忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    前から来たくて、でもなかなか機会に恵まれず、先送りにしていたお店。

    ビストロ・クスクス

    cuscus.jpg中野の駅から歩いて10分。
    東京の九龍城、中野ブロードウェイを横目にみながらテクテク歩いて、すっかり住宅街の中に突入しようかというその寸前の、ビルの一階。
    ふらっとこれる場所ではなくて、だからみんなワザワザ、テクリテクリと歩いてここまでやってくる。

    不思議な店です。
    なにしろぐるなびのページを見ると、メイン商品のところにはご主人が魚を両手にもってにこやかに笑う顔。
    お勧めメニューのところには、パーティーでくつろぐお客様の様子の画像が乗っけられてる。
    何を食べよう…、って思っていく店じゃない。
    何、食べさせてくれますか?…、ってワクワクしながら行くお店。
    お店のどのテーブルに座っても、厨房の気配が素直に伝わってくる。
    小さな店のステキなところ。

    料理はひねりが効いてて、どれを食べてもキチンとおいしい。

    たとえば前菜のカルパッチョ。

    f5748301.jpeg生の牛肉を普通は薄くそぎきって、野菜やソースと一緒に丁寧にお皿に飾る。
    肉で作ったふぐの薄作り…、みたいな料理を見慣れていると、ここのはかなり分厚くて、無造作なつくりにちょっとビックリ。
    けれど、この肉の分厚さこそが旨さの秘訣。
    ヒヤッと舌にピットリ貼りつく肉の存在感がまずはステキ。
    噛むとほどよく奥歯が沈む。
    そして歯茎にまとわりついて、肉そのものを食べてるっていう実感があって、なかなかによい。
    その肉の存在感に負けぬよう、ゴマの風味のソースがこれまた独特で、イタリア料理というよりも創作和食のような味わい。
    悪くない。

    シーフードのトマトソース煮っていうのがあって、まるでスープ少な目のブイヤベースみたいな料理。

    68a53d1e.jpeg白身魚に貝にイカ。
    ガーリック風味のトマトソースでしっとり煮込まれ、それをムール貝の殻を使って食べてください…、って。
    メニューにそんなコメント付の、つまりたのしい食べ方までもが提案されてるたのしい料理。
    バゲットを薄く切ったラスクみたいなトーストが、タップリ一緒についてくる。
    それをソースに浸して食べる。
    トマトの甘みと魚と貝の旨みが一緒に、口の中にて花開く。
    いい料理です。
    ごちそうです。

    イカげそ揚げであったり、生ハムをメロンじゃなくてアボカドとあわせて作ったオードブル風の料理であったり、お酒をねだる料理をいくつかおなかの中に放り込み、そして〆。

    サーモンクリームのスパゲッティ。

    22d000a8.jpegここのスモークサーモンは自家製の、だから分厚いサーモンの半身をそのまま燻製にする。
    その分厚いのを、そのまま使ったソースが麺にしっかり絡んで、風味豊かで香ばしい。
    しかもおもしろいのがパスタの横に野菜がゴロゴロ。
    ジャガイモ丸ごと一個であったり、ナスににんじん、サツマイモ。
    それら野菜のひとつひとつがしっかり下味つけられた、立派な料理になっている。
    パスタだけではどんなにそれがおいしくっても、味の変化に乏しくなっちゃう。
    それをこうして野菜と一緒に提供すること。
    これ一品で十分食事が完結しそうで、なんだかとってもおもしろい。

    ほどよく満足。
    残念なのはサービスが少々、行き届かないとこ。
    ご主人の気持ちが厨房の中にあるから、それは多分、しょうがないこと。
    まあ、それもよし。

    仕事絡みの話をまだまだ続けたく、それで、はしごで、もう一軒。

    第二力に腰、おちつける。

    441ac526.jpeg中野の夜…、といえばやっぱりここに寄らなくちゃ終わらない。
    時間は9時のちょっと過ぎ。
    ガラガラッと引き戸を開けると、まだほとんどの満席で、座敷にひとつ、テーブルもらう。
    ボクらの周りは、平均推定年齢60歳というシニアな景色で、みんな近所の人たちなのかなぁ…。
    のんびり、のびやか。
    くつろいだ姿と笑顔がボクらにまでも乗り移る。

    水茄子もらって、手でさきながら芥子をつけてサクッとかじる。
    噛んだ瞬間、青い香りの水が口に飛び込んでくる。
    まさに「水」茄子。
    それと一緒にじゅんさいもらい、夏のはじまりを寿ぐ夜に期せずしてなる。

    煮豆腐もらう。

    a4a74021.jpeg時間が時間でよく煮込まれていたのでしょう。
    いつも以上に豆腐に穴がプスプスあいてて、つまりタップリ、煮汁を吸った色黒豆腐。
    箸でひとかけ持ち上げると、想像以上に重たくて、その重たさのほとんどが魚の旨みの出汁の重さであるという、その幸せにニッコリとなる。
    これ一品で、今日一日の煮魚全部の旨みを全部、味わえる。
    しかも450円と、安くて賢く味わえる。
    そう思ったらありがたくって、たまらなくなる、おごちそう。

    えびのかき揚げ、おつまみに、ズンズン話が盛り上がる。

    たのしい中野のはしご飯。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    お、力酒造!大好きです。
    わたしもそろそろ行きたくなっちゃった。
    このご時勢でも、変わらずにぎやかなお店があるということ、ホッとします。

    素敵なはしごですね。
    ハヤミズさん / 2009/06/26(Fri) /
    元気なお店で元気をもらう
    > ハヤミズさん
    ココの元気は、空元気じゃなくって本物の充実した元気なのがいいですよね。
    大人のご褒美。
    じんわり体の奥底にまでしみこむようなうれしい元気を昨日はタップリ注入しました。
    今日も元気でまいりましょう!
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/26(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    マイケルジャクソンが逝った朝 HOME マックのランチに、プリモカフェ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]