忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日に続いて、かにの華にてランチを食べる。



    とはいえ今日は昨日と違ったお店を選ぶ。メニューは共通。けれど厨房の中の技量や考え方で、料理の状態は微妙に異なり、それが好ましい個性の範疇に収まってるか。それともブレになってしまっているかどうかを確かめるため、メニューは昨日とおんなじランチの商品選んで見比べる。
    ちょっと意地悪なおいしいたくらみ(笑)。



    吹き寄せ風のメインの料理。ひとつひとつの料理の味はしっかりしてて、けれどちょっと沈んで見える。
    器使いと盛り付けが上手にマッチしていないのでしょう。刺身もちょっととっちらかった感じでかなりもったいない。
    笹の葉で包みこまれた蟹の寿司。
    昨日のお店では葉っぱをほどいて中のお寿司がちょっと顔を覗かせていた。今日のはキチンとくるまれていて、ちらりズム的色気が欠けてた。



    笹の葉の香りは当然、今日のお寿司がふくよかで、でも色気のある料理の方がボクは好きだな…、と勝手を言った(笑)。
    五穀米の釜飯は、今日のお店のがおいしく感じる。
    ちょっと多めの出汁加減。だからふっくらみずみずしくてホツホツとした雑穀独特の硬質感がよきアクセント。いい感じ。

    どちらにしても違いは誤差の範疇で、味は互角。よき個性。
    それにしても見た目って本当に大切だよね。同じ料理も見せ方で、誰に向けての料理か変わって見えるほど。人間が装いひとつで違った個性を発揮するのと同じかもね…、と感心します。
    食後の抹茶に水まんじゅう。今日のは中身がうぐいすあん。これもまたよし、仕事する。


    関連ランキング:かに | 柳津駅西笠松駅



    打ち合わせを終え、新幹線にて東京に。



    途中名古屋で乗り換えついでに、駅弁を買う。
    その名も「なごや」。これほどキッチリとした幕の内弁当はなかなか他に見かけない。
    旅のお供のオキニイリ。
    六角形の弁当箱のほぼ半分をご飯が占める。型押しされてゴマがぱらりと散らかっていて、残り半分にはギッシリおかず。



    エビの煮含めはお頭付きで、胴体部分だけがスルリと殻が剥かれて食べやすい。足も尻尾もバリバリおいしく食べたれる正直なエビ。ウットリします。
    魚の塩焼き。野菜の煮付け。穴子とゴボウの八幡巻きと、弁当箱の中にあって欲しい料理がそろっているのにうれしくなっちゃう。
    あられをつけて揚げたすり身もおいしくて、パクパク食がたのしく進む。
    何よりこれで好きなのがパリパリ歯切れる守口漬けで、その軽快な食感ににっこりしながらひと眠り。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    シュラスコな夜 HOME らんぷ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]