忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    こどもの日の朝。
    サンドイッチ。

    d8927543.jpegグラハムブレッドを薄切りにして、まずはトースト。
    具材は2種類。
    ひとつはアボカドとツナをマヨネーズであえてペースト状にしたモノで、数日前に買っておいたそのときはまだ若かったアボカドがみんごと昨日、熟して食べごろになったから。
    塩と胡椒で味をビリッとひきしめて、胚芽をタップリ残したホツホツのパンとの相性、見事。
    噛むとポテッと緑のペーストが零れ落ちそうになるのを口で受け止めながら、パカッと食べる。
    おごちそう。
    もうひとつはきゅうりとハムの定番のもの。
    今日はちょっと上等のロースハムを使って作る。
    その分、シットリ。
    豚肉特有のクチャッとした歯ごたえとスモークされた脂の香りがこれまたご馳走。

    目をさます。

    そしてめでたき、この粽。

    c90ef7be.jpegとらや謹製の水仙粽。
    葛粉をつかって白くツルンと仕上げた餅で、笹の葉ひらくと中にシットリ。
    象牙のような、雫のような。
    ツヤツヤとしたムッチリが横たわってて、それを前歯ではぐようにして一口食べる。
    やさしい甘みが緑の香りと一緒に舌にのっかってくる。
    本来ならばヌル目にいれたお煎茶なんかと一緒に食べるのがいいのでしょうけど、今日は冷たい牛乳とコレ。
    ボクもまだまだ男の子。


    さて、日本のこどもの日という今日にアメリカ的なる子供たちのコレ。
    アメリカの「Kings Firecrackers」っていう、小学生の縄跳びチームのパフォーマンス。
    すばらしいです。



    週5日。
    2時間の練習をした結果というこの見事。
    アメリカ人って個人主義って言われるけれど、チアリーディングであるとか、これであるとか、チームパフォーマンスが実はとっても好きで得意。
    といって某国のマスゲームのように個を殺して総体となす…、のようなパフォーマンスでは決してなくて、ひとりひとりの自己主張をひとつのレンズに集めて照射する。
    そんな感じのまぶしさに満たされている。

    笑顔…、愛らしいですもの、このビデオでも。

    これ、日本のテレビ局、食いつかないかなぁ…。
    そろそろ100人99脚的な、「歯を食いしばってがんばる子はみんな尊い」みたいなコトばかりに執着するのはやめてよねぇ…、ってそんなことを最近思う。
    努力は尊い。
    けれど、努力のための努力じゃなくて、人を幸せにする努力を形にする努力。
    そうして世界は明るくなってく。
    そう思ったりもする。
    思いたくもある。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    少しづつさかのぼって読ませていただいています(笑)。
    なわとび、すっごいですね~!!
    そしてとっても楽しい。
    >「歯を食いしばってがんばる子はみんな尊い」
    って、勿論そうなのですが、それにこだわりすぎちゃうと、
    失敗した人の家に嫌がらせの電話・・・なんてことになるのかなと、
    そんなことを思いました。
    人を幸せにする努力、いいですね。
    あーたさん / 2009/05/20(Wed) /
    明るいのが一番
    > あーたさん
    がんばりすぎちゃうと、つらくなっちゃいますもの。
    たのしくがんばる。
    その程度のがんばりで、なんとかなるように考えてあげるのが大人の仕事…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/20(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    つながる人生「Life's for sharing」 HOME ヤッターマンに世界で一番有名な人
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]