忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、ホテルのバフェ。昨日はちょっと食べ過ぎで、それで軽くと一皿朝食。



    お皿の隅っこにちょこんとご飯。周りにおかず。
    パリッと焼けたソーセージがおいしそうでそれを2本。パキッと皮が前歯で壊れる食感がとてもたのしく眼が覚める。
    オーブン焼きしたブロッコリ。鳥の唐揚げ、ツナサラダ。
    カレー風味のスパゲティーサラダっていうのが思った以上においしくて、口に含んでモサモサムチムチ。スイートコーンをパラリと散らして、ケチャップぽとり。



    それぞれほんの一口分で、特にご飯は茶碗に入れれば底にペコンと貼りつく程度。
    けれどそれらをお皿に盛れば、違いがそれぞれ助け合い、決してさみしく見えてこないのがステキなところ。
    それぞれ味が混じり合い、最後はサラダご飯のようになっていくのも悪くない。コーンポタージュにお味噌汁。冷たい水をグビリと飲んで、体を潤し、朝を呼ぶ。
    それにしても今朝も中国からの旅行客が多くてニギヤカ。バフェ台の上にココでも貼り紙がある。「行列に割り込まないようにしましょう」だとか「残すほどはとらないように」とか、習慣の違いを感じてシンミリとなる。そんな朝。

    仕事の前にちょっとスタバに寄りませんか、と寄り道をする。ドライブスルーの郊外店。



    街中に作るスタバはお店の場所や形にあわせて設計をする。だから一軒一軒、形は違う。一方、郊外型のお店はどこもが同じ形。あぁ、チェーンストアだなぁ…、って思ってしまう。
    ただ並みのチェーンとは違うのが、そこが畑のど真ん中であれ中に入ると周辺環境を忘れさせてくれるムードがあるところ。
    しかもそのムードがニューヨーク的でもカリフォルニア的でもなく日本的ではもっと無く、あくまでスターバックス的。スターバックスは国境や文化を超えた存在になったんだなぁ…、ってぼんやり思う。



    朝の時間はさすがにのんびり。大きなホールにチラリ、パラリとお客様。
    だからでしょうか…、お店の人がお席に座ってお待ちください。商品が整いましたらお持ちしますからと。番号札をわたされるわけでなく、ぼんやりしてたらお店の人が一直線にボクらの方にやってきて、お待たせしました。

    いいなぁ…、スタバでサービスを受けるシアワセ。



    都心ではまず経験できない、こんなスタバが身近にあるってステキなコトって思ったりする。
    アイスドリップ用の豆が2種類あって、ライトローストを選ぶと小さなカップにダークローストをワンショット。飲み比べてみてはいかがとやってくる。
    ベーコンキッシュとオレンジスコーン。ホイップクリームをつけてもらってスコーン食べると、口の中の唾液が全部もっていかれる。
    唾液を動員しながらじっくり、口になじませ味わい食べる。ドリップコーヒー、ゴクリと飲んでさてさて仕事といたします。

    ところでコレ…、平衡感覚がすっかり狂ってしまう不思議な動画。



    坂の町サンフランシスコの地形を活かして、撮影したものなんですネ。たったそれだけ。なのになんだかオモシロイ。オモシロイです、オキニイリ。

    拍手[5回]

    PR
    渋谷でたのしく打ち合わせ。ゴキゲンな話ができるお店にしようと「ストリーマーコーヒーカンパニー」を選んで集まる。



    シンプルで必要なもの以外は何もない、なのに居心地のよい空間で、なによりそこを選んだ人と、その人たちに選ばれたコーヒーという飲み物がステキに見える不思議な場所。
    アップルストアの知的な感じに、クロムハーツのヤンチャな気分がほどよき具合で混じり合ってる…、そんなお店で、ボクは好き。
    そういえば、Apple Watchのクロムハーツモデルとかってあると買っちゃいそうだなぁ…、って思ったりする。作ろうか(笑)。



    自分ひとりにたのしく浸れるカウンター席。2人がたのしいベンチチェア。大テーブルといろんな使い勝手にあわせた席がある中の、一番リラックスできるソファ席もらって、ふんぞり返る。
    今日はベンチャー富豪のように考えようか…、と思ったりして足組むも、組めるほどには足が細くも長くもなくて、結局、普通に座ってぼんやり。
    ベンチャー富豪が無理ならば、心の富豪を目指すコトにする。



    それにしても、場所の悪い店。探してこないと初めての人にはたどり着けないような店にも、香港からの家族連れがくる。
    iPhone片手に、ココだ、ココだってやってきて、飲み物を注文したら写真を撮ってチョコチョコしてた。
    Facebookにアップしたのでありましょうか。
    今や消費者は国境超える。
    すごいなぁと感心すると同時に彼らが経験したかったのはここのおいしいコーヒーなのか。それともこの店に来たコト自体が経験なのか。



    家族3人がたのんだコーヒーそっちのけで、それぞれ持ってるタブレットやスマフォを弄っているのをみながら、ぼんやり思う。オモシロイけど、悩ましい。

    アイスラテをボクはもらった。
    ステンレスのマグにたっぷり。溶けるとサラサラ、口当たりのよい氷で冷えた冷たいラテは、冷たくされてもしっかりとした味わいで、香りに甘み、すっきりとした苦味も上等。
    つけてくれたストロー外してマグを手に持ち唇付ける。ハッとするほど冷たくて、手を濡らしてく水滴さえもがオゴチソウ。頭がキリッと冴えわたる。


    関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅渋谷駅表参道駅



    仕事を終えて家に帰る途中で晩ご飯。ゴリラ食堂にやってくる。



    開業した時には苦労してた。飲食店がありそうもないビルの2階で、しかもちょっと独特な、ウルトラQな感じのロゴだったから。
    それでも徐々にお客様がついてきて、今では結構にぎにぎしい。今日も他に4組ほどのお客様。定食食べてチャッチャとお腹を満たす人やら、お酒を飲んでぼんやりする人。いろんな使い勝手があるからたのしいのでしょう。



    ハワイ風のマグロの漬けとアボカドを、ご飯に乗っけたポキをつまみに焼酎を飲みデミグラスソースをかけたとんかつ食べて、今日一日の疲れを癒やす。
    とんかつの横についてたらナポリタンが、油まみれでやわらかくケチャップだけの味付けなのにニッコリしながら、メインを待った。
    タイ米使ったジャンバラヤ。生から焚き上げチョリソにチキンにサラダ野菜と具だくさん。スパイシーでガツン!と辛味もたのしくて、明日の元気をもらいます。


    関連ランキング:欧風料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[3回]

    時計を見たら次の仕事まで20分。スタバでつぶす。



    新宿三丁目にあるスターバックス。今では新宿界隈に何軒ものスタバがあって、中にはブラックエプロンなんて日本でひとつの大型スタバもあったりする。
    でもこの店は新宿スタバのはじまりの店。
    新宿の街の外れに近い場所。なんでこんな場所に作るんだろうって思いながらも新宿御苑の緑を感じる、今となってはスタバらしい場所のひとつに思えたりする。



    客席が満席になってしまうことはない。どこかに空いた椅子がある。
    けれどガラガラになることもなく、誰かが帰ると次の誰かがやってきてほどよく賑やかな状態が、一日ずっと続いてる。
    コーヒーをたのしむ店としてはとてもよい状態で、それもこういう場所だからでしょう…、オモシロイ。
    アイスドリップをショートでもらって、そこにヘーゼルナッツシロップくわえる。ワンプッシュでいいですか?って聞かれたから、ツーショットにして下さいってお願いをして、甘くて香り豊かなアイスドリップで気持ちを明るく整える。


    関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅



    夜にひさびさ、サイゼリヤ。



    一時期、スゴく人気があって来る度、ほとんど満席だった。けれど最近、ちょっとづつ人気にかげりが出ているような。
    とは言えいつも5組、7組はお客様がいて、ガラガラっていうワケじゃない。
    今日もそこそこ。とは言え2人、1人のお客様が多くてちょっと静かな感じ。メニューはグランドメニューだけ。季節メニューが無いというのもちょっとさみしい。
    トマトソースとパンチェッタを使ったスパゲティーが今日のメイン。



    いつものここのオキニイリ。エビのサラダを選んでたのむ。
    ドリンクバーに立ち上がり炭酸水をグラスに注いでる、あっという間にサラダがテーブルに届いてた。
    ちょっと少なくなっちゃいましたか。
    エビの量は多分そのまま。レタスが減って、ちょっとぺしゃんこ。野菜の価格が高くなってしまっているから一時的なコトだとなんとか思いたし。
    ムチュムチュ茹でたエビの食感が思う存分たのしめる…、と思えばいいかも。



    それからムール貝のガーリック焼き。これははじめてたのんだ料理。
    赤白、ムール貝を二個ずつ。上にエスカルゴバター風の調味料をのせてオーブンの中でこんがり。プックラとした貝の食感、なかなか旨い。
    それにしても、ココの商品。
    メニューにのった写真と比較的、変わらぬ状態でやってくる。メニュー写真とかけ離れたさみしい料理がでて当然な、チェーンストアには珍しいコト。



    セロリとキュウリのピクルスをカリカリ食べつつ、ちょっと感心。
    あらびきソーセージのグリルに至っては、撮ってる方がビックリするほど上等料理に写ってくれる。
    味もしっかりしてるんですけど、見た目もしっかりしているところがいい感じ。
    最近、ココで一番のオキニイリなのが鳥手羽揚げで、シットリしてて骨からホロッとキレイに撮れる。
    二枚重ねでやってくる、お皿のひとつは骨入れで、こういう合理的なるところがココにはあってる。オモシロイ。

    拍手[7回]

    再び移動で新大阪から新幹線に乗る。…、と、その前にスタバで買い物。



    新幹線用のエキナカ施設の中のスタバは、とても気持ちいいオキニイリ。
    まず、テキパキしてる。
    旅の途中を急ぐ旅人の気持ちがわかった気配りがあるんですネ。例えば「新幹線のお時間は大丈夫ですか?」なんて聞いてくる。
    急ぐ人にはドリップコーヒーのようなものを薦めてくれるし、仕事も確実。スピーディー。にもかかわらず作業が雑になることはなく、手際のよさがよきサービスになっている。だから安心して立ち寄ることができるのです。



    実は昨日。スタバでラザニア食べた日記を書いたらそこで、バナナベーコンのサンドイッチの話題になった。
    興味はあるけどまだ遭遇できていない商品で、あるかなぁ…、と思ってみたらなんとあります。買ってみた。
    バナナにパンにピーナッツ。はちみつだとかとそこだけみれば、ボクが大好きなピーナツバターのサンドイッチ、バナナ入りってアメリカ的なるよくあるレシピ。
    ところがそこにベーコンが入るというのがチャレンジングでオモシロイ。



    味はというと、これが結構、おいしく感じる。
    第一印象はバナナの味のサンドイッチで、砕けたピーナツがコツコツ奥歯を叩く食感が心地よい。バナナパンケーキを食べてるみたいな心地よさ。
    ところがそのうち塩味感じる。
    それがベーコン。なおも噛んでると、脂のコクがジワリと滲んで、バナナの甘みを引き立てる。バナナ独特の青臭さが脂の香りでおさまって、嫌いじゃないなぁ…、オモシロイ。
    ただ、ベーコンの脂をひやりと冷たく感じる。その瞬間に、体に悪いものを食べてるって罪悪感を思い出す。もしかしたらトーストしたらおいしいのかなぁって思いもします。オキニイリ。

    まぁ、そもそもベーコンとバナナとピーナツバターをパンで挟んで焼くサンドイッチはエルビス・プレスリーの大好物。デブまっしぐらの禁断レシピではあるのだけれど、それを超える、こんな料理がありました!



    ベーコンでバナナをくるんでオーブンで焼くだけという簡単さ。ベーコンの脂で自ら揚がったように仕上がっていく。
    サクサクしてて、ジュワッとしてて、トロリでもあり甘くてしょっぱく香ばしくもあるんでしょうなぁ…、作ってみようか。どうしよう(笑)。

    そして今日の目的地。岐阜羽島の駅に到着し愛西という街に向かって車を飛ばす。



    水がたっぷり蓄えられたレンコン畑を眺めつつ、やってきたのは「かつ郎」という店。とんかつがおいしい店で、開店したけどなかなかブレークしてくれない。
    前面道路がトラックなんかの商用車がぶんぶん走る道だったりする。
    その周辺は田んぼや畑で、近所に人が住んでいなかったりする立地。けれど徐々におなじみさんが増えてきていて、人気をいかに拡散しようか…、ってそんな課題と一緒に来ます。
    明るく清潔な居心地の良い空間で、さぁ、試食。



    一番売れてる人気商品、「味噌わらじカツ」っていうのたのむ。
    豚ロース肉を叩いて薄く伸ばしたモノに、パン粉をつけてこんがり揚げる。せっかくサクサク揚がったカツに、味噌だれタップリかけて味わう。中京地方に独特のスタイル。
    パン粉はシットリしているのに、不思議なコトに揚がったばかりのサクサク感の名残があって、口にパラリと衣が散らかる。
    千切りキャベツもタップリ山盛り。ボリューム感もしっかりあって、おいしいのになぁ…、モッタイナイ。



    大エビフライをたのんでみると、ドッシリ大きなエビが二尾。カラッと揚がってほどよくおいしい。もっとブリンとエビらしい食感あればもっといいのにと、これはひとつ課題ができる。
    おいしいご飯に、野菜タップリの豚汁に、お腹いっぱいになるのたのしい料理はキチンと揃ってて、もしかしたら、お腹いっぱい以外の何かをお客様は求めているのかもしれないネ…、って、また来ましょうと思う今日。

    拍手[3回]

    徳島につき、仕事で試食。最近、リニューアルしたばかりのお店。



    「与作」って名前の昔ながらのうどん屋さんを、店名、メニューも変えて新たにスタートした。
    お店の名前は「塩ごころ」。塩にまでこだわりおいしいうどんを作ろうと、素材ひとつひとつを見なおして体にやさしく安心して、お腹をいっぱいにしていただけるレストランにしていこうという決意を名前にしたのだという。
    しかもお店のあり方を考え、メニューやサービスの仕組みを作ったのが女性スタッフ。さて、どんなメニューになっているんだろう…、って見るとなんとも不思議なメニューを発見します。



    「超満腹セット」っていうのがあって、これがスゴイ組み合わせ。
    かつ丼、鶏の唐揚げ、肉うどんという、どの食器にも必ず肉がのっかっている。しかもそれが「豚・鶏・牛」と、まさにウレシイ肉祭り。
    スゴいカロリーだろうね…、っていうと、これでも足りないってかつ丼のご飯大盛り、うどんも大盛りってお客様がいらっしゃるんです。今一番人気のメニューなんだという話。



    女性なのに、なんでこんな男ぶりのいいメニューを考えることができるの?って聞いたら、もりもり料理を食べてくれる男の人ってステキですもん。ステキな男性を応援しようと思ってこんなサービス精神旺盛商品になっちゃいました…、って。
    なんたるステキ…、ボクへの応援メッセージ(笑)。
    讃岐うどんと違ってスルンとなめらか。出汁の香りも重厚で、甘辛味の牛肉に負けぬおいしさ。甘めのタレのかつ丼もどれもおいしく、満足す。


    関連ランキング:うどん | 板野駅



    仕事を終えて、次の移動の前にスタバに寄った。



    JRの駅ビルの中にある店で、高い天井、すわり心地のよい椅子に笑顔のスタッフが気持ちを明るくしてくれる。
    好きなスタバのひとつで徳島に来る度、ぼんやり時間を過ごす。
    今日は夕方。ビックリしたのがお客様の半分ほどが高校生という景色。考えてみれば東京のように頻繁に電車がこない。だから待ち時間をこうしてスタバで過ごすのでしょう。
    うらやましいなぁ…、こんなステキな時間つぶしができる青春。うらやましい。



    アイスドリップをショートサイズで、ついでにヘイゼルナッツシロップ入れてもらった。私もヘーゼルナッツシロップ大好きなんです…、って褒めてもらってにんまりします。
    一緒に、ラザニア。
    スタバのフードメニューが変わってずっと食べたかったんだけど、あいにく見つけることができずに今日やっと。
    紙のお皿に入ってて、表面カリッとこんがり焼けて、香りもおいしい。



    ナイフでサクッと切ると見事な断面。
    層なすラザニアシートはムチッとなんともなまめかしくて、シートの中にタップリ充填されたラグーもつややか。チーズがタップリとろけてすべてをまとめあげ、口の中が肉の旨みに満たされる。
    案外本格的な味。
    イタリアの高速道路をドライブし、サービスエリアにあるセルフサービスのバールで食べるラザニアみたいな感じがなんだかなつかしい。

    ちなみに、こんなゴキゲンなラザニア作りの動画を発見。



    おいしい料理の基本はやっぱりバターなんだなぁ…、って思いながらみはじめると目が離せなくなり、自分でも作ってみたくてうずうずしてくる。
    それにしてもゴキゲンなシェフ。
    パーフェクトでファンタスティックなラグーを使って、グレートなパルメザンチーズで風味をつけて、ハーレルーヤ!と、なんともニギヤカ。
    なにより、ピザも焼けそうな窯がある庭ってなんてうらやましい。豊かな生活ってこういう生活かもしれません。ガンバロウ。

    拍手[2回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]