忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    小丸新茶屋。

    3ce5c4da.jpegこう書いて「おまるしんちゃや」って読むんだそうで、宮崎郊外の小丸という場所から始まったうどんがおいしい気軽なお店。
    今回の九州出張の、行く場所、行く場所で話題になったお店…、でした。
    まだ未体験で、でもどうしても行きたくて、それで無理いい、つれてきてもらうことにした。
    それがこの店。

    お店の外はどこといって特徴のない郊外型の和風レストラン。
    中に入ると半分くらいはテーブル席で、そこはなんとなくファミリーレストランみたいな景色。
    でも残り半分ほどは個室のお座敷。
    聞けばここで、宴会だったり会食までもしてしまう…、という。
    なんだかすごい。

    メニューを開いてまたビックリで、全部で100種類以上は料理があるかなぁ?
    うどんに寿司に、丼、和食、それからカレー。
    別のメニューには居酒屋料理まであったりもして、日常的な食事にあればいいなぁ…、って思う料理はほぼ過不足なく網羅されてる。
    こりゃ便利。
    うちは何ナニ料理でござい…、ってコンセプトばかりにこだわって、お客様の便利を損なうお店が結構あるなかで、こうした柔軟。
    ただ厨房の中の作業はとっても大変だろうなぁ…、と思いはするけど、やっぱりうれしい。
    ありがたい。

    名物の主力商品。
    釜揚げうどんに寿司のセットをもらいます。

    58d6d5d9.jpeg宮崎のうどん。
    ヌルンとしていてあまりコシを感じない、まるで水ぶくれのようになったうどんを好む土地柄。
    だからここでも期待はしないで食べてみる。
    けれど、なんとも。
    ここのうどんはしっかり角が立っていて、讃岐うどんほど強くはないけどコシがしっかり感じられる。
    ただ多分、塩をあまり使わぬ生地を使ってるんでしょう。
    茹でてる途中で麺の一部が砕けて壊れて、だからヌルンとぬめらかになる。
    それが決して不快じゃなくて、唇や喉をやさしくしたたか撫で回すような肉感的な感触を生む。
    これも決して嫌いじゃないなぁ…、って思ったりした。
    天かすタップリ放り込んだ、だからコクと油分を含んだタレとの相性も、かなりよくてお気に入り。

    これに寿司で1000円というセットの握りがまた立派。

    f9d4ffe1.jpegちょっと小さめのおにぎりくらいの大きなサイズ。
    ネタの分厚く、だから一口では食べにくいほどの豪快さ。
    それであらかじめ、厨房の中で包丁入れて、二つにスパッと切って出してくる。
    おもしろい!
    デカネタにぎりって回転寿司には結構あるけど、こうして普通の食堂の寿司がこうして大きい。
    握る手間は二分の1で、しかもこうして出てきた途端、「ああ、ここの寿司はすし屋の寿司とは違うんだな」って、諦めがつく。
    ハードルが一挙にさがって、期待しない分、食べれば「そこそこいけるんじゃない」っておいしく感じる。
    これはこれで、いい工夫。

    てんぷらうどんにのっかるエビのてんぷらだって、タップリ大きい。

    57441655.jpegエビのサイズが大きいだけじゃなく、衣が分厚く、うどんの鉢の表面を完全に覆い隠してしまうほどにタップリと。
    見た目が豪華。
    ああ、ご馳走を食べてるんだ…、ってわかりやすいメッセージを食べる前に頭が受け取る。
    大衆料理の王道で、これはこれでいいことだろう…、って思ったりする。
    しかも実際食べればプチュンとしっかりとしたエビのてんぷら。
    伸ばして、伸ばして、まるで上げ底みたいなエビとは違ってしっかりおいしいじゃん…、って納得できる。
    悪くない。

    それからカレー。

    76228127.jpeg鳥のから揚げをのっけたカレーで、ここのはタレに漬け込み揚げたのじゃない、味のついたから揚げ粉をはたいてそのまま揚げたもの。
    だから色白。
    そのまま食べるのだったらやっぱり、味の染みた地黒のから揚げがおいしいけれど、うどんやラーメン。
    あるいはこうしてカレーのサイドにのっかるから揚げは、こうした色白さんの方が味が素直で好きだったりする。

    それにしても九州の鳥はなぜだかおいしい。
    クチャッとした噛み応え。
    確かな身質と、ほとばしり出る肉汁と。
    さすがに地域の人が好きなものって、こうして食べるとおいしいなぁ…、ってうっとりします。
    満足です。
    カレーの味もスパイシーで甘みを抑えた大人味。
    資生堂パーラーの辛口カレーを思いっきり大衆的にしたみたいな感じで、本格的でわるくない。

    何を食べてもそこそこおいしく、家族みんながもれなく食べたいものに出会える。
    身近にあると便利だろうなぁ…、ってしたたか思う。
    特にシニアの人にやさしいのがいい。
    行ったこのときも、半分ほどのテーブルがシニアの人で埋まってた。

    昔からある古臭い店。
    でもそれが実はこれからの新しい商売の仕方なのかもしれないなぁ…、って、そんなことを思ったりした。
    勉強しました。
    オンコチシン。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    てんぷら道場 HOME 町のはずれの「うを佐」にて
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]