忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画と映画の間に昼食。
    当然、渋谷。
    「鳥竹総本店」なる店にてガッツリと。

    tori.jpg渋谷の街にビットヴァレーなんて恥ずかしい名前がついて、IT系のベンチャー企業を治める箱として出来上がったマークシティーなる超高層ビル。
    中身のほとんどはダイヤルQ2あがりのちょっと怪しい会社でだから、かつのキラキラはもう遠の昔になっちゃった。
    そのバブルな景色を笑うように見上げながら、ずっとここでこうして煙を吐き出し続けた焼き鳥屋さん。
    ここだけまるで、新橋です。
    それも汐留のおバカなビル群を笑い飛ばす余裕と元気をもった新橋。
    もうそれだけでウルッときちゃう。

    焼き鳥丼をたのんで食べます。

    42871c25.jpegタップリのご飯。
    その熱々に焼き鳥2本と、レバーを1本。
    串にささった鳥にレバーの一個一個がかなり大振り。
    さすが、煙がボウボウ、お店の外まで流れ出してきてしまうのもわかるかな…、的、見事に焦げた焼き鳥の顔。
    鳥の脂と醤油のタレがツヤツヤとしたカラメル状になってすべてを覆って焼けた、外はカリッと中フックラと。
    鰻の蒲焼にしても焼き鳥にしても、この香ばしさがなくちゃまるで意味がない。
    鳥とタレ、そしてご飯が口の中にてひとつになって、ああ、おいしい。
    丼、手に持ち、口、近づけてワシワシ食べます。
    丼飯をかきこむ醍醐味。
    手にズッシリで、お腹にドッシリ、ご馳走です。

    それにしてもレバー。
    お店によっては「血肝」と呼ぶ、まさに血を食べるような食材で、だから鮮度が命となります。
    ここのコレ。
    プリッと前歯ではじける歯ごたえ見事で、味わい濃厚。
    たとえばブータンノワールなんて、豚の血を混ぜて作ったソーセージも独特のコクと風味を味わう食材。
    鳥のさまざまの器官の中でこれほど旨みの詰まった部分は他になし。
    命を食べる…、そんなおいしさ、ありがたさ。

    一緒にから揚げ。

    33f851e2.jpeg焼き鳥屋さんらしく、骨付きの肉。
    手羽やモモに胸肉といろんなパーツを取り合わせ、衣をつけてザックリ揚げる。
    鳥の持ち味をたのしんで…、という配慮でしょうか。
    下味付けは最小限で、塩をパラッとかけて食べると口いっぱいに脂が広がる。
    皮と身の間に鳥が必死に蓄えた脂がジュワッと滲み出し、骨にはタップリ、ゼラチン質がこびりついてる。
    それをチュバチュバしながら食べる。
    指を舐めまわすほどのおいしさ…、ってのは別にケンタッキーフライドチキンの専売特許じゃないのよね…、って。

    ああ、それにしてもから揚げという食べ物。
    なんと人を幸せにする食べ物なんだろう…。
    噛みしめると同時に滲み出してくる肉の旨みと脂の甘み。
    揚がった衣が発する香り。
    ハフハフしないとやけどしてしまいそうになるほどの容赦ない温度感。
    何より、一口でパクッといくにはちょっと大きく、でもできることなら肉汁残さず一度に征服したくなる、この独特の形状がよい。

    お腹いっぱい。
    洋服につく煙の香りもまたご馳走。


    昼食の後、2本目の映画の入場時間までを喫茶店にてゆったり、つぶす。

    カフェ人間関係

    ningenkankei.jpg渋谷って、ファストフードのお店を探すには苦労しない。
    なにしろファストフードのテストマーケティングの場所としてこれほど優れた街はない…、って言われるほどで、けれど喫茶店を探そうとすると、これがちょっと難儀する。
    カフェはある。
    けれど、普通に気取らずただただお茶を飲める場所。
    あるいは時間つぶしや、待ち合わせのために使えてしかも週末でさえ待たずにお茶にありつける、椅子とテーブルがタップリ置いてある大型店ってなかなかない。
    そんな渋谷にあって、ここ。
    かなり重宝。
    入り口はちっちゃいけれど、奥へ奥へとお店は続き全部で120席以上もあって、席にあぶれることがまずない。
    貴重です。

    正式名称は「Cafe de 人間関係 COPAIN」。
    渋谷にあって、スペイン坂。
    スペイン坂にあって、なのにロンドンパブ風の重厚な店。

    9f9cab6f.jpegお店に入るとフランス菓子と英国風のお茶菓子がならぶカウンターがあり、フランス的なるカフェオレがセルフサービスにてたのしめる。

    インターナショナル。
    グローバル。
    あるいはこれこそ渋谷的なる似非カルチャー?
    まぁ、そんな質面倒くさいことなんかどうでもよくなる居心地のよさと、コストパフォーマンス。
    なにより渋谷らしからぬ落ち着いた普通な客層。
    「カフェ人間関係」って微妙な名前が多分、結界をはってるんでしょう。
    ニッコリします。

    100円という驚愕プライスのスコーンにカフェオレ。

    ee8e44bc.jpegボロッと崩れる、もっさりとした小麦粉の生地。
    バターの香り。
    英国的ならまるでラードのような動物の脂の匂いがするところ、これはホワンとバターの風味とバニラの香り。
    ホイップクリームをたっぷり添えて、口にひとかけ放り込む。
    モサッと唾液をスコーンの生地が奪い取る。
    次から次へと口の中の水分が、スコーンの生地に混ざりあい舌にズッシリ重たいトロミができる。
    カフェオレ飲んで、流し込む。

    昭和な渋谷もまたたのし。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    このカフェ、店名が結界。
    すごい笑っちゃいました!
    私もその結界をまたげなかった一人です。

    スペイン坂という立地と店名と。不思議な店でした。
    が、今度行ってみますね!サカキさんの行かれるところはどこも安心。
    こぱん。さん / 2009/05/07(Thu) /
    結界が決壊せぬように…。
    > こぱん。さん
    ボクも長らくこの結界を破ることができませんでした。
    でもいいお店です。
    なにより働いている人が気持ちよくって、値段もとても値ごろで安心。
    スコーンも5種類ほどそろっていて、ボクが食べたエスプレッソスコーンはほろ苦さがとてもおいしい大人味でした。
    この快適な結界がくれぐれも決壊せぬように…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/07(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    冷やし中華なり! HOME ホラー映画にラブコメディ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]