忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    モスバーガーでホットドッグを食べて朝。
    今、モスでは鰹を使った季節商品をやっている…、カツオバーガー。
    ちょっとそれをためしてみようか…、と思いもしたけどやっぱり無性にホットドッグが食べたくて、それで朝から初志貫徹。

    41c71881.jpegモスのホットドッグといえばチリドッグ。
    フレッシュネスの豆の存在感が抜群のホツホツとしたチリドッグも
    悪くない。
    けれどフレッシュネスに行くと、
    生々しくてみずみずしくて口の中をカラコロ転がるような玉ネギ。
    それに大きくザクっと切られたピクルスがこれでもか…、
    って乗っかるプレーンドッグを選んでしまう。
    ココのチリはフレッシュネスほどまめまめしくしくは無いけれど、香りが楽しい。
    クミンシードやコリアンダーや、
    エキゾチックなスパイスのフレーバーがかなりどっしり、鼻孔をくすぐる。
    西部開拓時代的香りがステキなオキニイリ。
    プチュンとしたソーセージ。
    細かく刻んだみずみずしくて、けれど匂いを主張しないやさしいレリッシュオニオンも、ほどよい感じ。
    フッカリとしたロールブレッドまでもが食感やさしく、チリの香りを際立てる

    ハラペニョソースをプチュっとしぼり、ビリビリ食べる。
    唇までもが、温かい。

    da45242b.jpegコーンポタージュ。
    いつから、何故、
    日本のポタージュスープはトウモロコシで作るのが平均的で一般的になったんだろう。
    アメリカだったらグリーンピースのピースープ。
    フランスならばポロネギ、
    カブにカボチャにお豆と季節の野菜がポタージュになる。
    なのに日本じゃ、コーンポタージュ。

    トウモロコシ。
    確かに甘味が強くて喉越しなめらか、加工もしやすい便利な食品。
    缶詰にするのも簡単で、冷凍してもそれほど味を変えぬ頑丈、扱いやすい。
    でも多分。
    アメリカさんの穀物世界戦略の中に日本が組み込まれる際の、
    ちょっと生臭い理由もあったんじゃ?…、って大人の頭は思ったりする。
    パン食給食にコーンポタージュ。
    どちらもボクらが知らず知らずにおいしく感じるように誰かがしたのかも…、って。
    ちょっとうがった考え方かな、どうなんだろう。

    それにしてもコーンポタージュ…、やっぱりおいしい。
    つややかな、ポッテリとした黄色の海に、浮かぶか沈むか、
    漂うクルトン。
    カサッと乾いて口にいれるとホロッと崩れる。
    まるでボクの今のよう。

    b1951940.jpegオニオンリングをサイドにします。
    明るい茶色の真ん丸リング。
    中にいくつか、真ん丸じゃない歪な形の輪っかが混じってて、
    その自然体にほっとする。

    形が変われど、味に変わりはないモノを。
    それが野菜の世界であって、なのにみんなは形のきれいなモノばっかりを選ぼうとする。
    それでワザワザ、歪(いびつ)
    を選んで記念撮影。
    ラッキーなことに、いつも以上に分厚く肉厚。
    シッカリとした繊維たくましいタマネギで、ザクッと前歯で衣が崩れる。
    中からプニュンとハリのある、半透明に透き通った甘いタマネギ、
    スルンと出てくる。
    つややかにして、繊維がシャキッと逞しい。
    ハフハフ、口から湯気が出てくる。
    それほど熱くて、出来立てで、香りもおいしい。
    たのしい朝とあいなった!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    モス
    モスのホットドッグはおいしいですよね♪
    行ったときにどれを食べようか迷ってしまうとついついホットドッグにしてしまいます。
    あ~NYの街角で売ってるホットドッグが食べたくなってきました!(笑)
    せーたんさん / 2010/01/18(Mon) /
    無題
    お昼は何食べるの13時に着きます 本日も宜しくお願いします
    ぶー110さん / 2010/01/18(Mon) /
    無題
    モスのホットドック美味しいですよねー!
    ちなみにカツオバーガーは醤油系がオススメです。美味しいですよー・゚+.(・∀・).+゚・゚
    ねここさん / 2010/01/18(Mon) /
    ニューヨーク
    > せーたんさん
    ニューヨークのホットドッグ。
    特に今のような寒い季節の街角のホットドッグスタンドには幸せが溢れてますよね。
    食べたいなぁ…。
    サカキシンイチロウさん / 2010/01/18(Mon) /
    残念ながら
    > ぶー110さん
    13時ちょっと過ぎの新幹線で浜松でした。
    ごめんなさい。
    明日のお昼はご一緒しましょ。
    サカキシンイチロウさん / 2010/01/18(Mon) /
    なるほど醤油!
    > ねここさん
    まずはブイヤベース味を…、と思っていたところなんですよ。
    醤油味がおいしいんですね。
    ありがとうございます。
    早速機会を見つけて試してみます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/01/18(Mon) /
    カツオ…?
    いつも楽しく拝見しています、私にとって食は重要なので。 私の勘違いでしたら恐縮ですが、カツオでなくマグロ、ツナではないのでしょうか…?
    カトさん / 2010/01/19(Tue) /
    無題
    モスのホットドック…小さくなってしまいましたね。
    お店に入った時には"プレーンドックマスタード抜きと○○"と何があってもまず注文してました。歯を立てると"ぶりんっ!"と音がするようなソーセージが大好物でして……

    サイズがちっちゃくなっちゃって。ソーセージも小さくなってしまって。"ぶりんっ!"が"ぷりんっ!"になってしまいましたけど。それでもやっぱり大好きです。

    日本の景気が良くなって、またプレーンドックが復活しますように
    Wordsworthさん / 2010/01/19(Tue) /
    ツナでしたぁ…。
    > あーたさん
    ツナでした、ツナ。
    うぅぅぅ、痛恨のミス。
    ご指摘ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/01/19(Tue) /
    たしかに
    > Wordsworthさん
    確かに、ちょっとずつマイナーチェンジをしているような。
    しかもあまりありがたくないマイナーチェンジ。
    ちょっと残念。
    ファストフードの中で一番おおらか、と言われたモスでさえも、こうした営業努力をしなきゃいけない今。
    なやましいです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/01/19(Tue) /
    頂上麺でトロミに溺れる HOME 冬の素麺、フレンチフライにケロリンな夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]