忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    家の近所で夜をとる。

    ygrace.jpg朝、オキニイリのグレースという店。
    喫茶店と呼ぶのが一番納得出来る店なんだけど、近所の人にとってはそれではすまぬいろんな魅力的がある。

    朝は朝食レストラン。
    昼はカレーがおいしいランチのお店。
    夜になるとお酒も飲めるご近所さんのいこいの場所で、それらいくつもの魅力をひとつにまとめているのが、いつでもおいしいお茶が飲めるという、喫茶店的店の性格。
    夜はあんまり来たことがない。
    いつもは点かぬ外灯がつき、外から店の中を覗くとほんのり暗くて、落ち着きのあるいつもと違った装いになる。
    ドアを開けると、ジャズが流れてやってくる。
    オモシロイなぁ…。
    まるでおんなじお店なのに、照明と音楽が変わるだけで違ったお店のように感じる。
    レストランはただの容器。
    それを何がどう満たすかで、お店の性格、機能が変わるということなのでありましょう。

    まずはスパゲティーをとって食べます。

    34e21e2c.jpegカルボナーラ。
    麺はタップリ、300g。
    この分量でも普通の分量で、中盛だったら倍の600gになる。
    大盛り1.5キロ、特盛り3キロという大盤振る舞い。
    しかも盛りがワンランク上がるたびに、ほぼ2倍の分量になるというのに笑う。
    聞けば、そうしなくちゃぁ、量の違いが一目瞭然にならないから…、ってとても分かりやすい理由に笑う。

    このタップリな麺にからんだ、クリームソース。
    生クリームとチーズとホワイトソースで作ったソースにベーコン炒めて投入する。
    あらかじめ茹でた太めのスパゲティー。
    油で炒めて、塩で下味つけておく。
    ソースの入ったフライパンに、その麺を入れ最後に溶いた玉子を注いでカシャカシャやって出来上がり。
    イタリア的なるカルボナーラは炒めずあえて仕上げるパスタ。
    だからトロトロ、クリーミーでとろみが命。
    けれどこうして炒めたパスタは油の香りが香ばしく、ムチムチとした麺にもシッカリ味が入ってこれはこれにて独特で、とてもおいしい。
    上にタップリのっかった胡椒の辛味、風味も見事でおどろくほどの量の麺がすんなりお腹におさまっていく。

    夜を一緒に付き合ってくれた友人が食べたハンバーグ。

    71e8c7df.jpegビーフ多めの合挽き肉をカチッとかためて小判型にした自家製パテがこんがり焼けてる。
    つなぎはほとんど使わず肉以外の具材としてはタマネギくらい。
    それもソテしてあめ色になった刻んだタマネギをタップリいれて、それに肉汁吸わせて仕上げる。
    もともと脂をあまりふくまぬ赤身の肉で、だからドバッと肉汁出てくるタイプじゃない。
    肉がおいしいジュースを含んだまんま。
    キチッと焼けてて、肉のうま味が口の中ではじめて広がる。
    ハンバーグの上にこんもり鬼おろし。
    脂の匂いがかなりコッテリした仕上がりで、だから大根おろしの風味と味が混じってほどよき味になっていく。
    ポン酢醤油をかけて食べるとご飯のおかずにぴったりで、食がすすんでしょうがない。

    シャキシャキとしたサイドの野菜。
    ケチャップベースの甘めのソースをつけて食べると、これもご飯のおかずにピッタリ。
    ココの料理は基本的に、どれを食べても甘く感じる。
    甘さをうま味のベースにすえる。
    それも砂糖で甘いのじゃなく、醤油や味噌の調味料が甘く出来てる。
    もしかしたらここのご主人、九州、四国の出身じゃないか…、って来るたび思う、ナツカシイ。

    ところで、そろそろ本格的にやってくる…、とずっと言われていたWindowsphone。
    やっとauから販売されるということが本日、正式発表された。
    端末を作ったのは富士通で、防水・防塵、しかも小型でなんだかうつくしい。
    アプリケーションを意識しないで直感的にしたいことがスイスイできるという、インターフェイスもしっかり動いているようです。



    たしかにあっぱれなほどにシームレスに、SNSやら音楽、画像にビジネスドキュメントにアクセスできるところはステキ。
    けれどなんだか、モワンとしまりのないフォント使いに、ノートだとかピープルだとかアルファベットをそのままカタカナにしただけのセンスの無さにちと笑う。
    それからわらっちゃうのが、この動画の後ろで他の人に説明している、マイクロソフトの担当者でしょうか…。
    ミクシーだけは、このシームレスな環境の中に置けないんだと…。
    Facebookなどは実名制で、だから「ピープル」って言う個人情報を管理している場所から入れる、けれどミクシーは匿名でみんなやっててだから世界が違うんだって。
    見事な世界も、文化が変わると役に立たないモノになる。
    Android auなんてキャッチフレーズで驀進してる、さて、auさん、新たな文化を腰すえ普及させる覚悟はあるのでしょうか…、いかがなり。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    今更感が・・・。
    今、auと言えば、「iPhone5」ネタで持ちきりな感じですが・・・何だか「今更」って感じがします。詳細は未だ不明、どころか正式発表すらまだしてない段階みたいですね(汗)この話題の舞台裏には、様々な企業の陰謀(爆)が渦巻いているのだとか。何だか少し怖いですね。これだけ情報端末が飽和状態になって来ているのに、auさんはチャレンジャーだよなぁ・・・と思わずにはいられません。

     まぁ、携帯端末を何台でも所有したいヒトは欲しいのかも知れませんが、個人的には「そんなに何台も必要?それが一切無くなった時、パニクって生活に支障をきたすようならちょっとね・・・。あまりに頼りすぎるのもどうなの?」と感じたりします。
    りりこりあさん / 2011/09/23(Fri) /
    乗り換え
    > りりこりあさん
    電波のコトを考えると、au iPhoneは魅力的で、乗り換えてしまいそうな誘惑にかられています。
    携帯キャリアの都合であれこれ翻弄されてしまう今の携帯事情。
    なんとかならないか、って思いますよね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/23(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    昨日のニュースと今朝のコレ HOME 昼、サムギョプサル、てじまぅる
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]