忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    野暮用があり豊洲に行って、そうだついでにフードコートを見ておこうと、食べる勉強。



    四ツ谷という都心に住んでしまっていると、大型ショッピングモールを利用する機会がまずほとんど無くなる。
    商店街や街がずっと昔から存在していて、「人工的に作られる街」がしのびこむ余地が無いからなんでしょう…、でも最近の外食産業にとって主要な立地のひとつがショッピングモールになってしまっている。
    特にフードコートは今一番元気のあるロケーションでもあるワケで、それで勉強しておきましょう…、と。



    やってきてみて、あぁ、オモシロイ…、ボクがしってるフードコートブランドとは違ったお店が主力になってる、ちょっと変わったフードコートでありました。
    マクドナルドがない代わりに、WIREDダイナーがハンバーガーを売っていたり、クリスピー・クリームやベンアンドジェリーズがあったりと、渋谷とか恵比寿の街をなぞって作られてるみたいなところがオモシロイ。
    とは言えキッズコーナーがすぐ側にあり、なるほどココは郊外立地…、まだ成長の途上にある街ってコトがわかったりする具合。

    宮武製麺所があるじゃないの…、とちょっと食べてみることにする。



    うどん県でもちょっと有名なうどんのお店で、そのシステムは丸亀製麺のフードコートバージョンと同じスタイル。
    セルフサービスで、まずうどんの種類を言って天ぷらをえらんでいるうちにうどんが準備されてどうぞと手渡され、薬味を選んで自分の好みに仕立てるスタイル。
    特別、インストラクションをうけなくても誰でも注文できるようになってしまった今の日本の常識になっちゃったのがスゴいとこ。昔は讃岐でこのスタイルのお店で立ち往生する人がたくさんいたのにネ…。

    冷たいぶっかけに天ぷらに揚げ、ネギと生姜をタップリのっけてズルンと食べる。



    イリコの香りがプワンとただようなかなか讃岐な感じの味わい。麺も塩がキリッときいててムッチリとした喉越したのしく讃岐的。
    エビ天という、エビと魚のすり身をまとめて揚げた練り物を天ぷらにしたモノもこれまた讃岐的にて、近所にあったら来るのになぁ…。
    そういやこの店、昔、六本木のミッドタウンにあったのだけど、そっちの方はいつのまにかなくなっていた。
    場所こうして変えて今でも生き残ってる…、そのしたたかにニッコリしました。おいしい勉強、完了なり!


    関連ランキング:うどん | 豊洲駅新豊洲駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ホホエマシ HOME サダハルスイーツデギュタシオン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]