忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝をつぼみ家…、ボクが住んでる四谷三丁目と、四ツ谷の駅のちょうど中間…、散歩のついでにやってくるにはちょうどいい距離。
    5dcd3fad.jpegしかも朝早くから元気でがんばるお店であります。
    みんな元気で、しかもずっと手を動かして休むことなく働いている…、だから贔屓してあげたくなるお店のひとつでありまして、歩く気持ちも明るくなります、15分ほど。
    冷たいかけそばに天ぷら添える。
    キリッと角がたった蕎麦がつやつや、冷たい水をまとって器の中で息をするよう。
    ツルンと唇分け入って、バサッと歯切れて口に散らかるその様とても潔くって男ぶりが良い。
    冷たくしてもカツオの香りがこうばしいタレがスキッと味わい深い。
    21d1321e.jpeg何か天ぷらがほしぃなぁ…、って思っていたら玉ねぎの天ぷらがおいしいですよ…、って勧められてそれにした。
    蕎麦ができたてなだけじゃなく、天ぷらも注文してからあげるできたて。
    シャキシャキとした歯ごたえたのしく、しかも甘みがとてもやさしい。
    それからおむすび…、自家製の切り昆布を甘辛煮にした佃煮に胡麻をまぶした胡麻昆布、それをタップリ具材にし、海苔でキレイにくるんだいつものオキニイリ。
    細身のおむすびをパカっと割って蕎麦の合間にモグモグ食べる…、さて、仕事。



    関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅



    そしてお昼にC&Cでカレーを食べる…、ときおり無性に食べたくなる味。
    6f405d36.jpeg比較的サラッとしていて、けれどスープっぽいほどサラサラじゃない…、ほどよくトロミがついていてご飯とのからみもよくて喉にやさしい。
    胡椒の辛さが後から後からやってきて、口に辛くないのに汗がじんわり滲んでくるのが好きで「体に効いてる」感じがします。
    肉は豚肉…、スプーンの背中で潰れるほどに煮込まれていて他の具材はスベスベトロトロとろけるような玉ねぎくらい、そこにラッキョウと福神漬けをくわえて混ぜてカリカリとした食感もらって食べ上げる。
    氷の入った冷たいお水、カウンターの上に置かれて使いたいだけ使えるラッキョウや福神漬けと、今の時代には貴重のほどの鷹揚がありがたいなと思うココ。

    そして昨日の夜のコト。

    yorupasta.jpg居酒屋で〆をせずに家に帰って、仕事をしてたらお腹がすいた。
    うーん、我慢すればいいのだろうけど、仕事が何時に終わるのかがちょっとつかめず、それで〆…、パスタを作る。
    なぜだか家にはパスタを作るのに必要なモノが揃っているのネ。
    どんなときでも、なぜかしら(笑)。

    昨日は鮭。
    脂があんまりのっていなくて、その分、分厚い。
    一口ためしに食べてみるとうま味がしっかりしていたモノを主役に使う。
    フライパンでオリーブオイルに叩き潰したニンニク、それから青唐辛子。
    低温でじっくり熱を通して香りと辛味を油にうつす。
    それからザックリ切ったネギ。
    九条ねぎがこうして切るとポロネギみたいに感じるステキ。
    塩と胡椒をふりながら、こんがり表面に焦げ目がつくまでいためたら、蓋してしばらく休ませる…、これでネギの甘みがでてきて、味をしっかりさせるのですね。

    麺を茹でます…、リングイニ。
    固めに茹でたらフライパンにうつして鮭に茹でた小さなホタテの柱。
    オリーブオイルと茹で汁をくわえてタプンタプンをゆすりつつフライパンの中にトロミがついてきたらば生のりいれてうま味と風味を整える。
    歯ごたえしっかりとしたアルデンテの麺…、そこに生のりのトロミと風味がからんでやさしい味わい、しかもネギがシャキシャキ、芯の部分はとろみがたのしい。
    自分で作ると自分好みの味になる…、食べ過ぎちゃうのが玉に瑕。
     

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    タワレのカフェに太る肉(笑) HOME 平日の夜の居酒屋の今日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]