忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、おむす人。

    0ad5c32a.jpeg今日はドンヨリ曇り空。
    午後から雨が降るという。
    しかもかなりの土砂降り予報。
    昨日あれだけ晴れ といて、一転、嵐がやって来る。
    ヨーロッパでは財政危機と言う嵐。
    日本の隣もきな臭く、世界がジワリと暴風雨圏に入ったような、そんな感 覚。
    歌って踊れる嵐は好きでオキニイリ。
    澱んだ空気を一掃し、青くて高いキレイな空を連れて来るよな嵐ならいい。
    気分の持ちよ う…、と思えるような準備がそろそろ必要か。
    「おはようございます」って挨拶しあって、朝のおむすび、注文す。

    一人で食事を続け ていると好きなモノばかりを食べてしまって多彩な味を忘れちゃう。
    そもそも日本の料理に対しては、かなり保守的に出来てるボクは、おむすびだっ たら梅、鮭、タラコが基本の基本。
    新しい具を試してみようとあまり思わず同じ具材の組み合わせばかりをたのしんでいた。

    c57e3646.jpegそれが先日。
    友 人と一緒にここにきたとき、彼がたのんだ「ツナマヨ昆布」がかなりおいしく、虜になった。
    そもそもマヨネーズであえたツナとご飯を一緒に食べると いう、そのアイディアが好きでなくコンビニなんかでも手を出さずにずっといた。
    一度だけツナマヨおむすびを一口分だけ食べてみて、あぁ、やっぱり 嫌だ!と思ってた。
    ところがそこに昆布が混じると、不思議なほどにツナマヨ臭さがスッキリ消える。
    醤油のコクと焦げた風味がご飯とツナマ ヨをつなぐ接着剤の役目を果たしてくれて、おもしろい。
    洋風2:和風8…、のような味わい。
    それで今日もたのんで食べる。
    昆布の 風味が香ばしい。
    お供に、梅とおかかのおむすびをたのんで二つ。
    魚の旨味と梅の酸味を行ったり来たり。
    手づかみにするとズッシリ 重たく、むすんだばかりのシットリ感とまだ熱々が伝わってくる。

    9d32e396.jpegおかずセットというのを付ける。
    揚げソーセージに鶏の唐揚げ。
    プ チュンと甘い卵焼きと、多彩な味わい、食感のこれ。
    特に鶏の唐揚げのミッチリとした旨味と食感。
    齧るとゴジッと前歯でしたたか抵抗し、衣 がザクっと崩落する。
    それと同時に油がジュワッ。
    それに続いて脂がトロン。
    朝食べるには少々、覚悟がいるようなドッシリとした唐 揚げで、鶏の中まで味がシッカリ入ってる。
    唐揚げ好きが喜ぶ味わい。
    夜なら迷わずビール、酎ハイ、ハイボール…、ってそんな感じがする逸 品。

    それにしてもおむすびというこの料理。
    どんなに具材をタップリ入れても、周りの部分はその構造上、宿命的にご飯が多め、具は 少なめになってしまう。
    最初の一口で具材が前歯に当たってくれると、ああ、上等なおむすび食べた…、とウレシクなっちゃう。
    ご飯8割、具 が2割というそんな比率ではじまって、徐々に具材の割合増える。
    具がタップリの上等なのだと、真ん中辺りはご飯4割、具が6割かな?
    普通 で半々。
    それが再びご飯の量が多くなり、最後は海苔と塩の旨味が移ったご飯でしめくくる。
    それがおむすび。
    やさしく始まり、クラ イマックスをしっかり作り、最後に再びやさしく終わる。
    まるで室内楽的たのしみがある。
    半分にパカっと割って食べるとどこも、同じ味にな るのだろうけど、それじゃぁ、ちょっと粋じゃない。

    甘い玉子をデザート替わりにプチュンと食べて、フッとおいしいため息で今朝のご飯をし めくくる。
    ほどよく満腹。
    今日はいささか忙しい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ロスコ HOME ジャンバラヤ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]