忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さくら水産。
    どんな場所のお店に行っても、見事にサラリーマンでにぎわっている大衆的なることこの上ない居酒屋チェーン。
    だから定番料理がほとんどのメニューの中で、「えっ」と思う商品ひとつ。
    とってみれば、これであります。

    280ef7d1.jpeg生キウイハイ。

    生グレープフルーツや生レモンを自ら搾って仕上げるタイプの酎ハイは、居酒屋のもうすっかり定番になっちゃったけど、これ。
    まさかとは思ったけれど、本当に半分に切ったキウイがそのままやってくる。
    それを搾り器に押し付けて、搾るとクチュッと実がつぶれ種と一緒にジュースが出てくる。
    それをあらかじめキウイフレーバーの酎ハイに注いで混ぜて、それで飲む。
    かなりアヴァンギャルドな飲み物です。
    見た目、強烈。
    かなり青臭くって酸味と一緒にエグ味も残る、ちょっとおじさんには厳しいかなぁ…、ってちょっと思った。
    でも面白い。
    この延長戦上で、生みかんハイだとか、生デコポンハイだとか、いろんなバリエーションがあったりするといいかもしんない。
    パーティーメニューで「生バンペイユハイ」なんて、搾るという作業そのものがもうお祭り騒ぎになるんじゃないか…、ってそんなたのしいコト思う。

    さくら「水産」と名乗るだけあって、魚関係の料理が多い。

    2ee36398.jpegただ、刺身にこだわるのでなく魚を加工した料理が多い…、というのが安くたのしむための工夫なんでしょう。
    鯨カツ…、であったりたとえば、マグロのさいころステーキなんて料理があって、それぞれキチンとできている。
    マグロの赤身をそのまま焼くと、身が崩れたりしておいしくならない。
    そこでさいころ状に切った赤身にから揚げ粉をはたいてから焼く。
    だからカチッと身がひきしまり、しかもセロリやカレーっぽいエキゾチックな風味がくわわる。
    いい工夫。
    もやし炒めと一緒に丸い鉄板に乗る。
    もやし…、今、売れてるんだそうであります。
    安くておいしく、栄養タップリ。
    今の時流にぴったりなのに違いない。

    揚げ出し豆腐。

    cae44956.jpeg居酒屋に来るとなぜかたのんでしまう料理。
    不思議と家で作らない、作ったとしてもなかなか衣がしっかり馴染まず、やっぱりこれはお外で食べる料理だよね…、ってそう思う。
    逆に、居酒屋で冷奴を食べてる人をみると、勿体無いって思いもします。
    おもしろい。

    ゲソまでついたイカの刺身。
    皮ばかりじゃなく身までもガリガリになるまで揚げた、まるでチキンチップスみたいなから揚げなど食べて、ぼんやり1時間ほど、時間をたのしむ。

    ボクたちの横で一人でタバコくゆらせながら飲んでたおじさん。
    つまみはオニオンスライスだけ。
    瞬く間に、緑茶ハイをジョッキでゴクゴク、2杯飲む。
    しかもほんとに旨そうに。
    なにかこだわりがあるのでしょうか…、愉快になった。


    〆を歩いて、弁天庵。

    d64598ad.jpegさくら水産にも食べ勝手のいい〆ご飯が結構そろう。
    鮭のはらすを焼いた切り身がそのまま一緒に添えられたお茶漬けだとか、深川丼とか。
    えびフライカレーや、定食メニューまである。
    …、のだけれど、今日は〆を弁天庵の鍋焼きうどんにしてやろう…、ともう居酒屋に入る前から決めていた。

    お店に勇んで入って「鍋焼きうどん下さい」って言ったら、申し訳ありません。
    もう鍋焼きうどんの季節、終わっちゃいました…、って。
    うーん、悲しい。
    それで天ぷら蕎麦にする。

    4ca42992.jpeg熱々のかけ蕎麦と、揚げ立てのかき揚げ天ぷらが別々に盛られてやってくる。
    天ぷらの揚げ立てサクサク感がたのしめるよう。
    しかも、そのかき揚げを蕎麦にのせれば、汁を含んで衣がシットリ、出汁を吸い込みなめらかになる。
    いろんな食感、味わいをたのしむことができる食べ方。
    それにしても料理というモノ。
    ひとつのお盆や、ひとつのお皿にいろんな料理が一緒にのる。
    それらの料理を、お客様が口に運ぶそのタイミングから、逆算しながら計画的に手順を踏んで作っていかないと、すべてが出来たてにできてこない。
    それを易々こなしてしまう、そんなプロの手順にウットリします。
    ご機嫌です。


    ところでこれ。



    炭酸飲料が口の中ではじけるさまを、とてもよく表現していると思いませんか?
    スーパースローモンションで撮影された、水を入れた風船がはじける瞬間ばかりを集めた、このコマーシャル。
    ステキです。

    それにしてもこのコマーシャルを作ったシュウェップス。
    ここのトニックウォーターは本当においしかった。
    ビターソーダとか、レモンジンジャーとか、ちょっと癖のある大人味のソーダドリンクをたくさん作っていたのだけれど、最近、めっきり目にする機会が減りました。
    好きだったのになぁ…。
    ちょっと残念。
    もったいない。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    大人風味
    ロンドンに行ったときにシュウェップスのビターレモンソーダというのを初めて飲んで、すごく気に入りました。昔あったB&Lみたいな味で。
    でも、ここではトニックウォーターかクラブソーダしか買えません。残念です。
    シュウェップスってちょっと大人味ですよね。パッケージも大人風味。
    日本ではもっと若い風味のもののほうがウケるのでしょうか。
    このCMも大人風味だなあって、絵画のような一瞬を切り取った、でもシュワッとさわやかな雰囲気。いいですねえ。

    まぐろステーキ。から揚げ粉をはたく!
    いい方法ですね!今度やってみます!!
    問題は・・・お手頃価格のマグロの赤身を見つけることです。アメリカの鮮魚売り場って、どこも貧弱だし、ニオイが日本と比べると・・・アレレ?って状態なんですよね。刺身で食べないお国柄のせい、なのでしょうか。
    マトモな揚げだし豆腐も食べたいです・・・。
    Sumiさん / 2009/05/15(Fri) / URL
    大人による大人のための…。
    > Sumiさん
    日本ぐらい「実年齢以下に見える」ということにこだわる文化…、ってないんじゃないか、って思います。
    「若く見えますね」っていうのが褒め言葉ですもんね。
    ボクなんか、ずっと年をとって見られたかったのに。
    アメリカのハイスクールの女の子たちも、いかにして年をとって見えるか、って涙ぐましい努力してますし。
    「大人」という言葉がものづくりのキーワードになかなかならない下地があるような気がします。

    アメリカの魚事情。
    仕方ないかもしれませんね。
    サンフランシスコのフィッシャマンズワーフだって、なんでこんなに生臭いんだろうって行く度に思いますもん。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/15(Fri) /
    生晩白柚ハイ!
    あったら面白いですよね~。
    絶対みんな我先に絞りたがるに違いないです。

    そういえば居酒屋バイトをしていたときに
    キウイハイに関しては
    「先に絞っておいて」とお客様にいわれることしばし。
    他のものに比べて手につきやすい(破れやすい)からなんでしょうね。

    そういえばシュウェップスからファミマ限定で「大人のスカッシュ」なるものがでるそうですよ。

    http://www.j-cast.com/2006/06/21001849.html

    今度買ってみようかと。
    では、出張お気をつけて。
    setsunaさん / 2009/05/15(Fri) /
    ファミマに行かねば!
    > setsunaさん
    南国系の果物。
    たとえばフレッシュのグワバだとか、バジルシードだとか。
    いろんな搾りモノができそうですよね。

    それにしてもファミマ情報。
    どうもありがとうございます。
    飛んでいかねば!ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/15(Fri) /
    無題
    きれーーーい!
    スーパースローモーションて、もうひとつの芸術ですね。
    人間の目では絶対とらえられない一瞬に
    こんなことが起こってるんだーってびっくりします。
    シュウェップスのジンジャーエール、美味しかったですよね。
    色も濃くて大好きでした。
    ↑のファミマのオトナジンジャーエールも気になります♪
    菜雪さん / 2009/05/16(Sat) / URL
    大人ジンジャエール!
    > 菜雪さん
    本当に綺麗ですよね。
    人の目に見えぬモノがこれほどうつくしく本当は見えているのか…、ってはっとしますね。
    大人ジンジャエール。
    もう今すぐにでも…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/16(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    玉子焼き焼く朝、出張前 HOME 昔オムライス、後楽の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]