忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    サルバトーレで座った席がポールバセットのキッチンの前。それで食後にポールバセットのジェラート、コーヒー。
    いつもの見知ったスタッフと目と目があって、それでそのまま帰るのが勿体無くてそれでコレ。



    ダブルショットのエスプレッソに好みの量だけミルクを注ぐコルタドを、ミルク少な目。ビターな味をスキッとたのしむ。
    ミルクとイチゴのジェラートに、タタンって名前のリンゴのジェラート。キャラメル風味で作ってるっていうので食べたら、まさにタルトタタンの味わい。
    カラメライズした砂糖の香り。軽い苦味にリンゴの酸味。シナモンの切ない香りが気持ちを軽くたかぶらせるような華やかな味。



    コルタドゴクリと味わって、お腹に軽く蓋をする。
    表にでると今日もLOVEがやさしく、凛々しくいつもの場所にいらっしゃる。そのLOVEのVとEの隙間に入ってニコニコしてるおかぁさんと小さな子供。
    いいなぁ…、ボクもいつかやってみようと思ったりする。
    見上げてみれば木々の細かな枝がビッシリ。空をひっかくように見えたりもする。そろそろ春が来てほしい。


    関連ランキング:カフェ | 西新宿駅新宿西口駅都庁前駅



    そして夜。家で料理を作って食べる。
    最近、外食よりも家で料理を作って食べることがたのしかったりするのです。生活を充実させたいって気持ちが多分、料理をつくるたのしさに向かっているような感じがするのネ。
    仕事柄、外食することをやめちゃいけない…、だからこそ、家にいるときは家で料理を作っていたいってことかもしれない。今日もお料理。



    とはいえチャチャッと簡単に。
    色とりどりのトマトを買って、それと一緒にシェーブルチーズ。
    ヤギのお乳で作ったチーズで、ひとかけ口に含んだだけで、口いっぱいにやさしい酸味と牧草みたいな香りと乳の旨みが広がる。
    軽い渋みにピリピリするような舌に刺激がやってきて、それが消えるとこってりとした旨みがずっと残ってくれる。
    トマトも色が異なると甘さ、酸味に香りが異なる。偉大なるかな自然の力。



    さやのまんまでそら豆焼いて、ハフハフ食べる。調味料もいらないおいしさにうっとりします。
    それからドイツ仕立ての白ソーセージ。
    芯まで茹でて、それを油をひいたフライパンで表面、こんがり焦げるまで焼いて切り分けパクリと食べる。
    カレー粉をちょっとつけると、上品な豚の旨みがひきたち旨い。プチュンと歯切れて口の中でフワリと弾ける。白いワインが旨いこと。



    その白ワインを少々拝借。
    砂出しをしたアサリをストゥブ鍋に敷き詰め、上に帆立の貝柱。殻付きエビを乗っけてワインをふりかけて、オレガノつっこみあっためる。
    貝の塩味ですべての味が整うシアワセ。
    エビの甘さに、帆立の旨み。チャリンチャリンと貝殻をお皿の端に積み上げて、みるみるうちに鍋は空っぽ。

    底に残ったおいしいジュースを、お湯でうすめてだし汁として、それでリゾット。



    生米が浸るくらいにスープをかけて、弱火でフツフツ。焦げ付かぬようにしゃもじでかきまぜながら、スープを米が吸い込めば再びスープをかけてフツフツ。
    15分ほど火を通し、帆立を入れてまたフツフツと。
    オリーブオイルとパルミジャーノをたっぷりかけて、お皿に移して出来上がり。
    たった一握りのお米がこんなにおいしいリゾットになっちゃうシアワセ。貝の旨みとチーズの風味で、舌やきながらもあっという間にお腹に収まる。
    お風呂に入って、今日も寝る。

    ところでLOVEといえば、ラスベガスのミラージュホテルで上演されてるシルクドゥソレイユのショーが気になる。



    あぁ、見に行きたいなぁ…、これも含めてシルクドゥソレイユのショー総なめのラスベガス旅。カジノに無縁のバケーションをしたいと思う。猛烈に!

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    マフィントップ HOME サルバトーレのバフェの昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]