忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    つくばから関東平野の北側を、グイーンと西に一時間半。古河という街で打ち合わせをして、夜を「おかさと庵」という店。



    こじんまりとした落ち着いた店。畳の上に塗りのテーブル、椅子をおき居心地の良いのどかな空間で日本料理をあれやこれやと。
    生と黒生を半分づつミックスしたのがおいしんです…、と作ってもらうと、なめらかな泡。
    ポッテリ、喉をなでまわしつつ、ユックリ落ちてく黒ビール独特の喉越しと苦味と普通の生の旨みとスッキリとした切れ味がほどよく混じって、なかなか旨い。
    ビールのあてにとやってきた、イカの沖漬けと和牛のしぐれ煮も手作りの味でおいしくて、中でも沖漬け。柚子がタップリ入ってて、生臭みもなくビールの旨みが引き立つおいしさ。気に入った。



    お通しがわりにとやってきた、自家製豆腐。
    豆の香りが際立って、しかもむっちり。舌の上にドッシリのっかる存在感がまたおいしい。なにもつけずともおいしくて、評判がよくてランチタイムには、これを好きなだけ召し上がっていただけるサービスもはじめたんです…、と。
    お腹にたまらぬ美味しいモノを、好きなだけ食べられるのは、ご婦人方やシニアのお客様にうれしいコトでございましょう。
    なにより器…、まるで石をくりぬいたような存在感抜群の鉢の中で豆腐が居心地よさげで一層、おいしく見える。



    料理において「おいしく見える」ということはとても大切。
    例えばゆでガニ。この明るいオレンジ色と白のコントラストがそもそも食欲そそる見た目。それを装う器の縁に、金の蒔絵が描かれていて、それも食欲誘うゴチソウの一部に見える。
    料理に合わせて器をどんどん買っていくから、あっという間に厨房の中から器が溢れだし、収納上手になるんですよ…、と。なるほどそれもおもてなし。



    海をもたない地域だけに、刺身に対するあこがれがある。中でもマグロをこのむ地域で、それでここでは本マグロだけを使ってもてなす。
    少々高くなったとしても、納得できるモノがおいしい。
    それから岩牡蠣。
    ほどよき大きさで、箸でつまむとズッシリ重たく、腹がぷっくり膨れた見事な育ちっぷり。口に入れるとクチュッと潰れて、海の旨みがほとばしり出る。



    逆三角錐のまるで独楽のような形の器。
    これが最近、ご婦人向けに人気なんですと…、これが杯状の器を4段重ねたモノ。
    一番上には茹でたカニ。
    二段目には刺身がはいって、次に豆腐、一番下には野菜の煮物。次々、料理が顔を出すという趣向がたのしく料理もこうして盛り付けを変えるとまるで違ったモノに見えるのがまたオモシロイ。



    カニのほぐし身をマヨネーズであえ、それを芯にしたカニの太巻き。いろんな店で扱う最近の定番料理のひとつではある。
    けれどここのはキュウリの他にもレタスの葉っぱ。みずみずしさに爽やかさがカニの食感をひきたてて、だし巻き玉子がジュワッと口を潤すという、味のバランスがよくておいしい。
    甲羅の中に酢飯を詰めて、そこにカニのほぐし身カニ味噌をたっぷりのっけてオーブンに入れ焼き上げたモノ。焼かれたコトでカニ味噌は香ばしくなり、酢飯の酸味が柔らかにもなる。沢山食べてお腹いっぱいなのにスイスイ、お腹に入る。
    オゴチソウさま…、また明日。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホテルバフェ HOME アルゾーニ・イタリア
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]