忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    クリスピー・クリーム・ドーナツにて打ち合わせをかね、ドーナツ食べる。

    8198106f.jpeg実は朝食を食べながらの打ち合わせを予定していて、けれど急遽、短時間で切り上げなくてはいけなくなった。
    赤坂見附の駅の周辺。
    不思議と朝からやってるお店はみんな混んでる。
    コーヒーが飲め軽食もあるファストフードスタイルのお店の中で、一番すいてるお店を探すとココだった。
    本当に、大丈夫なのか?って心配しちゃうほどココはいつも空いている。
    地下鉄の駅の真上で便利なはずで、なのにみんなが素通りしてく。
    ドーナツ屋さんと思い込んでて甘いモノはまっぴらだからという人が多いのでしょう。
    コーヒーだけでも平気なのに。
    しかもココのコーヒーは飲みやすくって、かなりシッカリしてるのに。
    アピール下手は勿体無いよな…、って思ったりする。

    さて、ドーナッツ。
    オリジナルグレーズドを朝の代わりにしてやろうと思いながらもショーケースを見る。
    …、と、かわいいクリスマスバージョンのドーナツがキラキラしてて、ためしてみようと買っちゃった…、クリスマスイブの朝のコト。

    スノークランベリーって言うドーナッツ。

    d51eac36.jpegクリスピークリームの代表作のシュガーレイズドをベースにそこに、雪をもしたホワイトチョコレート。
    クランベリーフレーバーのシロップを、ジェリーにしたのをトロンとまとわせ、そこにパウダーシュガーでクリスマスツリーのモチーフを描いたデザイン。

    サックリとしたココ独特のドーナツの生地。
    噛んだ時にはボソッと乾いた感じがするのに唾液が混じるとトロンとなめらか、たちまちクリーミーになっていく。
    ひと噛みごとに食感変わる。
    その印象の変容具合がココのドーナツのたのしいところ。
    クリスピーとクリーミーという、本来同居することがない対照的な食感が、このドーナツに共存している。
    それが不思議で癖になる。
    そうそうここの店名、社名。
    「Krispy Kreme」って綴りになってる。
    本当は「Crispy Cream」ってなるところなんだろうけど、オリジナリティーを発揮するため。
    あるいは人の目を惹くためワザワザ、CとKに置き換えている。
    英語圏ではよくある言葉遊びのひとつ。
    もしもこれを知ってたなら、競馬がらみのあのコマーシャル。
    「Club Keiba」を「Klub Keiba」と綴ったロゴを、間違ってるという佐藤浩市に対して「あんた、バカなんじゃないの」ってマツコデラックスも反論できたはずなのに(笑)。

    16689afa.jpegクランベリーのジェリーが溶ける。
    唇の間でまずはジュルんととろけて、渋みを帯びた酸味が広がる。
    酸っぱい香り。
    レモンとぶどうの間のような、特徴のある酸味がおいしい。
    ホワイトチョコの、虫歯を傷めつけるような甘みもかなり強烈で、食べるとコーヒー、口がおねだり。

    ここのコーヒー。
    かなり深めのローストで、香りが強烈。
    味はスッキリ、さわやか系でドーナツの甘さに疲れた口がサッパリ、リセットさせる。
    コーヒーにドボンと浸して食べるのがアメリカ的なる醍醐味で、これでもためしてみることにした。
    苦味と酸味。
    チョコにベリーを足したみたいな舌がどちらに向かっていけばいいのか迷う、トリッキーな味がたのしい、新発見。
    コーヒーを買ったときのレシート見せるともう一杯を100円で買えるシステム。
    スタバだけじゃなかったんだ…、って思ったりした。
    これもたのしい新発見。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    エッグスンシングス・スニーカー HOME ホリデーチキンのMの夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]