忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    宮崎の「武蔵野」という店。

    10dojo.jpg宮崎の町の人にとって「そばといえば武蔵野」と言われる老舗…、であります。
    うどん文化圏の宮崎にあって、それでもそば…、というチャレンジ精神とうどん好きをも納得させるだけの商品力があってのことで、その老舗がここ数年。
    老舗に胡坐をかいちゃ駄目…、ということで次の世代の人たちを中心として、新しいことに挑戦してる。


    郊外型のてんぷら専門店…、であったり。
    いろんな創作丼が食べられる店…、であったり。
    あるいは、昔ながらの「そばとてんぷら」をもっと気軽にたのしんでもらえる店…、であったり。
    そのそれぞれがそれぞれたのしく、とはいえ料理作りだけは手を抜かず、老舗の味を期待する人たちを失望させぬよう一生懸命がんばっている。

    0cb3fdec.jpegなにしろ天ぷらとそばの店なのに、まるでハンバーガーショップみたいなオープンキッチン。
    カウンターの中で働いている従業員はみんなTシャツで笑顔で元気で…、ってたのしい雰囲気。
    でも作っている料理や手順は昔のまんまというこの真剣。
    くるたび、いいなぁ…。
    こうして伝統的な料理が次の時代に受け継がれるって、いいことだよなぁ…、って感心させてもらえるお店。

    試食です。
    お店は揚げたてのてんぷらを売り物にしているお店で、だからそばもてんぷらを具としたものがメイン。
    今一番の押しが「桜えびの天かす」をのっけた贅沢たぬきそばというコレ。

    64be93f6.jpeg桜えびのかき揚げをのせればおいしいのに決まっているけど、それだとどうしても高くなる。
    だから天かす。
    それでも桜えび独特の甘みを帯びた磯の香りがとってもおいしい。
    かき揚げじゃなく、むしろそれが壊れた天かすだから、ストレートにえびの香りがやってくるんでしょう。
    大衆商品万歳的なにおいのご馳走。
    口に含むとそのかぐわしい香りがポワンと鼻からぬけて、前歯にサクサク、えびが壊れる。
    衣は出汁を含んでとろんとなめらかで、一緒にそばがスルンとすべる。
    素直な出汁も喉のご褒美。
    老舗らしさを堪能します。

    それから天丼。

    3568263b.jpegサクッと軽い薄ごろもまとった揚げたててんぷら。
    タレもサラッと江戸前よりは薄味で、でも好みに応じて味を足してくださいね…、とサラッとしたかけダシを一緒に添えてくれる。
    たしかに同じてんぷらでも、えびの天ぷらなんかは薄味。
    素材そのものの持ち味を大切にたのしみたくなる一方で、かぼちゃやナスなどの頑丈な野菜は強めの味で食べたい。
    そんなわがまま。
    自在に自分で満足できるいい心遣い…、って思ったりする。

    それからここの天丼であったり天ぷら定食であったりには、もれなく「鳥の天ぷら」がつく。
    ほんの少々、味ほどこした鳥のささみを天ぷらにした、鳥好き王国ならではのたのしい天ぷら。
    おもしろい。
    何しろこの数日。
    鹿児島、宮崎で食事をするとかならずもれなく鳥の料理で出会ってしまう。
    しかもそれがそれぞれしっかりおいしくて、食べなれたものは作りなれたもの。
    なれたものは当然おいしい…、ってちょっと感心。
    再確認。

    天まきっていう「ちょっと一つまみ系」のたのしい料理。

    69ea8698.jpeg天ぷら一本を酢飯でまいた、巻き寿司なのだけど、これが絶妙。
    酢の按配。
    ちょっと甘めのしゃりと天ぷら衣の油の風味がぴったりで、そこに大葉が香りを添える。
    どっしりしてて、でもさわやかで。
    このシリーズをちょっと増やして、「小腹を満たすプロジェクト」。
    やってみようか…、なんて思った。
    いい感じ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    マクドナルド考 HOME オマルシンチャヤ・オンコチシン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]