忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今年の年初、なくなってもらっちゃ困るからちょっと贔屓してやろう!と、そう心に誓ったバーガーキングで朝をとる。

    13b85813.jpeg西新宿のオフィスビルの地下。
    地下とは言っても、
    サンクンガーデンに面してだから自然採光に恵まれてる。
    それが唯一の救いのような寂しい場所で、孤軍奮闘。
    モールをなした他のお店はみんな朝はお休みで、都心なのに「
    逃げてきた感」がする不思議なロケーション。
    よく言えばリゾート的な伸びやかで、
    今朝もお客様はポツリポツリと、ちょっとさみしい。
    朝食メニューのサンドイッチにミールを付けて、朝にした。

    ハッシュブラウン。
    ポテン小さく真ん丸の、だから表面積が大きくてその分、
    カリッと香ばしいのがココの特徴。
    ちょうど一口分の大きさで、
    マックのように噛み付く楽しさはないけれど、どれを食べても端っこばっかを食べてるみたいで、ちょっと好き。
    それにしてもこれを入力しているiPod touchのFEP。
    「はっしゅ」と入力すると、「ハッシュド」と変換しようとする。
    ハッシュドと確定すると続けて「ポテト」と候補を告げる。
    辞書までかなりの帰国子女。
    ミニッツメイドのオレンジジュースをお供にメインが来るのを待ち
    ます。
    日本のファストフードは待つのが当然になったみたいな…。
    そんなに急ぐ理由もない…、と言うことなのでありましょう。
    それもまたよし。

    9d313b35.jpegハムとチーズのクロワッサンウィッチ。
    ココの朝のオキニイリ。
    フッカリとしたクロワッサン生地。
    パリっぽくパリパリっとしてはないけど、
    幾重にも層なしバターをじんわり吐き出すしっとり感は狂暴なほど
    寝てる間にスッカリ怠けた、
    怠惰な口を甘やかすようなそんな食感。
    ふんわか焼かれた分厚い玉子。
    まるでスクランブルエッグを固まる寸前に、
    クシュッとまとめて作ったようなフカフカしっとり。
    薄切りのハム。
    どれもは口を甘やかすやさしい食感、噛み応え。
    これもなくなってもらっちゃ困るオキニイリ。

    もしココに「ハンバーガーの殿堂」みたいなモノがあったら、
    絶対そこに入れたい料理。
    あのウェンディーズのチキンコルドンブルーやチリも、
    そこのそっと飾りたい。

    朝の時間に余裕があって、ポールバセット。

    66c82669.jpeg朝早く。
    壁のように物理的に隔てるモノはなにもなく、
    やさしくファジーな約束事で隣り合ってるサルバトーレは開店準備もまだ始まってない。
    テーブルの上のセッティングもないそのまっさらが眩しく感じる。
    レストランは毎日、毎日、生まれかわり続ける生き物。
    一期一会の誕生前を、
    こうして眺めるこのシアワセにちょっとウットリ。

    レストランという仕事。
    日々繰り返される絶望的な単調と、
    ときおり起こるドラマティックな出来事のその両極を揺れる振り子に必死にしがみつくよな切ない仕事。
    その単調に負けぬ忍耐。
    その単調に潜む驚きに気づく感性。
    その両方が飲食店で働くためには必要なコト。
    単調をたのしむ前に負けてしまう、人が最近増えてるような。
    なんだかちょっと勿体ない。

    9debcd98.jpegカプチーノをたのんで飲みます。
    ドッシリとした泡。
    ふうふうせずともゴクゴク飲める程よい温度。
    それで勢いよく喉の奥に流し込む。
    その無造作に負けず、泡に描いた絵までがずっとカップに残る。
    ただ単純なミルク交じりのコーヒーじゃない。
    ポッテリとした泡と一緒に喉をトロトロ撫でていくのに、
    泡がこうしてなくならない。
    何故なんだろう…。
    不思議で不思議でしょうがない。
    まぁ、おいしい不思議はvery welcome。
    お腹も気持ちもあたたかになる。
    さて、行ってきます、ニッコリと。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    昼牡蛎、夜牡蛎、冬の今日 HOME ホルモンご飯、日曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]