忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「なにわ串揚げや・月光」にて夜。

    gekko.jpg2ヶ月ほど前、近所に住んでる人に教えてもらってから、ちょっとたちまちオキニイリ。
    新宿御苑の駅近く。
    まばらではある。
    けれども個性的なお店が群がっている小さな商店街のようになっている場所のビル。
    小さな雑居ビルの地下。
    小さなお店で、けれど表に出してる看板が大きく目立つ(笑)。
    目立つといってもギラギラしているわけじゃない。
    赤いちょうちん。
    青い看板。
    串揚げだったり、浪花だったり、言いたいことをしっかり伝える賑々しくてしかも伝わる看板が目に飛び込んでくる。
    いい感じ。

    震災以降街は真っ暗。
    やっているのかやってないのかわからぬお店が多い中、こうして自然に主張ができてしかもそんなに大げさじゃない。
    アピール上手なお店かどうかが、これからますます大切になる。
    いい場所で、大きなお店で照明バンバン使ってお店をアピールしていた、大手チェーンの方が今まで地道な工夫をしてなかった分、大変かもネって思ったりする。

    7981d76f.jpeg今日は混んでいるかしら…。
    そう思いつつ、階段降りていくにつれお店の方から大きな声や笑い声が聞こえてきます。
    ドアをあけるとほぼ満席。
    荷物置場のような小さなテーブルを、一個もらってそこに体を押し込める。
    サラリーマンがギッシリ、ミッチリ。
    早めの時間ではあったんだけど、サマータイム的仕事をしていた人たちの時計はちょっと前倒し。

    土曜日だけど、来月長期の休みがはじまる。
    その準備のため、しばらく週末返上で通常モードで働いているという人たちも結構多い。
    飲食店はそうしたニーズに対応しなくちゃ、いけないのでしょ。
    いろんな工夫が結構、必要。
    仕事帰りの人たちの、けれどほとんどの人がポロシャツ、あるいは半袖ノーネクタイ。
    長袖にネクタイしめてるのってオレたちだけかよ…、って前のカウンターに座っているおじさんたちも苦笑していた。

    486a0af0.jpeg串揚げもらう。
    おすすめのものを10本揚げてください。
    いわゆるお任せ。
    全部で50種類ほどあるネタの中で食べたいモノがありはしたけど、まずはおまかせというのがちょっと大人な感じ。

    やってきたのは、豚肉、鶏肉、タケノコ、タコにうずらの玉子。
    変わったとこでは紅しょうがなんかが入ってどれも不思議と好きなモノとか、食べたいモノとか。
    お店の人と気持ちがつながっているのでしょうか。
    それとも好みを覚えられたか…。
    なんてシアワセって思います。

    それにしてもココの串揚げはやっぱりおいしい。
    パン粉が軽い。
    揚がり具合もほどよく軽く、油切れがいいからいくら食べてもお腹にもたれない。
    特に野菜の揚げ方が的確、だからおいしく感じる。
    今日の10本の中で一番オキニイリだったのがジャガイモで、フックラとして中はスベスベ、シットリでもある。
    酸味強めのソースにひたし、食べるとハフっと咳き込むように蒸気と酸味が一度に口を満たして爆ぜる…、噛むとトロンとコロッケみたいになるのもゴチソウ。

    酒の肴をいくつかとって、それでテキパキ、飲みたのしんだ。

    a75ef15d.jpegニンニク丸揚げ。
    名前の通り皮付きニンニクをそのまま油で揚げてやる。
    とても簡単。
    けれどニンニク一個丸ごと浸かるくらいの油を必要とするので家では、あまり作りたくない料理。
    皮ごといれて、だから中がフックラと直接油に当たらずまるで蒸したように仕上がる。
    だからホクホク。
    一房指でつまんではずし、キュッと軽く押してやる。
    するとツルンと、まるで枝豆がさやから飛び出すように出てきてそれを口に含むとネットリ。
    ニンニク臭さはまるでなく、ムッチリとしたうま味とトロンと粘り気もって歯茎にからむごちそうになる。
    タップリかけた塩コショウ。
    ピリッと風味にアクセントがつき、次々食べては元気をもらう。

    ココのお店はあまりナマモノを扱わぬ店。
    ロスを出さずに、しかもあまり保存をしないでその日売り切りという商売…、だから刺身はほとんど無い。
    ところが今日。
    黒板メニューに漬けマグロっていうのがあって、思わずとった。
    醤油の中でやすませて、トロンとさせたまぐろの赤身。
    ムッチリとした食感と、生の魚の水気を醤油に手渡したネットリ力強い食感。
    刺身であって刺身ではない、まるで肉のカルパッチョみたいな肉感的な食感が好き。

    何か追加で注文しようかと思っていたら、お客様がやってくる。
    ボクらが出たら、彼らが入れる…、だからそうそう引き上げて、次のお店で〆をしようとすることになる、譲り合い。


    関連ランキング:串揚げ | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅



    そして来たのが「まいどおおきに食堂」の新宿一丁目食堂という店。
    セルフの食堂。
    大阪なんかじゃぁ結構多い、昔からある気軽な食堂スタイルをチェーン店として日本中に作った会社のその一軒。
    一時期、料理のクオリティーがかなり下がってうんざりしてた…、けれど最近、徐々に料理がまともになってそれでたまにのぞいてみます。

    b36b1552.jpeg今日は不思議と店がにぎやか。
    それも女性のグループ客が、わいわいしながら食事をしてる。
    いつもはオジサンたちがしんみり、一人でご飯を食べる店。
    何がどうして今日がこんなに忙しいのか、わらかないけど、にぎやかなのも味のひとつでございましょうと、それでニッコリ。
    目に付く料理をいくつかとってご飯と豚汁。
    夜の定食にして食べる。

    鯖の醤油煮。
    ボクの実家で鯖を煮る。
    それはイコール、味噌で煮付けるのがデフォルトで、だからこうした醤油で似た鯖は、お外ご飯ならでは、気持ちがあがる。
    甘辛醤油。
    生姜の香りがかなり聞いてて、鯖の風味を引き立てる。
    結構今日のは上出来で、ご飯のおかずにかなりピッタリ。
    それから高野豆腐の煮物。
    タマネギとグリーンピースをあしらって、玉子でとじたものでこれはちとなつかしい、母の自慢の家庭の料理。
    出汁がきいてて、しかも甘めの味付けでココの煮物は田舎の味に似ていてちょっとほんわかします。
    出汁をタップリ吸い込んだ、高野豆腐を舌にのっけてプチュっと上顎当ててやる。
    出汁がじんわりにじみだし、口が潤いゴキゲンになる…、明日は日曜、ユックリしましょう、おやすみです。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    日本はいいなあ・・・
    サカキさん、こんにちは。
    まいどおおきに食堂、実家の近くにあったのです。
    よく行っていました。かまどで炊いたごはんが美味しかったなあ。
    串揚、美味しそうですねー。
    カウンターのお父さんたちの姿を見て、日本がなつかしくなりました。
    同じ職場のお父さんたちと、一緒によく居酒屋に行っていたので・・・。
    アメリカじゃ、せいぜいランチを一緒に食べるぐらいしか、お付き合いってないですから・・・。

    暑い夏になるでしょうけれど、その分ビールが美味しいのかな。
    でも、体調にはお気を付けあそばせ・・・。
    よい日曜になりますように。
    ねえねえさん / 2011/07/03(Sun) /
    日本の夏
    > ねえねえさん
    今年の夏はいつも以上に、いろんな意味で暑くて厳しい夏になりそうです。
    けれど…。
    やっぱり日本の夏は開放的ですずやかで、気持ちが明るい夏でもある。
    ありがたいコトです。
    ねえねえさんも、お体ご自愛されてくださいね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/03(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    サンドイッチの日曜の朝 HOME 勇気こそが不滅の条件
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]