忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    モスバーガーが「かつてのモス」に戻りはじめているという。

    0d889ea1.jpeg速くて安いのが取り柄のファストフードじゃなくて、居心地がよいお店の中でココロ晴れ晴れするようなたのしい料理を賢くたのしむコトができるお店になりたい。
    それで赤いモスから緑のモスへと改装費も惜しまず改善を一生懸命していた時代。
    高品質でオリジナリティーがあって、その分手間とコストがかかりはしたけれど、ワザワザ来るるだけの価値あるモノが揃ってた。
    一時期、他のファストフードのお店と同じく安売り方向にふれたこともある。
    けれど最近、かつての「モスらしさ」を取り戻すような新商品…、と言うか昔の商品のリバイバルモノが次々登場。

    例えば菜摘…、バンズのない、レタスでパテを挟むタイプの商品。
    野菜にこだわったモスならではの商品で、それがやっと戻ってきた。
    マクドナルドのカットレタスではこんな商品つくれませんから(笑)。
    立派なレタスと千切りキャベツ。
    タルタルソースをまとって中にエビのカツ。
    昔のまんまで油の香りが明るくていい…、ただ、実際食べるとエビカツがちょっと痩せてしまったのかなぁ。
    その分、パン粉の衣がバリバリ奥歯にささるような感じ。
    厳しい旅してやっと帰って戻ってきた、いとしい我が子の痩せた体を抱きしめるごと、お腹に少々涙しながら味わった。
    a3ced332.jpegそれから海老真丈のライスバーガー…、天つゆのようなタレのうま味で味わう名品。
    もともとモスのライスバーガーは商品作りが確実で、何をたべても当たり外れがないんだけれど、これは中でもかなりの上出来。
    しばらく来ないうちに朝食メニューが充実してて、例えばかきたまおんめんなんていうやさしいメニューが増えていた。
    コーンポタージュに玉子をチリリ、そこにやわらかなそうめんがまじってトロンと喉を撫でてお腹をぽったりあっためる…、パストラミのサンドイッチなんて商品も増えていて、今度はそれをためしてみようかなんて思った、今日の朝。

    ところで昨日の夜…、料理を作って家ご飯。

    6e5cb6ed.jpeg休みの間、できるだけ家で料理を作ってみよう。
    日頃かけることができない手間をかけ…。
    あるいはいつもはあまり作ろうとしない料理を作ってみましょと。
    それで今日もコトコト、煮込み。

    前日、グラタン用に煮込んだ牛のトリッパ。
    半分ほどが残ってて、それを使ってトマトの煮込み。
    まずはトリッパを大きめに切り、オリーブオイルにニンニク入れたところでジュジュっとよぉく焼く。
    表面がこんがりするまで炒めたら、そこにトマトの水煮缶。
    ダイスカットのモノを一缶。
    入れたらそこにチキンストックをくわえてオレガノ、ローリエ入れる。
    そしてコトコト。
    蓋して鍋の水気がなくなるくらいまで煮詰めてく。
    そこで味見して、スープストックを再びくわえ塩を少々、それから昨日使い残したガルバンゾ…、コトコト煮込んでガルバンゾがほどよく柔らかくなったところで、オリーブオイルをかけまわし強火でそれを沸騰させたら出来上がり。
    作っている間じゅうずっとニンニクとオリーブオイル、トマトの香りが甘く台所を満たしてくれて、ずっとお腹が食べたく思う。
    食べるとムチュンとトリッパが奥歯で潰れる食感がなんともいえずおいしくて、手間をかければそれに応えてくれる食材のアリガタキこと…、ニッコリしました、オキニイリ。
    a657e243.jpegそれから冷蔵庫の中のアリアワセを使って中華風の炒め物。
    豚肉にエビ、ネギにキクラゲ、それから固めに戻した春雨…、ほどよく炒めて味はチキンストックに塩に胡椒にオイスターソース。
    最後に醤油で焦げた風味をつけてやり、溶いたカタクリでトロミをつける…、あんかけ料理は苦手だったのに思った以上においしくできて、なんだかエヘンっていう感じ。
    大久保探索のついでにかった韓国冷麺。
    浅漬タイプのシャキシャキ食感軽快なキムチにアオサをタップリのせて、ズルズル食べると発酵系の酸味がお腹をスキッとさせる…、今日は一日時間をたのしく無駄遣い!
     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ムーハン HOME 原宿の午後
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]