスミンっぽい香りが鼻から抜けていき、玉子もムッチリ。またまたみんなは無口になります。しょうがない(笑)。



    それから大シャコ。小さな伊勢海老くらいもありそうなシャコをから揚げにしたもので、殻がやわらか。だからムシャムシャ、殻も一緒に食べられる。
    ソフトシェルクラブを食べてるみたいな食感で、けれど肉の旨味はソフトシェルとは比べようがないほどシッカリ。
    玉子もみっちり入ってて、歯でこそげとり玉子だけを食べるとネットリ、クリーム状になっていきミディアムウェルに仕上がった玉子の黄身を食べてるみたいなまったりとした味わいになる。
    甲殻類でお腹を満たすというシアワセに、一堂納得。大満足。



    それ以外に海の幸の料理をあれこれ。
    小さなマテ貝をオイスターソースの風味で味をととのえて、最後にほんの少しのお酢で味をひきしめたもの。ムチュムチュとした貝の食感際立つ一品。
    小さなアワビはコリコリ、海の香りが旨い。
    茹でてぶつ切りにしただけのタコ…、これが甘くてとまらない。
    ごじごじとした海藻をピリ辛味の炒めたモノや、バジルと一緒に天ぷらにしたシラウオ、それから小さな牡蠣のフリッタと、どれを食べてもおいしくて、しかも一人割り勘3000円もしなかった。なんとシアワセ。また来たい!

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    たのしくおいしい雨宿り HOME ネガイゴト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]