忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    一日、あれこれ、つまみ食い。
    まずはバーガーキングのハッシュブラウン。

    bkinpotato.jpg朝のサンドイッチを食べるのに、なにか飲み物が必要だよね…、って、それで映画館の近所のバーガーキング。
    アイスコーヒーをMで下さい、って言うと同時に揚がったジャガイモの油の匂いがほんのり香った。
    サンドイッチと一緒に熱々ポテトを食べよう。
    そう思って、スモールサイズを買って食べる。
    カウンターの横。
    紙ナプキンやストローなんかが置いてあるとこ。
    そこにタップリ、ケチャップが山積みされてた。
    揚げたジャガイモにはケチャップの甘酸っぱさがぴったりとくる。
    地味な茶色に真っ赤な色が映えて目にもおいしく感じる。

    それにしてもここ、お店の向かい側にあるホテルに宿泊している人たちでしょうか?
    外人客が次々やってきては熱いコーヒーに朝食メニューをテイクアウトして帰ってく。
    ホテルの高い朝食よりも、ここの安さがいいのでしょうか?
    それとも朝は、いつも食べなれたもので始めたい、って思うのかなぁ。
    なんだかちょっと面白い。

    そして昼。
    立ち食い寿司で小腹を満たす。

    tatisusi.jpgかなりの混雑。
    お店の外までお客様が溢れるほどで、しかも老若男女、いろんな人がカウンターを囲んで食べる。
    不思議なことに、ここでも外国人客がかなり目立つ。
    しかも白人系の人たち。
    お茶を片手にカウンター上のショーケースの中を指差しながら、「This one, please」とニッコリ笑う。
    回転寿司とは違った正真正銘、目の前で握ってくれるたのしさと、明朗会計にしてネタの名前をしらなくっても指差しをして自分で選べる。
    その気軽さがいいんでしょうね。
    もしかしたらばこうした気軽な立ち食い寿司を、海外なんかで展開したら結構、受けるのかもしれないなぁ…、って。
    そんなことを思ったりもした。

    ランチのおきまり。

    f4e57580.jpeg中トロがネタに入ったホリデーランチというのがあって、それをまずは選んで食べる。
    赤身、中トロ、サーモン、白身。
    イカに鯵、生ゲソ、玉子に中トロ鉄火巻き。
    それに生海苔のタップリ入った味噌汁で、それで980円。
    ほどよき分量、ほどよきクオリティ、それに見合った値段が見事。
    赤貝、ホタテと他にいくつか追加して、お茶を二杯飲みご馳走さまと、席を立つ。

    ここの寿司。
    ランチやセットをたのむとしゃりはちょっと大きめ。
    けれど一品一品、ネタを指定して注文するとほんとに小振りの寿司になる。
    いくらでも食べれる配慮…、と思えばこれもまたたのし。

    それからしばらく街をぶらぶら。
    大きな荷物を抱えてリムジンバスを降りてくる人。
    長距離バスのターミナルから、次々、吐き出されてくる帰省、あるいは旅行帰りの人たちの波に混じってぶらぶらしてると、自分までちょっと旅した気持ちになった。
    シルバーウィークも終わりの準備。

    家に帰る前におやつ替わりにラーメン、食べる。

    mansepakomen.jpg万世ラーメン。
    ほんとにここは久しぶり。
    まだパーコー麺という食べ物が今のように一般的じゃなかった時代。
    ここにかなりハマってた。
    カンスイ使わず、だから嫌なアンモニア臭とはまるで無縁のストレート麺。
    ちょっとボソボソしていてしかもどんどんみるみる伸びてくる、ちょっとズルンとした麺に無化調、無添加の醤油スープが不思議とマッチ。
    スープを一滴残らず飲み干しても決して喉が渇くことが無い、素直な味が結構好きで、しばらく通った。
    けれどずっとほったらかしで、10年ぶりくらいになるのかなぁ…。
    久しぶりにきて、こうして食べて、昔通りだったかどうかも定かでないほど久しぶり。

    スッキリとした、けれどコクのある醤油のスープ。
    癖の無い麺。
    クチャっと歯ごたえおいしいパーコー。
    たしかにこんな味だった、そんな気がするなつかしい。
    昔はラードの匂いがおいしいチャーハンもあったのだけど、今ではラーメン一本で勝負をかける、その今風もちょっと好き。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お見限り?
    サカキ様。
    ご無沙汰しております。
    そういえば、サカキさんの弁天庵へのご来店も2週間ほどご無沙汰のよう。
    我が家ではブログを拝見しながら、
    毎日のようにご来店があれば「ええ~また?」
    ご無沙汰になれば「どうしたのかなぁ?」
    人間なんてホント勝手なものです。
    もとい、弁天庵私設広報の私からのお知らせです。
    新大久保に大黒庵9/17OPENいたしました。
    肉そばが美味しいです。でもお店はカウンターのみでとっても狭いです。
    ホントびっくりするぐらい狭いです。
    夫もしばらくは張り付いています。坊主頭の目つきのスルドイ従業員がいましたら、そいつです!(あ、でも坊主はたくさんいるかも)
    イワハシマリさん / 2009/09/22(Tue) /
    たしかにご無沙汰
    > イワハシマリさん
    たしかにしばらくご無沙汰してしまっております(ペコリ)。
    いつでも来れると思ってちょっとほったらかし。
    いつも〆に何にしようか…、って思い立って他に何かアイディアなければ弁天庵があるからさぁ…、ってちょっと甘えてしまっているかも。
    新大久保のお店。
    興味津々。
    肉そばと聞いては覗かぬ訳にはいきませぬなぁ…。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/22(Tue) /
    注目は
    お蕎麦はまあいいです。
    ちなみに出汁が弁天庵より濃い目です。
    注目して欲しいのは、その厨房設備の配置です。
    あの狭い厨房に、よくまあこんなに上手~く収められたのね、というカンジです。
    先週実際に見て、手前味噌(いつもですが)ながらつくづく感心してしまいました。
    蕎麦屋なのに売りが店舗なんて。。
    内緒です。
    イワハシマリさん / 2009/09/23(Wed) /
    箱根細工
    > イワハシマリさん
    ボクも店舗開発のお手伝いさせていただいていて、厨房がピタッと決まったときって、おおやった!って思います。
    厨房は飲食店の心臓。
    心臓が健全で強いということはすばらしいお料理が提供できるということでもありましょう。
    たのしみに「見学」してまいります。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/23(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    野菜、手羽先、塩辛パスタ HOME 世界の終わり
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]