忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日から出張。
    早起きをして、自分で朝を作って食べる。

    今朝のメインは鮭のほぐし身。

    efc6c505.jpeg強めに塩をうった紅鮭。
    水をタップリはったグリラーで、焦がさぬように蒸し焼きにして、軽く冷まして身をしめる。
    身をほぐします。
    皮を最初にベロンと剥いで、まだ熱い身をお手玉しながら一口大に、ボロッボロッとほぐしてく。
    軟骨を取り、血合いをどかし、キレイにオレンジ色の身だけにし、皿に盛る。
    スダチをチュチュッと搾ってやって、すると普通の焼き鮭がほんの少々上等な日本料理のようになる。
    うれしい。
    たのしい。
    ありがたい。
    あらかじめせせってあるので、ご飯にのっけてパクッと気軽に口に運べる。
    海苔でクルンと巻いてあげると、そのまま鮭のおむすびのようになる。
    朝の食卓、ごきげんになる。

    それから朝の玉子焼き。

    0e1c8392.jpeg玉子2個。
    タプタプ溶いて砂糖と塩で味ととのえて、そこにネギ。
    青い細ネギをミジンに切って、タップリ入れてザクッと混ぜる。
    フライパンに植物油と、バターを落とし、弱火でバターが溶けるまで鍋底そっとあっためる。
    強火にします。
    レンジのつまみを右に思い切りひねったら、すぐに割りほぐした玉子を入れる。
    ブクブクッと黄色い玉子が沸騰するのを、混ぜる、混ぜる、かき混ぜる。
    やんわりトロッと玉子が重たくなりはじめたら、端から手早く折りたたむようにして、形をきれいに整えていく。
    オムレツ型に仕上げてポンッとひっくり返し、しっかり熱を通してく。
    するとカチッと中までキチンと固まっていく。
    出来上がり。

    バターの細かい泡が、まるで汗のように玉子から滲み出してみえるのが、目のご馳走。
    箸を当てると、フカッと沈みジュブッと油が滲み出してきて、玉子の香りがフワッとただよう。
    ネギがシャキッ。
    ハフハフしつつご飯と食べる。
    朝ごはん。

    ちりめんジャコ。

    0c5520db.jpeg生干しの乾いたジャコに、刻んだ漬物。
    茄子ときゅうりの浅漬けを、ちょっと大きめの細切れにして和えただけ。
    噛みしめるたのしみのあるちりめんジャコと、カリッと歯ごたえ鮮やかなきゅうりのたのしいコントラスト。
    海の塩味に浅漬けの味で、調味料いらずの素朴な味わい。
    フカッと奥歯を包み込むような茄子のスポンジじみた食感に、口がほっと一休みする。
    豆腐具材の味噌汁を飲み、おなか一杯。
    目が覚める。


    mazeran.jpgところでこれ。

    まぜ卵とかいて「まぜらん」と呼ぶ、卵を溶くための調理器具。

    生卵の何が厄介かといって、白身のドロンとした混ぜようにも混ざりきらないドロリなところ。
    玉子焼きを焼くにも黄身と白身が満遍なく混ざらないと、白くまだらになってしまったり結果、焼きむらができたりしちゃう。
    かといって、箸で何度もかき混ぜると、泡が混じってしまったり卵に力がなくなったりする。
    そんなときコレ。
    実は先端の部分が刃になっている。
    だから混ぜるのじゃなく、切るようにして白身のドロリをなくすることができるというのです。
    一番先っぽについた球体で、カラザを簡単にとれるとも言う。
    便利かも…。
    たった、350円ほどで手に入るというのも、なおさら便利。
    今度、買お!

    さて行ってまいります。
    四国へ向かって、ひとっ飛び。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    これはいいモノを!!
    おはようございます。
    たった今、夫の明日のお弁当の仕込みをして卵のカラザがなかなかキレイに取れず鼻息荒くしていたところです。
    これはいいですね!
    お値段もかわいいし、色がまたきれいですし。
    便利なもの、お教え下さってありがとうございます!!
    早速注文しちゃいます。

    鮭、グリラーで焼いたらおいしいですよね。
    オーブンだと、ちょっと違うんですよねえ。
    しかも我がアパートはガスレンジじゃないので魚焼きの網も使えません。残念です。

    四国へのご出張、行ってらっしゃいませ。
    お気をつけて。
    お母様にもお会いになるのでしょうか。
    ステキな出張になりますように!
    Sumiさん / 2009/05/15(Fri) / URL
    あると便利なステキですよね。
    > Sumiさん
    ボクがとても苦手な白身のドゥルンドゥルンがこれで綺麗になると思うと、本当にありがたいキッチン小物。
    うれしくなっちゃいますよね。

    今日は松山。
    明日は高松に母を訪ねに参ります。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/15(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    松山・すけろく・餃子に中華 HOME 居酒屋・そば屋にシュウェップス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]