忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ケンタッキーフライドチキンで朝。



    アメリカではKentucky Fried ChickenはあくまでKFCであって、もうケンタッキーフライドチキンとは呼ばれないのだけど、日本においてはまだまだケンタッキーはケンタッキー。
    鶏の唐揚げ文化に対する変化球的存在価値を思う存分、発揮している。
    朝から結構、にぎやかです。
    それにしてもファストフードにくるたび思うのが、トレーの上が紙まみれになってしまうという悩ましさ。紙資源は大切に…、って。



    そう思いつつ、ボクが必要とせぬ紙をひとつひとつ仕分けする。
    例えばフィッシュフライを包んだ包装紙なんて、手が汚れぬよう最小限だけビリッと破れば、残りは無駄紙。
    テイクアウトにするための工夫をそのままイートインでも押し付ける。働く人の都合でできてる、こういう部分はいささか面倒。
    昔はまるで気にならなかった。けれど最近、こういうところがファストフードの弱点なんだろう…、だってある意味、反社会的なやりようだものって思ったりする。
    なやましい。



    とは言え、商品自体は昔ながらを必死に守ろうとしていて決して悪くない。
    安く売るためちょっとづつ小さくなってしまった例えばチキンフィレサンドイッチも、朝のポーション。名前もチキンフィレサンドイッチライトとなってて、朝のお腹にはむしろやさしく、アリガタイ。
    手のひらの上にチョコンとのっけて、記念撮影。「Hi, Chicken!」(笑)。



    バッサリ歯切れる鶏の胸肉。繊維がザクリとほぐれて、バサッと口に飛び込む。
    唐揚げにしておいしいところは確かにもも肉。けれどパン粉をつけたり、薄衣をつけて揚げておいしいところは胸肉なんじゃないかとボクは思うわけです。
    しっとりとした衣にしみたフレーバーもKFC的らしさを持ったオリジナル。
    アイスティーをセットドリンクにもらってついでに、ハッシュポテトじゃなくてフィッシュフライをたのんで食べる。
    ザクッと歯切れて、中からふっくら魚の白身が飛び出してくると思い込んで食べたらボソッと、まるで生干しみたいな痩せた肉。ちょっと残念。タルタルソースをたっぷり乗っけて、その味借りてなんとか口に押し込んだ。



    それにしても今の時期のケンタッキーフライドチキンは格別です。
    特に1960年生まれのおじさんにとってクリスマスと言えば、子供の頃にはレディーボーデンのストロベリーアイスクリーム。大人になってからはケンタッキーのパーティーバレルというのが記憶の主役でござった。
    とは言え一度もパーティーバレルを食べたことはなく、あくまでCMでみるだけのモノ。それでお腹いっぱいになっちゃう不思議(笑)。
    竹内まりあの「すてきなホリデイ」を今日一日のテーマソングといたしましょ。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    そうなんです。
    おばさんだって レディーボーデンのイチゴでした。
    まりあさん、素敵なホリデーです。実感。
    ゆかさん / 2014/12/22(Mon) /
    資源は大切に
    日本人が使う紙のためにアマゾンのジャングルが恐ろしい速度で伐採されてる。
    まるで捨てるように水を使っているのに、海外から水を買う。
    飢えるほど貧しい人のいる地域から、食べ物を買う。
    あるところにはあって、ないところにはない、だけど確実に限りがある。
    それが資源。

    ファストフードや買ってきたお弁当やお惣菜。
    食べてしまえば後には資源ゴミの山。
    だけど油ベタベタで汚れたそれはリサイクルすらできなくって、ただゴミにしかならない。
    そのゴミのために海の向こうの人たちがどれだけ働いているのかを思うとゾッとします。

    恵まれていることや先進国に生きていることが、そうでない人々に暴力を振るっているようなことにならないように、そろそろ社会の仕組みを変えなくちゃね…と思います。


    胸肉フライはもも肉フライより美味しいですよね!私もそう思います。
    メレンゲいれた衣で揚げたフリッターが私の中で最強です(^_^)
    RHEIAさん / 2014/12/22(Mon) /
    杉乃屋
    会社から近いので、たまにランチに伺います。春日にもへぎそば屋さんがありますが、こちらのほうが喉越しが良くておいしい気がします。布海苔の含有量とかなのでしょうか?
    つゆ無しそばだけ、つゆ無しワサビだけ、つゆちょっと、つゆだく、そば湯入りかけそば風、と楽しんで、つゆ無し蕎麦湯をグビグビ飲んで楽しんでます。もりそばっていろんな食べ方をできるのがステキで、専らもりかザルをいただいてます。
    いわしさん / 2014/12/22(Mon) / URL
    レディーボーデン
    > ゆかさん
    今でもレディーボーデン♪って歌が頭の中にグルグルしますもん。
    大きなバレルから直接スプーンですくいあげて叱られたコトを思い出します。
    サカキシンイチロウさん / 2014/12/23(Tue) /
    便利の代償
    > RHEIAさん
    紙を浪費することが当たり前と思い込んでいると、いつかしっぺ返しを食らっちゃうんだろうなぁ…、って思いますよね。
    デパ地下で買い物したときにたのんでもないのにポリ袋でいろんなモノを包んでくれる過剰なサービスもそう。
    もっと普通でいいのに…、って思います。

    メレンゲまぜたフワフワフリッタ。
    山椒塩にレモンをしぼって食べたいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/12/23(Tue) /
    絶妙の加減
    > いわしさん
    ご存知でしたか…、このお店。
    このお店のある筋はあまり飲食店のない通りで、ランチ時も表通りは比較的静かなんですよね。
    しかも学生街にしては若干高めの価格設定。その分、昼でも落ち着けるのが気に入ってます。
    あの喉越し。
    疲れたときにもスルンとお腹に飛び込んでくれるやさしさがあります。ゴチソウですね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/12/23(Tue) /
    朔旦冬至 HOME 冬に美味しや、牡蠣ご飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]