忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    モスが新商品を導入した。
    しかも限定店舗のみの販売。
    こりゃ、なんといっても食べてみなくちゃ…、と勇んできます。

    飯田橋。
    東口を出てちょっと歩いたその先にある小さなお店。
    フルラインアップの商品を売らなきゃいけないほど大きなお店じゃないのに不思議。
    ここには何でも揃ってる。
    昔、近所に本部があった名残なのでありましょうか?
    どうなんだろう。

    2174d1bd.jpegコーンスープをまずはもらって、番号札をもらって二階へ。
    ポッテリとした黄色いスープに、浮かぶでもなく、沈むでもなく。
    タプンタプンと四角いクルトンが漂っている。
    梅雨の中。
    窓から外を眺めるうちに、どんどん雨が強くなってくる。
    こりゃ本格的に今日は雨かな?
    蒸し蒸しする中、平気の平左でスープに浮かんでいるのにカラっとスープに乾いたクルトンの様。
    香ばしくってすがすがしい。
    思わずニッコリ、あやかろう!

    お目当てはこれ。

    60e8dbe2.jpeg海老フライ。
    小指を一回りほど大きくしたような大きさの、エビをパン粉で揚げたモノ。
    カサカサっとしていて、しかも噛むとプチュン。
    歯ごたえ、歯触りがとてもたのしい。
    エビの香りや甘みもそこそこ。
    スナック感覚で指でつまんでたのしむのには、ほどよい感じ。

    ただ残念なのが、これにあわせて味わうソースがチキンナゲット用のバーベキューソースとマスタードソースの二種類しか用意されていないってところ。
    これには絶対、マヨネーズ。
    オーロラソースなんかをつけてくれたら、かなりおいしくたのしめるのに。
    あるいはこれとアボカドで、サンドイッチを作ったら絶対おいしい。
    勿体ない。

    そしてメインにモスの定番。

    592264f1.jpegテリヤキハンバーグを食べることにする。
    ボクにとってモスと言えば、このテリヤキのハンバーグ。
    フカフカ、バンズ。
    ジューシーなパテにシャキシャキ、レタス。
    レタスやタマネギやピクルスや、余分なモノがひとつものらず、あとは甘いテリヤキソースとマヨネーズ。
    シンプルながら、これ以上のなにもいらない完璧な味。

    肉の脂がこうばしくこげた香りと醤油の風味。
    鰻の蒲焼きや、焼き鳥や、日本の人が昔から愛してやまない「甘辛い味」が心置きなくたのしめる。
    パクッと大きな口をあけずとも、口の中にスポっと収まるサイズもすてき。
    最初はフカっとやわらかで、ところがレタスがシャキッと一旦、前歯をブロック。
    それをかまわず顎に力を少々いれて、レタスの繊維を噛み切ると、シットリとしたパテがジュワッと肉汁吐き出す。
    一度で前歯が三度おいしい、味わい豊かな朝のごちそう。
    お気に入り。

    おなかもほどほど満足するも、ちょっと気持ちが物足りない。

    実は今朝。
    もの凄い空腹で目が覚めた。
    おなかと背中がくっつくようなことがある…、ってじんわり思う、それほどおなかがなぜだかすいた。
    多分、昨日の食べ歩き仕事でおなかが馬鹿になってしまったんでしょう。
    超満腹の翌日に、超空腹がやってくる。
    よくあることではありまして、それでテックリ、二度目の朝食。

    香港麺を食べにくる。

    b58abba6.jpeg飯田橋という駅。
    なだらかな坂道にそって建っている。
    東西に長い駅の西側が一番高く、東に行くに従いどんどん低く下がってく。
    いつもボクが香港麺の店にくるとき。
    一番高い西口でおり、だから駅ビルの階段降りてお店に向かう。
    ところが今日はその逆で、東口に出てモスにより、そのまま歩いて店に来た。
    ずっとボク、この店は駅ビルの地下にある…、って思い込んでた。
    けれど今日。
    そもそもこのビルには地下すらなくて、いつも行ってる店は一階にあるお店…、ってことを初めて認識。
    おもしろい。

    担々麺をズルッとたぐって、朝の〆。

    7c682842.jpeg細くて固い独特の麺。
    ボクはこの香港麺が、もう気絶するくらい大好きで、たまにこうして食べたくなっちゃう。
    乾いた食感。
    スープの中に沈んでて、しっかり茹だってだから乾いているはずがない。
    だけどカラカラ。
    パサッと口でほどける感覚。
    なによりザックリ、奥歯をたたく力強くてハリのある歯ごたえたのしい独特の麺。

    醤油の風味が邪魔しない、程度に醤油をくわえた塩がベースの透明スープ。
    そこに麺。
    フワッとやさしく泳がせて、担々ペーストをたっぷり乗っける。
    そのペーストをさけるように麺をとり、そっとすすると、やさしい旨味のスタンダードな香港麺。
    ペーストの下に沈んだ麺を数本選んで箸でヒョイッとつまみあげ、麺全体が真っ赤になるのをかまわずたぐると、ボスンと辛い担々麺の味になる。
    なるべくペーストをスープに溶かさぬようにして、辛辛麺とやさしい麺とを行ったり来たりしながら食べる。
    最後に黒酢をトップリいれて、スーラータンにして〆る。

    頭の上からまるで夕立きたような、汗がザーザー。
    さて、仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    エビとアボカドのサンド
    立て続けにおじゃましてすみません。

    神楽坂の上のほう(牛込神楽坂駅近く)にある「モスバーガークラシック」の「エビとアボカドのサンド」もおいしいですよね。小エビのフライとアボカドにタルタルソース。同様のフライかはわかりませんが、素敵なサンドイッチです。こんがりでしっとりのトーストも口の中の楽しさを増してくれます。
    つい先日は玉ねぎが苦手な友人と一緒だったので、お願いしてマヨネーズでつくってもらいました。これも素敵でした。
    暗黒寺一休さん / 2009/07/02(Thu) / URL
    そうなんです…。
    > 暗黒寺一休さん
    まさにご指摘の通り。
    モスズクラシック…、かつてのモスズCのアボカドとエビのサンドイッチが頭の中に思わず浮かんできたのです。
    六本木に「PE'S Magic」っていうお店があって、実はここのメニューがモスズクラシックの下敷きになったとも言われていますが、そこのエビアボカドがまたおいしい。
    お昼ご飯を食べたばかりなのに、不思議とおなかがすいてきます!
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/02(Thu) /
    PE'S Magic
    ルーツのルーツのルーツの・・・アボカドサンド!
    かつて六本木で働いていたのでかえって足が遠のいてしまっているのですが、今度是非行ってみます!
    暗黒寺一休さん / 2009/07/02(Thu) / URL
    六本木の隠れ家のような
    > 暗黒寺一休さん
    六本木のマンションビルの1階の奥。
    本当にこんなところで商売しているんだろうか?って心配になるような場所に、あんなにおいしくて真っ当なお店がある。
    昔の六本木って、ステキな場所だったんだよね…、って思わされるいいお店ですよね。
    ボクもご無沙汰。
    ひさしぶりに行ってみたくなりました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/02(Thu) /
    東口というと
    神楽坂へ登ってく方のモスですね。
    高校時代にこっそり行っては、先生に見つかって
    大目玉を食らった記憶があります。

    香港麺、最近ご無沙汰していたので 写真を見たら
    もう食べたくて仕方なくなりました…!
    ついでに駅の外にも出て 海老フライも食べに行こうと思います。
    飯田橋駅ビルは確かに感覚が狂いますねえ。

    前のブログの時に一度コメントさせていただきました。
    今更ですがこちらのブログに移ってからもお元気そうで安心しています。
    美味しそうなご飯の写真が見れて、空腹時は大変辛いですが(笑)嬉しいです。
    あさかわさん / 2009/07/02(Thu) /
    東口は…、
    > あさかわさん
    東口は神楽坂の反対側。
    お茶の水よりの方の出口をでて、ガードをくぐった先のモスです!
    神楽坂の入り口にあるモスも好きなんですけれど、いかんせん、サイズが本当に小さいので商品があまり揃っていないのがなやましいところ。
    あのモスでテリヤキハンバーガーを食べたあと、向かい側の不二家でぺこちゃん焼きを買って食べるのが好きだったりもいたしました。

    おひさしぶりです。
    たのしいコメント、どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/03(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    昔なつかし、出前の店とウォークマン HOME テング・魚串・蕎楽亭
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]