忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、電車にのって神保町。
    グランのメンチカツにしようか、それとも長い間いってなかったキッチン南海にしようか電車の中でズッと迷った。
    時間は1時を遥かに過ぎた。
    そうだ、この時間ならキッチン南海で単品料理をたのんで食べることができる…、ってそう思い出しそれで南海。

    単品カレーに単品チキンフライを一緒にたのんで昼、といたします。

    nankai.jpgドシンとした辛味タップリの黒カレー。
    サラサラしてて、脂をあまり含んでない分、お腹に負担が少ないのだけど辛さは真剣。
    ひいひいするほど舌に辛い。
    カイエンペパー系の辛味がメイン。
    そこに胡椒の甘味を帯びたうねるような辛味が混じって、口中火を噴く。
    そんな味わい。
    ご飯熱々、カレー熱々でホット(辛い)な上にホット(熱い)でもある。
    食べ続けるとどんどん汗が噴き出してくる。
    細かなパン粉をギッシリつけて、カリッと揚がったチキンフライ。
    身はふんわかで、揚げているのにとてもやさしい味わいで、だからタップリ、量を食べれる。
    千切りキャベツで油と辛味を拭いつつ、ハフハフ食べて、腹満たす。

    それにしてもこのお店。
    1時を過ぎてもずっとウェイティングの行列続く。
    その行列をとても冷静にさばいて次々、サービスしていくクールなサービス担当のオネェさん。
    今日も健在。
    厨房の中は髭の暑苦しいオトコ世界。
    お客様もほとんどおっさん、兄さんたちでそんな野郎世界をひとりで仕切るオンナ力にウットリします。
    ごちそうさん。

    食後のお茶を近所のお店。

    23f4dc6d.jpegさぼうるにてコーヒーを飲む。
    東京の喫茶店のコーヒー価格はどんどん高くなっていく。
    今、一番多い値段は400円から550円じゃないかなぁ…。
    カフェって名前がついたりすると、一挙に600円オーバーになってしまうのが当たり前。
    ここのコーヒー。
    未だに350円。
    毎日飲んでもおしくない、多分、コーヒー一杯の値段はせいぜい300円台じゃないと駄目、ってやっぱり思う。
    スタバのコーヒーもかろうじて、300円台で頑張ってるし。
    熱々カップ。
    ちょっと小振りで、ハンドルのとこに指を軽くひっかけてスイっと自然に持ち上がる、程よき重さが喫茶店的。
    酸味を帯びたコーヒーの味も、昔なつかし昭和風。
    朝、ここに来てこれをたのむと、ピーナツが付く。
    それをカリカリ齧りつつ、コーヒーすすって新聞を読む。
    そうした大人な朝の境地になかなかたどりつけない、ボクはまだまだ子供というコト。

    sabouru.jpg壁一杯に落書きがある。
    近所の学生。
    あるいは出版社の編集者のひとたちなのかなぁ…。
    落書きの言葉使いや内容が下品でないのがステキなところ。
    誰かが規制をしたわけじゃない。
    ルールがどこかに貼り出されてたりするわけでもなく、ただただここのお店の空気。
    キッチリとした商品作りや、ピシっとどこかに緊張感をただよわせる、といってかたくるしくはない働く人の息づかい。
    それらが自然とお客様に伝わって、ごきげんな内容の落書きばかりを書かせるんでしょう。
    例えばネットの世界もそう。
    このブログにもいつもたのしくステキなコメントいただいて、ありがたいなぁ…、っていつも感謝するばかり。
    ボクも背筋をびしっとのばしてがんばりましょう、ご機嫌に。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    生まれ来るモノ、なつかしむコト HOME 冬の朝です、オペラの日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]