忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    小諸そばにて朝のお腹を満たす朝なり、ひさしぶり。



    立ち食いではある。
    チェーンでもある。けれど極力、普通の蕎麦屋がするコトをあきらめることなくし続けようとしているチェーンで、だから好き。
    例えば天ぷらは店舗で揚げる。
    蕎麦も極力茹でたてで、だからお店の前には「打ちたて、茹でたて、揚げたて」っていう看板がある。
    当たり前なんだろうけど、その当たり前をできるお店は少なくなった。
    カウンターの上にはズラリと薬味が並ぶ。そのひとつひとつがキレイに整理されててそれが気持ちいい。



    そばとかき揚げ丼のセットがあって、かけそば選んでそれにする。
    たのむとグラグラ、煮立った釜に蕎麦をパラパラ、振り落としざるで取り上げザブザブ洗う。それを再び湯に浸し、出汁をはって出来上がり。
    その一連の作業を見事に、流れるような手際でこなす。
    それをみてたらお腹がググッとすいてきて、イカの天ぷら一本追加で贅沢にする。



    ネギを最初からはいれないコトがここの流儀。
    蕎麦の風味をたのしむために、ネギの匂いを嫌うお客様も多いですから…、と、昔理由を聞いたらそんなふうに言ってた。
    足すことばかりがもてなしじゃなく、引くことだって立派なもてなし。
    ネギはカウンターの上の薬味の器の中に入ってて、今日はそれをタップリのっけてシャキシャキ、食感、香りをたのしむ。
    かき揚げ丼にはわさびをタップリ。わさびをかなりタップリのせても、油が辛味をまろやかにする。辛味が油をさっぱりさせる効果もあって、オキニイリ。



    かき揚げを半分食べて、残りを蕎麦の上にのっける。
    丼用のかき揚げは、甘辛ダレをタップリ吸い込み、醤油の風味と甘味がどっしり。それが蕎麦の出汁にとけだし、濃厚味になっていく。
    風味もコクもたのしくて、焦げたネギや玉ねぎの香りも甘くて香ばしく、ゴロゴロ入ったタコがコリコリ。
    七味をかけてピリ辛味にしてたのしんだ。

    さて、動画を一本。空中を舞う一粒のエサに向かってジャンプする、ワンコの様子をスローモーション映像にしたモノなんだけ、なんだかカワイイ。



    ただただ餌に向かって集中しているんでしょうね。
    どこか恍惚としたようにも見える表情に、生きるということの本質みたいなモノを感じてニッコリしました。さぁ、仕事。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    生きる本質
    既に松ノ内は過ぎましたが、今年もどうぞよろしくお願いします(^-^)
    美味しくて元気のいただける記事を楽しみにしてます!

    さて、生きる本質。
    実は、昨日から大阪に家族で来ていて、昨日はUSJ、昨日の夜に今日「京都に行こう!」相成りまして、サカキさんに京都で生きるお食事どころの教授をいただければ、と年始早々のお願いであります。
    京都を大学生と高校生を連れて、行ってきます!
    りょーさん / 2015/01/10(Sat) /
    京都にいくと
    > りょーさん
    京都は行きたいお店がたくさんありすぎて、けれどどこもが上等すぎるのが悩みの種。
    贅沢な街の贅沢な悩みです。
    ただ、京都にいって必ず行くのが「おめん」というおうどん屋さん。

    http://www.omen.co.jp/shopinfo.html

    うどんという料理をここまで日本料理として洗練させることができるのか?と感心させられるいいお店です。
    鯖寿司もおいしく、おばんざいもたのしめる。京都のおいしいところが集まっている便利なお店でもあり、若い人にこそたのしんでもらいたいなぁ…、と思います。
    サカキシンイチロウさん / 2015/01/10(Sat) /
    無題
    >サカキシンイチロウさん
    アドバイス、ありがとうございます(^-^)
    おめんのコメントを見る前に、やはり銀閣寺の参道で、去年10月からオープンした「御米司 ふみや」さんにひっかかってしまいました。土鍋で逐次炊きあげるご飯がお代わり自由という(^^;
    お菜もよかったです。おめんは、次の機会に必ずや伺いますね。

    今日は、これから宇治まで足を伸ばして、晩御飯を辰巳屋さんで抹茶料理をいただく予定です。
    りょーさん / 2015/01/10(Sat) /
    辰巳屋さん
    > りょーさん
    お茶メーカーの仕事をしていることもあり、宇治の辰巳屋さんは前からいきたくてしょうがないお店のひとつなんです。
    お茶を食べるという趣向。
    すごくいいなと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2015/01/10(Sat) /
    食べるお茶
    >サカキシンイチロウさん
    辰巳屋さんで、抹茶料理をいただいてきました。
    噂に違わず、抹茶豆腐は素晴らしい出来だと思いました。抹茶を食べている!という実感がありました。お造りを除く、10品に何らか抹茶が使われていました。
    今回いただいて、最も感銘を受けたのは、「吸い物「白味噌仕立て」天葉茶」の香りでした。抹茶にする前の茶葉を吸い物にあしらったものでしたが、素晴らしい香りを与えてくれました。
    いい経験をしました!
    りょーさん / 2015/01/10(Sat) /
    ありがとうございます。
    > りょーさん
    ますます興味惹かれます。
    飲むだけでは勿体無い、日本のお茶文化。
    ぜひ、行ってみようと思います。
    ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/01/11(Sun) /
    Jinjin HOME 豚肉うまし、ぶーみんヴィノム
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]