忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿御苑近くのラーメン店。
    「夕やけ」という店。

    yuyake.jpg都内で唯一、北海道の「上川ラーメン」を提供しているお店だ…、っていう。

    上川ラーメン
    知らなかったけど、彼の地には「ラーメン日本一の会」っていうのがあって、なんでも大雪山から湧き出るおいしい水を使った麺とスープが日本一のおいしさを作り出すから…、っていう自負を込めてのことらしい。
    たしかに麺にとっても、スープにとっても水はとても大切な存在で、水が変わるとすべてが変わる。
    さて、日本一譲りの味はいかがなものか、と食べにくる。

    ランチの売りのおもしろいところが、ラーメンのサイドにチャーハンじゃなく、ビーフシチューご飯がつく…、っていうところ。

    ff39cabe.jpegそれも片手間ビーフシチューじゃなく、見事にとっても本格的。
    牛肉、にんじん、ジャガイモと具材ゴロゴロ。
    ソースもなめらか、コクたっぷりでかなりの洋食屋さんで出てきても、十分納得しちゃう出来。
    ラーメンだけじゃ物足りない。
    何かサイドにご飯をつけるのに、たいていのところはチャーハンにする。
    それが一番自然だから。
    でもそれでいいか?っていうとおいしいチャーハンを作るということは、おいしいラーメンを作る以上の体力と手間を必要とする作業。
    かといって、白いご飯じゃさみしいし、チャーシュー丼なんかを作るところもあるけれど、それも一品としてのインパクトにはやっぱりかける。
    それをシチュー。
    仕込んでおけばご飯にかけるだけでいい。
    しかもご馳走感が十分あるし。

    賢いなぁ…、って思いながら、でも賢いだけじゃないってことに塩ラーメンを食べて気がつく。

    90b4da89.jpegここのラーメン。
    ほんとうに旨い。
    さっぱりとした塩スープですら、コッテリとしたコクがあり、しかもスッキリ、後味爽快。
    味に深みがあるというか、魚の旨みをたっぷり仕込んだスープベースが上出来で、でも不思議なほどに魚くささと無縁の風味。
    塩そのものの香りがする…、といいますか、ただ純粋な旨みを感じる。
    その強烈なインパクトに、多分、並みのチャーハンだったら負けるんでしょう。
    ビーフシチューがすごく合う。

    細い縮れ麺のシコシコとした歯ごたえたのしく、でもスープを邪魔せぬ控えめな味。
    スープの表面に油が点々と散っているのが、甘い風味をまた添えて、しかもずっとスープを冷まさぬよい工夫。

    味噌ラーメンもためしてみたけど、これも名品。

    0eb688a7.jpeg札幌風のコッテリとした味噌ラーメンじゃなく、スッキリとしてでも味噌の旨みと風味がキリッと際立っていて、かなりのできばえ。
    チャーシュー、メンマに煮卵という最小限の具材をつかって、なのにとっても奥行きがある。
    炒めた具材がみあたらないのに、厨房の中から何かを炒める音と油の匂いの煙がお店の中に流れ出してくる。
    出汁と味噌と油を多分、鍋で炒め合わせてスープにしている。
    だからおいしいのに違いない。

    開店と同時にキッチリ満席になる。
    しかもずっと満席状態が続いてる、絶望的な場所なのによくはやってる繁盛店。
    夜は居酒屋風に模様替えして、焼酎なんかもたのしめるという、
    なんだかひいきにしそうな感じ。


    ステキな天気に歌うたいつつ、四谷三丁目まで一駅歩き、フルーツパーラー「フクナガ」に来る。
    まもなくイチゴの時期が終わってしまいます…、っていうので「イチゴのクラッシュ」もらう。

    4b4062b1.jpegグラスの中にタップリいちご。
    しかも一粒一粒にナイフが丁寧に入ってて、ギザギザ、ボロボロになっている。
    つまり「クラッシュ」状態。
    砂糖もシロップもアイスクリームもくわえられず、グラスのトップに飾られたホイップクリームがあるばかり。
    一緒に食べると、あらあら不思議。
    子供の頃に洗ったイチゴに牛乳かけて、砂糖をタップリふりかけて、スプーンの背中でつぶしつつフルンと食べた、イチゴミルクにとっても似てる。
    それにしてもつぶれたイチゴのどの一粒を食べても見事におんなじ甘さ。
    おんなじ酸味。
    いちご選びの入念に、やっぱりプロの仕事だなぁ…、って感心をする。

    今月末にはチェリーのパフェがはじまる予定って、お店の人が教えてくれた。
    本格的に夏がはじまる予感なり。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    プロの仕事
    フクナガのパフェ、トッピングに使ってるイチゴと
    中にあるやつの種類変えたりとかしてて凄いですよね。
    酸味や甘味がそれぞれ違ってて、2度も3度も楽しめます。

    イチゴミルク、ウチでもやってました。
    砂糖が普通だったけど、たまの練乳も美味しかったなぁ。
    まりおさん / 2009/05/09(Sat) /
    素材勝負であるだけに。
    > まりおさん
    ごまかしのきかない素材勝負のすばらしさ。
    びっくりします。
    行く度に新しい発見があるお店って、ほんとうにすごいですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/09(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    なんでもない日のおごちそう HOME アイスクリームの日に思うコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]