忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新和そば。

    sinwa.jpg新宿駅に乗り入れる電車会社が全部で5社。
    JR、小田急、京王、東京メトロに都営地下鉄。
    そのそれぞれの出口を出ると、まるで同じ駅とは思えぬ景色がそこに広がっている。
    地下通路を申し訳程度に封鎖したよな東京メトロの改札口や、駅ビル地下に直結をした東っ側のJR口。
    唯一駅前然としてるのは、JR線の南口。
    それ以外は改札出れば商店並ぶ通路にいきなり突入するよな、そんな雑然。
    この駅を造ったときにはこれほど大きな駅になるとは思わず、「とりあえず的」に作ったのでしょう。
    つぎ足し、つぎ足しでまるで迷路のようになった路地だらけみたいな新宿駅の周辺が、ボクはむしろ好きだったりする。
    路地裏の店が好きなモノでありまして…。
    京王線の改札を出て、まず一番最初に目に入るのがこの店のこの暖簾。
    郊外の私鉄の駅を出て目の前に立ち食いそば屋の暖簾を見つけた…、そんな感じがちょっと好き。
    冷たい天ぷらそばをネギ抜き、ついでにワサビ多めにしてもらって朝とします。

    2ee60589.jpegもっさりとした蕎麦にからみつく、スキッと辛い醤油のタレが好きでたまらぬオキニイリ。
    揚げおきだけど、油がスキッとおいしくてタレをゴクゴク飲み込むおいしいスポンジみたいなかき揚げ天ぷらもB級で良い。
    七味をバサバサ、天ぷらの上にタップリかける。
    一口分を箸でちぎってワサビをのっけ、麺と一緒にすすりこむ。
    ビリッとワサビの香りと七味の辛味が油のうま味を引き立てる…、大人のゴチソウ。
    今日も堪能。

    ところでこの店。
    入り口近くの券売機が厨房の中からみえる位置に置かれてる。
    麺の作り手。
    食券を買うお客様の手元をじっと見つめる。
    券売機の上半分は蕎麦、下半分がうどんのボタン。
    それぞれのエリアの上半分が温かい麺、下半分が冷たい麺と分類されててだからお客様の手の位置、あるいは腰の曲げ方でお客様が何を注文するかが大体わかる。
    だから食券を手渡すときには、もう丼の中にあるべき麺があるべき状態で準備されてる…、という手際。
    今日、初めてそのマジックに気がつきました。
    機械だのみやシステム任せにせぬこの真剣。
    ステキだなぁ…、と思う朝。

    ところでちょっとたのしい画像。

    dude-fly.jpg左に貼った画像でありますけれど、おおっ…、飛んでる!って思いますよね。
    しかもポンッと飛んでるのじゃなくて、宙に浮かんで止まってる。
    「空中浮遊」に成功せり!って感じの画像。
    ショートパンツにポロシャツのほんとに普通の青年がそんな大それたコトを出来るはずが無く、多分、CGを使ったフェイク画像なんだろう…、って当然、まずはそう思います。

    よく出来てるなぁ…。
    どうやって作ったんだろう?
    別に撮った彼の画像をキレイに切り抜く。
    それを景色の中に貼り込んで、彼の足下に影を描いて、さぁ、出来上がり。
    って、そんな風にして作ったんだろうなぁ…、って思って再びしげしげ、足下。
    それから彼とその周辺の景色の境目に目を凝らします。
    するとネ…。
    こりゃ、やられたぞ!って気付きます。
    合成でもなんでもなくて、彼が立っている場所の斜め横に彼の体の形の影を書いただけ。
    それを勝手に浮き上がった足下に影があるように勘違いしていただけなんだ…、って。
    おもしろい。
    よく出来てます。
    浮き上がってみえてしまうような背景と、遠近感を狂わせてしまう彼を横切り斜めに走る、タイルの筋。
    彼の緊張して居心地悪げな表情、姿勢。
    いろんな要素が奇跡的にまじり合い、空中浮遊のように見える画像が撮れたんでしょう。
    しかもこうしてネタがわかってしまってからも、宙に浮いてるように見えてしまうというのがまた不思議。
    先入観とは怖いモノ。
    さて仕事です…、先入観に惑わされぬようしっかと心の目を開きましょう、がんばろう。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    世界の山ちゃん HOME 昼のしゃぶしゃぶ、夜チャーハン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]