忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事を終えて再び移動で新宿に来る。次の移動の合間に昼食。手っ取り早くカレーにします。
    新宿でカレーと言えばC&C。京王電鉄系の会社がやっていて、有楽町なんかにも店を見受けるようになりはしたけど京王線が走るエリアにやっぱり多い。



    最近、新宿カレーってサブタイトルをつけるお店が出てきたりして、つまりやっぱり新宿的。
    カウンター形式のお店がほとんど。けれど新宿の京王新線の出口近くにあるこの店は、セルフサービスのテーブル形式。カフェな造りが居心地よくて、長居する人もかなりいる。
    コーヒー一杯で申し訳ないほどの快適を保証するスタバのようなお店が増えて、ファストフードは居心地合戦に一生懸命。立ち食い時代の気軽な雰囲気が、なんだかなつかしくなっちゃうくらい。オモシロイ。

    ポークカレーの辛口たのむ。



    甘口、中辛、辛口と三種類のルーがあり、中辛はためしたことがあるけれど、それで十分甘くって未だ甘口は未経験。この辛口でも、もっと辛味が増せばいいのにって思ってしまうほどの辛党。
    ご飯少なめにしてもらい、ヒーハーたのしむ。
    ここのカレーは胡椒やカイエンペッパー系のスッキリとして、後口のよい辛味が特徴。旨味はキチンとあるのだけれど、甘みが少なくかなりなめらか。
    カレーは飲み物という人がいて、そんな人には絶対ここのカレーはぴったり、と思いながらもじっくり時間をかけて噛み、飲む。



    テーブルの上に福神漬けとラッキョウが両方用意されていて、自由に使えるというのがスタンドカレーとしては豪勢なとこ。
    福神漬け派がほとんどで、ラッキョウたのむと追加料金なんてチェーン店も結構あって、もしかしたらラッキョウ食べたくココを選んでいたのかも。
    で、そのうち、ここのカレーの味が擦り込まれ、今では好きになったのかもな…、って思うボクはラッキョウ好き。
    必ずくれるポイントカードをレシートと間違えクシャッと丸めてしまう。こういうものにあんまり執着しないワタクシ…、多分、言えには何枚もこれがどこかにあるんだろうなぁって思って帰る。探してみようとおもいつつ。


    関連ランキング:カレーライス | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅



    ところでこのお店がある場所からJRの改札口に向けて伸びる地下街に、かつて壁の穴っていうお店があった。かつて一世を風靡した渋谷の名店の流れのひとつ。かなり繁盛していたのだけどおそらく後継者の不在に悩んでいたのでしょう。
    とある大きな会社が買収し、しばらくそのまま経営してた。ところが突然、改装はじめてまもなく再開。



    カフェのようなバルのような、今風といえば今風で、けれど偽物っぽさがプンプン漂うお店になった。名前もなんと「カヴェノアーナ」。
    メニューも一新、あまりの変わり果てようにその看板を見るのも嫌で、スタコラ歩くようにさえなった。
    ところが本日。見ると看板が変わっててなんと再び「壁の穴」って名前に戻った。
    しかも「元祖」の文字まで入って、でもメニューはカヴェノアーナのまんまというやっつけ感に気持ちが痩せる。
    お客様の思い出を踏みにじった上、それがダメと判断したらあっさり「昔の名前で出ています」…、って、それなら変えなきゃよかったのにねと思ったりした。
    ナヤマシイ。

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    昔の名前
    壁の穴、について、激しく同意です!
    伝統を守る難しさ。特に飲食店なら尚更。今更、昔の名前なんて!Σ( ̄□ ̄;)
    私の愛するお店もなくなりましたが、同じ名前で違うサービスをしたら、1年持ちませんでした。
    困ったものです。
    りょーさん / 2014/05/23(Fri) /
    元に戻らぬもの
    > りょーさん
    一度壊れてしまったら、素にはもどれぬものがあるんですよね。
    長い歴史で作られたものが、一度途切れてしまうと、どんなに元に戻そうとしても、なかなかそうはならない。人の気持ちが変わっちゃうからなんでしょうね。
    勿体無いなぁ…、と思います。
    サカキシンイチロウさん / 2014/05/23(Fri) /
    新宿のお店
    壁の穴のHPを見ると、新宿のお店はもはや系列店扱いでもないみたいですね…
    それでも「元祖」までつけて壁の穴を名乗ってしまうようなお店だということなんでしょうか。

    昔は普通の喫茶店でも「アイドルスパゲティ」って名前で炒めスパゲティを出したりしてましたよね。
    壁の穴ってそれくらい画期的なスパゲティ店だったってことだと思います。

    みるみるさん / 2014/05/26(Mon) /
    もともと別系列だったんです
    > みるみるさん
    もともとこの場所の壁の穴は「チボリ」という会社がやっていて、手広く壁の穴を展開されている神戸の会社とは別系列だったんです。
    渋谷にあった一号店の商品をかたくなに守ってらっしゃったのはこのお店。
    若者のアイドルっていうメニューですね…、大好きでした。
    なつかしすぎます。
    サカキシンイチロウさん / 2014/05/26(Mon) /
    四ツ谷のメキシコ…、サルサカバナバール HOME 朝ベルク
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]