忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    なか卯で朝。

    asanakau.jpg駅が変わるとなか卯も変わる。
    今までよく使っていた店はどこも小さなカウンターだけのお店ばかりで、でもここ最近、使うようになったお店は大型店。
    その分、どことなくよそよそしさを感じてしまう。
    いらっしゃいませの声が遠くて、ファストフードのお店に来たみたいな、そんな気がする。
    今までの店はうどん屋さんっぽい雰囲気で、それがほんとは好きだったのに、ちと、残念。
    とはいえお店の人は一生懸命。
    広い分、厨房の中を駆け足で、キビキビ、働く。
    気持ちいい。

    季節の商品。
    冷やし坦々うどんが出てて、それとミニの親子丼。

    f9a881af.jpeg「冷やしナントカ」って商品がやっと出始める季節になった。
    そんな気がする。
    実は先日、冷やし中華を無性に食べたくなった。
    自分で作って食べようか…、とも思ったけれど今年最初の冷やし中華はあのお店!って決めてあるので我慢した。
    その代わり…、と言うとなんだかこじつけガマしく、でも今朝のうどんはヒヤッと冷たい一足先の夏仕様。

    細い麺。
    シャキッと冷えてつやつやで、そこに肉のそぼろとネギがバサッと乗っかる。
    グルンと麺をひっくり返すと底から真っ赤なタレが滲み出す。
    途端に中華な匂いがシャキンとやってきて、目が目を覚ます。
    真っ赤に染まったヒヤヒヤ麺を、口に運んでズルンとたぐって口に収める。

    4e3a2ecf.jpegじんわり辛い。
    唐辛子のパキッと辛い辛さじゃなくて、山椒ベースのビリッと痺れる辛さがドッシリ、口の中に居座る感じ。
    唐辛子辛さは鼻から目に向け抜けていくけど、こうした辛さは喉の入り口のところにしばらく喰らい付き、ジワジワ刺激を吐き出し続ける。
    粘り気のある辛さを感じる。
    その辛さ。
    徐々に喉の奥から外に向かって逆流し始め、最後は唇。
    ヒリヒリしてきて、思わずお茶で唇サラッとゆすぐようにして耐え忍ぶ。

    その凶暴なるタレに比べて、ここの冷たい麺のやさしい味わい。
    普通のうどんの半分ほどの太さにして、でもムチムチとした食感は熱いうどんの倍ほどの力強さでウットリします。
    稲庭うどんのような固さを感じることもなく、ただただうどん。
    お気に入り。

    今日の親子丼も、よく火を通してください…、ってお願いしたとおりの出来にてご機嫌なモノ。
    痺れ辛さに疲れた舌に、甘くてフルッと仕上がった親子丼の上具がおいしい。
    坦々うどんもキチンとおいしい。
    親子丼も絶品だけど、不思議とこの両方の組み合わせ。
    合わないコトに食べて気づいた。
    お汁タップリのうどんであれば、親子丼の横に付く汁にたまたま麺が入って得したなぁ…、って思い込むこともできるのだけど、汁無しの麺と丼を一緒に食べると、どっちもやっぱり炭水化物。
    ボクって大食い?…、って自己反省をしてしまう、ちょっとメタボな組み合わせ。

    食べ終わると同時にヒーハー。
    やっぱり唇が火を噴きます。
    それでスタバ。

    811feac5.jpegアイスアメリカーノを作ってもらって、蓋をパカッととってそのまま唇、浸して涼をとる。
    エスプレッソと水だけなのに、なんでこんなに甘いんだろう…、って。
    そういや四川風の麻婆豆腐を食べたら水まで甘く感じる。
    痺れた舌が救いを求めて水を甘いと勘違いする。
    今朝のボクの唇がそう。
    ほっとする。

    ところで実は…。
    今、使っているのが一眼デジカメ。
    写真撮る前に必ずレンズの蓋を取らなきゃいけない。
    このときも、蓋をとったつもりでカメラを構えてスイッチいれるのだけど、ファインダーが真っ暗なまま。
    うんともすんとも言わなくて、こりゃ壊れたかな、参ったなぁ…、と。
    見ればレンズのカバーがそのままだった。
    アメリカーノの蓋とって、レンズの蓋までとったと思った。
    なんと間抜けなウッカリさんでございましょうか。
    気をつけよ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    季節の変化
    デジタル1眼レフのカメラだと、結構大きいのでしょうか?とちっこいIXY(夫のお古です)を使っているわたしは思ってるんですが。
    最近はなんでも小さくなっているのでしょうか?
    やはり一眼レフだと写真がきれいなんだなあとしみじみ思いました。

    冷たい麺が美味しい季節ですか・・・食べたいモノで季節を感じることが出来るのって、いろんな食の選択肢を持っている日本人ならでは、って気がします。
    冷やし坦々うどん、おいしそうですね!
    目のごちそう、ありがとうございます。
    Sumiさん / 2009/05/01(Fri) / URL
    無題
    お暑うございます、と言いたくなるほどの陽気。
    我が家もお昼は冷やしうどんでした。
    昨夜の残りのミニカレーつき。
    ひやっ&ピリッが嬉しい季節になってきますね。
    ところで、デジイチはなにをお使いなんでしょう。
    気になりまする。
    ryoko*さん / 2009/05/01(Fri) /
    かばんがどんどん大きくなります
    > Sumiさん
    デジタル一眼とコンデジの使い分けを最初はしていたんですが、最近はほとんどデジイチ。
    ちょっと気取ったお店で、カメラの存在が気になりそうなときにはコンデジを使いますが。
    でもやっぱり、デジイチの画像のコクと奥行きにはかないませんね。

    冷たいうどん。
    喉越しと歯ごたえがたまらぬほどにおいしく感じる季節ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/01(Fri) /
    冷たいのと辛いのの季節
    > ryoko*さん
    冷たい麺だけだと元気もでないし、それに代謝がわるくなるんですってね。
    だから冷たい麺には何か野菜かあるいは体を温めるものを一緒に食べるのがいい…、っていいます。

    デジイチはOlympusの400シリーズと、パナソニックのG1を使い分けています。
    最近はG1ばかりを使ってますが。
    レンズは短焦点のパンケーキ型のを使っています。
    わざわざマニュアルフォーカスモードにして、クラシックカメラ風を気取ったりしておりますです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/01(Fri) /
    デジイチ
    あらビックリ!
    私のデジイチもOlympusです。
    E-330、つかいこなせておりませんが、パンケーキ、欲しいんです・・・。
    MFも友人にセットしてもらったきり、変更できず。
    困ったものです。
    ryoko*さん / 2009/05/02(Sat) /
    オリンパスのパンケーキ
    > ryoko*さん
    フォーサーズのパンケーキはいいですよ。
    明るくって独特のボケ味がたのしめます。
    そろそろオリンパスも新しいデジイチをラインアップするようです。
    興味津々ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/02(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    春のキッシュに薔薇ソーダ HOME ミックスグリルに食の現実
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]