忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチを終えてそのまま勉強会へと突入をする。飲食店の人が集まり、互いに悩みを打ち明けてくと、結局、人を集めて育てる苦労に行き当たる。
    お客様からほめてもらえる営業内容。従業員からやりがいがあると言われる給与を出せる体質。その両方を真剣に獲得しなくちゃこの問題は解決しない。



    みんなで知恵を寄せあって、がんばりましょう…、と再開ちかって晩ご飯。
    蕎麦が名物の店ではあるけれど、蕎麦にたよっていてばかりだと、夜の売上をなかなかとれない。それで蕎麦「も」たのしめるような提案。
    季節の料理を3品に、天ぷら、釜飯、〆の蕎麦という料理構成にしてみましたと、ズラリと並ぶとテーブルの上は華やかで、なかなかこれはいい感じ。
    3品料理は刺身に炊いた鶏のつくねに卵焼き。サッと煮込んだ鴨とどれもが、お酒をねだる上等なモノ。どれもが蕎麦屋の酒の肴にあってもおかしくないのがステキ。



    中でも鴨。
    分厚く、しっとり。鴨独特の香りも濃厚。かなり上等で味わい深い。
    しかもペラリとめくると下には白いネギ。塩水くぐらせこんがり焼いて焦げ目をつけたのが隠れてる。鴨にはネギって、昔の人は本当によく考えたよなぁ…、って思って、シャキシャキ、しっとり、味わいたのしむ。
    天ぷらは昼に食べた天ぷらとほとんど同じ。夜のお腹にやさしいようにと、かぼちゃを引いてほどよき量にしてくれている。



    そして釜飯。今までココではやっていなかった料理のひとつ。これから本格的に商品化と、まだまだ実験段階で、だからお釜がピカピカ新品。
    テーブルの上で炊き上げるスタイルで、蓋を開けると中にはギッシリ、秋の具材が並んでる。きのこに油揚げ、栗に枝豆、鶏肉、帆立に刻んだタケノコ。それぞれ具材にほんのり味が入ってて、おいしい出汁を吸い込みご飯とひとつになってる。
    料理をおかずにもし食べるなら、今日の味でもいいんだろうけど、食後にこれだけ食べるとしたら、もう一味分、強めの方がいいかもね…、って、あれこれみんなでまだ思案。
    料理の味は用途、相手で変わって当然。決め込むコトは至難の技でもござります。



    半量ほどのそばで〆。これまたしっとりみずみずしくて、蕎麦の香りがフワリと鼻から抜けていく。
    キレイでおいしい水が体を清めるような、すがすがしい味。ニッコリします。
    しかもタレがどっしりおいしい。蕎麦のタレって、食べてるうちにどんどん薄くなっていく。最後の方にはみずっぽくすらなることがあり、けれどココのは最後の最後まで十分おいしく味わえた。
    これから更にブラッシュアップで、近々デビューとなる予定。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    岡山の朝 HOME 秋模様
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]