忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を軽くドトールでとる。

    55485b49.jpegヨーグルンとミラノサンド。

    ずっとココではホットドッグばかりを食べていたけれど、お腹にドッシリくる量じゃない。
    それで今日はサンドイッチ。
    季節のアジアンサンドイッチもいいかなぁ…、と思いはしたけど、定番のコレ。
    生ハム。
    ボンレスハムにボローニャソーセージ。
    それからレタスと、とてもシンプル。
    ソースやドレッシングも控え目で、中の具材の味でグイグイ食べさせる。
    トーストをしたソフトバゲットの顎においしい食感と、ムッチリとしたハム、ソーセージの深い味わい。
    噛みしめるとジンワリうま味が広がっていく、食べて飽きない素直なおいしさ。
    ドッシリとしたハムの存在感を担当するのはロースハム。
    風味と香りはボローニャで、ネットリとした歯にまとわりつく食感を生ハムくんが担当してる。
    ハムそれぞれが自分の役割をしっかり果たし、とてもゴージャスな味にしている。
    なかなかのモノ。
    バスケットにこれを入れ、小さなリンゴとスプマンテ。
    チーズがひとかけ入っていれば、TGVのランチボックスになりそうな、そんな様相。
    どこにでもある日本のココの、定番料理が実はとってもヨーロッパ的というたのしさ、おもしろさ。

    afbcf62d.jpeg先日飲んで、たちまちオキニイリになったヨーグルン。
    2つ用意されてるフレーバーの、まだ飲んでいないマンゴーパッションを飲みたくて、それが実はお昼をここにした理由。

    ヨーグルトの真っ白にオレンジがかった黄色が混じる。
    こっちの方がみため爽やか。
    ミックスベリーのキュートさにはかなわないけどみているだけで口がスキッとしてくる感じ。
    おいしい飲み方って言うのを今日は教えてくれる。
    この商品をてわたしながら、最初はそのまま混ぜずに飲むとヨーグルトのサッパリとした風味がおいしい。
    途中でよぉく混ぜてやると、フルーティーでまろやかになるんですよ…、って。
    なるほど、なるほど。
    そうして試すと、たしかに最初はシャリッと冷たいカルピス氷のような味わい。
    甘みはかなり控え目で、スキッとサッパリ。
    パッションマンゴーシロップを混ぜて飲んだら、パッションフルーツの酸味がシャキッとなんとも爽やか。

    79849e30.jpeg香り豊かなマンゴーソースが、後から口にひろがって鼻から抜ける。
    ミックスベリーのヨーグルンはかき氷っぽさを強く感じる。
    けれどこちらはシャーベットっぽいハイカラっぽさがより濃厚。
    ボクはこっちの方が好きかな…、両方混ぜたらどんな味がするんだろう。
    チェブラーシカのシールをもらって、かなりゴキゲン。

    それにしてもココ。
    お昼はかなり混雑しててカウンター前に行列できる。
    小さなキッチンはてんやわんやの大忙し。
    なのにサンドイッチができあがる、そのタイミングでヨーグルンをつくってくれる。
    フード担当とドリンク担当のスタッフさんの、あうんの呼吸でできあがってくちょっとステキなおもてなし。
    当たり前のコトなんだけど、最近、なかなか出会わぬステキ。
    ニッコリ味わう、さて、仕事。

    ところで…。

    c02a73bf.jpegマンゴーつながりというコトでこの画像。
    実は昨日、銀座のピエールマルコリーニで、一緒に行った人と分け合ったパフェであります。
    季節限定。
    マンゴーとココナツの涼しいパフェで、これもなかなか爽やかだった。

    グラスの下にはフレッシュマンゴー。
    一口大のサイコロ状に切り分けられた、甘くてムニュンとしたマンゴーをコロコロ3切れ。
    ココナツミルクで作ったプリンをその上に。
    マンゴーのピュレ。
    ココナツアイスクリームをギッシリ詰めて、一番上にはココナツ風味のソルベをのっける。
    スライスココナツ。
    味をほとんど持たぬシャンテリークリームに、カカオムースを飾ってそこに、ココナツビスケットをちょこんとのせる。
    ここの名物のチョコレートパフェのドッシリとした味と真逆の、サッパリとした夏のゴチソウ。
    カリカリとしたココナッツ。
    ムッチリとしたマンゴームースや、プニュンと口で弾けて逃げるココナツプリン。
    いろんな食感がにぎやかで、食べてて飽きないところがたのしい。
    他にもライムのエクレアや、冷たくひやしたスプーンですくって飲むカカオスープと夏のしのぎにピッタリのあれやこれやが揃ってた。
    あれも食べたい、これも食べたい。
    赤坂虎屋のあんず氷も食べなくちゃ…、ってお腹が休む暇もなし(笑)。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    チェブラーシカ♪
    ヨーグルン、近いうちに飲みに行こうかと思っていましたが、チェブラーシカグッズが貰えるのであれば、明日にでも行かなくては。(笑)
    lovekuma69さん / 2010/07/29(Thu) /
    かわゆいです
    > lovekuma69さん
    乙女心をかなりくすぐってくれるかわいらしいグッズ。
    ドトールもやるのぉ…、って感じです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/30(Fri) /
    フランスの夏
    どもです。ドトールのハムたっぷりサンドウイッチにチーズが入ると、見事な「シャンボンフロマージュ」になりそうですねー。
    昨年の夏、フランスでのドライブで途中に立ち寄った屋台のサンドウイッチが大きくて、でも美味しくて!
    そのサンドウイッチには、好みの量のフレンチフライを入れられるということで、相当なボリュームのモノが出来上がるのです。
    私はソーセージとフレンチフライ、複数の同行者はステーキ・アンド・フリッツのサンドを頼んでいたのもいました。
    皆で炎天下の中、スルスルとおなかにおさまったのを思い出しました。
    美味しいものは、暑くても食べられるものなんですね。珍しさもあったのかも知れないのですが。
    CIANさん / 2010/07/30(Fri) /
    ステックンフリッツ
    > CIANさん
    フランスのサンドイッチのおいしさ。
    パンもおいしいし、中に挟む肉の加工品のおいしさで、とてもシンプルなのに驚くほどの美味ですよね。
    ステックンフリッツのサンドイッチ。
    あぁ、食べたい。
    顎がたのしい大人のゴチソウ。
    日本のカフェでなんで売ってくれないんだろう…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/30(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    青唐辛子と団扇のもてなし、夏ラーメン HOME 廻るおかずとうず潮の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]